カテゴリ:肺癌・その他腫瘍( 472 )

大気汚染物質への曝露は肺癌の生存期間に不利益

e0156318_13261090.jpg 数値だけみると、PM2.5の影響が大きいようにも見えますね。

Sandrah P Eckel, et al.
Air pollution affects lung cancer survival
Thorax doi:10.1136/thoraxjnl-2015-207927


背景:
 大気汚染への曝露は肺癌の頻度や死亡率を上昇させるとされているが、その致命率の高さから、大気汚染が診断後の生存に与える影響についてはよく分かっていない。この研究は、大気汚染物質への曝露が肺癌患者の生存と関連するかどうか調べたものである。

方法:
 カリフォルニア癌レジストリーにおいて1988~2009年の間に新規に肺癌と診断された352053人の患者が登録された。平均居住大気汚染濃度を追跡期間で調査っした。Cox比例ハザードモデルを用いて、地域ごとの大気汚染が肺癌の総死亡および病期ごと・組織別の死亡と関連しているかどうかハザード比を算出して調べた。

結果:
 組織および潜在的交絡因子によって補正すると、局所型の肺癌では、NO2、O3、PM10、PM2.5が1SD増加するごとにハザード比はそれぞれ1.30(95%信頼区間1.28-1.32)、1.04(95%信頼区間1.02-1.05)、1.26(95%信頼区間1.25-1.28)、1.38(95%信頼区間1.35-1.41)となった。進行病期では補正ハザード比は小さくなり、組織型や細かい病期ごとに差がみられた。もっとも影響を強く受けたのは、早期非小細胞肺癌患者で、特に腺癌の患者だった。

結論:
 肺癌診断後の大気汚染曝露が生存期間を短縮するという疫学的仮説が支持された。曝露を減少させることによる影響も、今後評価するべきである。


by otowelt | 2016-08-16 00:11 | 肺癌・その他腫瘍

癌性リンパ管症合併例におけるtotal lesion glycolysis (TLG)の有用性

e0156318_11464189.jpg TLGはSUVmeanとMTVの積です。TLGは糖代謝と容積の両方が加味された指標であるため、腫瘍活動性の評価に良いとする報告が増えています。

Ooi H, et al.
Fluorodeoxyglucose Uptake in Advanced Non-small Cell Lung Cancer With and Without Pulmonary Lymphangitic Carcinomatosis.
Anticancer Res. 2016 Aug;36(8):4313-20.



目的:
 癌性リンパ管症を合併した/していない進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者において、FDG集積と生存アウトカムとの関連性を調べること。

患者および方法:
 われわれは後ろ向きに157人のNSCLC患者をレビューした。SUVmeanおよびSUVmax、metabolic tumor volume (MTV)、total lesion glycolysis (TLG)が全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)に与える影響が評価された。

結果:
 癌性リンパ管症群に55人、非癌性リンパ管症群に102人の患者が登録された。SUVmean、SUVmax、MTV、TLGは非癌性リンパ管症群で低かった。癌性リンパ管症群では原発性肺腫瘍TLGは有意にPFSを予測し、whole-body TLGは非癌性リンパ管症群で有意な予測因子であることが分かった。

結論:
 原発性肺腫瘍TLGは、癌性リンパ管症合併例でPFSの有意な予測因子であったが、whole-body TLGは癌性リンパ管症がない症例のみで有効な予測因子であった。


by otowelt | 2016-08-11 00:37 | 肺癌・その他腫瘍

CheckMate-032試験:既治療小細胞肺癌に対するニボルマブ+イピリムマブの有用性

e0156318_8501268.jpg CheckMate-026試験で巷はにぎわっていますが、今日は敢えてCheckMate-032試験を読みました。

Antonia SJ et al.
Nivolumab alone and nivolumab plus ipilimumab in recurrent small-cell lung cancer (CheckMate 032): a multicentre, open-label, phase 1/2 trial.
Lancet Oncol. 2016 Jul;17(7):883-95.


背景:
 プラチナベースの抗癌剤投与後に病勢進行した小細胞肺癌(SCLC)の治療は限られている。過去に1レジメン以上の治療で病勢進行したSCLCに対するニボルマブおよびニボルマブ+イピリムマブの安全性と効果について検証した。

方法:
 第I/II相試験として、6ヶ国23施設が参加したオープンラベル試験である。適格基準は、18歳以上のLD-SCLCあるいはED-SCLCで、少なくとも過去にプラチナベースの抗癌剤治療を1レジメン以上実施され病勢進行を認めた患者とした。患者はニボルマブ(3mg/kg点滴)を2週ごとを病勢進行あるいは毒性に耐えられなくなるまで投与される群か、ニボルマブ+イピリムマブ(1mg/kg+1mg/kg[安全性用量漸増]、1mg/kg+3mg/kg、3mg/kg+1mg/kg点滴)を3週ごと4サイクル投与されその後ニボルマブ3mg/kgを2週に投与される群に割り付けられた。プライマリエンドポイントは各医師評価による奏効率である。
 この試験は現在進行形であるが、中間解析結果を報告することとした。

結果:
 2013年11月18日から2015年7月28日までに合計216人が登録された(98人:ニボルマブ3mg/kg、3人:ニボルマブ1mg/kg+イピリムマブ1mg/kg、61人:同1mg/kg+3mg/kg、54人:同3mg/kg+1mg/kg)。患者の観察期間中央値はそれぞれ198.5日、302日、361日、260.5日だった。
 客観的奏効率はニボルマブ単剤群10%、ニボルマブ1mg/kg+イピリムマブ1mg/kg群33%、同1mg/kg+3mg/kg群23%、同3mg/kg+1mg/kg19%だった。グレード3あるいは4の有害事象は、ニボルマブ単剤群13%、ニボルマブ1mg/kg+イピリムマブ3mg/kg群30%、ニボルマブ3mg/kg+イピリムマブ1mg/kg群19%にみられ、頻度が高いものとしてリパーゼ上昇、下痢があった。
 毒性による治療中止は、ニボルマブ単剤群6%、ニボルマブ1mg/kg+イピリムマブ3mg/kg群11%、ニボルマブ3mg/kg+イピリムマブ1mg/kg群7%だった。ニボルマブ1mg/kg+イピリムマブ3mg/kg群のうち2人に治療関連死がみられた(重症筋無力症、腎不全)。また、ニボルマブ3mg/kg+イピリムマブ1mg/kgでも肺臓炎による死亡があった。

結論:
 既治療のSCLCに対するニボルマブとニボルマブ+イピリムマブは抗腫瘍効果があり、長期奏効を維持でき、毒性は対処可能であることがわかった。さらなる第III相試験で評価することを支持する研究結果であった。


by otowelt | 2016-08-10 00:34 | 肺癌・その他腫瘍

肺GGN(GGO)はいつまでフォローアップする?

e0156318_12171296.jpg 肺のGGNは少なくとも3年は経過をみましょうという報告があります。

・肺GGNは少なくとも3年フォローアップした方がよい

 今回の報告は現在のプラクティスに大きな影響を与えそうですね。CTR=0の症例では果たしてどのくらい観察すればよいのか・・・。

Shigeki Sawada,et al.
Long-term outcomes of patients with ground-glass opacities detected using computed tomography
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.07.007


背景:
 スリガラス影(GGO)のフォローアップの長期アウトカムが明らかにされねばならない。

方法:
 2000年~2005年の間に、3cm未満のpure GGOあるいはmixed GGOを同定された226人が登録された。CT所見およびフォローアップ中の変化、226人の患者アウトカムがレビューされた。

結果:
 全体で124人の患者が切除された。57人は陰影が安定ないし消退したため68ヶ月後時点でのフォローアップを受けていなかった。また、45人は引き続きフォローアップを受けていた。39人がフォローアップ中に腫瘍が発生した。CTR(腫瘍径に対するコンソリデーションの直径の占める比率)が0を超える患者では、腫瘍の発生は3年以内に観察され、CTR=0の患者の16%では腫瘍発生に3年超を要した。CTR=0の患者の4%に、またCTR>25%の患者に進行性のがんが発生した。進行性のがんはフォローアップ期間中にCTRが上昇した患者の46%、腫瘍径が増大した患者の8%に観察された。

結論:
 フォローアップ期間中の高CTRおよびCTRの上昇は進行性のがんと関連していた。CTR>0の患者では、3年のフォローアップが適切な腫瘍発生をみる観察期間と考えられるが、CTR=0の患者ではさらに長い観察期間が必要かもしれない。


by otowelt | 2016-08-09 00:40 | 肺癌・その他腫瘍

クリゾチニブ治療を受けたALK陽性非小細胞肺癌の後治療チャートレビュー

e0156318_21153247.jpg ザーコリ®、アレセンサ®、ジカディア®の位置付けがエキスパートの間でも少々異なるため、色々なメディアから情報収集をしています。

Cadranel J, et al.
Characteristics, treatment patterns, and survival among ALK+ non-small cell lung cancer (NSCLC) patients treated with crizotinib: A chart review study.
Lung Cancer. 2016 Aug;98:9-14.


背景:
 第2世代ALK阻害剤は、クリゾチニブで治療を受けたALK陽性非小細胞肺癌(NSCLC)に対して最近使用されている。この研究は、局所進行性/転移性クリゾチニブ既治療ALK陽性NSCLC患者の臨床的特徴、治療シークエンス、アウトカムを調べたものである。

方法:
 本研究は、2014年7月から2015年6月まで、イギリス、EU、韓国、南アメリカで実施された後ろ向きのチャートレビューである。クリゾチニブ治療を受けたALK陽性NSCLC患者を同定し、臨床的特徴、治療内容、生存期間を事前に規定した症例登録票に基づいて抽出解析した。全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)を記述するためKaplan-Meier解析を用いた。

結果:
 試験期間中クリゾチニブ治療を受けたALK陽性NSCLC患者が158人登録された。クリゾチニブは主には二次治療として用いられていたが(41%)、地域によって大きな差がみられた。クリゾチニブ治療を受けた約半数(53%)の患者がさらなる抗癌剤治療を受け、第2世代ALK阻害剤(44%)、その他の化学療法(42%)が主な治療内容であった。クリゾチニブ治療中断後、OSは8.2ヶ月であった。第2世代ALK阻害剤を開始しなかった患者のOSは4.9ヶ月であり、それを投与されていない患者のOSはnot reachedであった。その他の化学療法を受けた患者の後治療開始後PFSは3.6ヶ月であった。

結論:
 クリゾチニブ中断後、多くの患者が抗癌剤治療を受けていなかった。また、第2世代ALK阻害剤を受けていない患者ではOSは短かった。現在使われるようになった第2世代ALK阻害剤は、ALK陽性NSCLC患者の治療オプションとして重要な位置づけである。


by otowelt | 2016-07-29 00:33 | 肺癌・その他腫瘍

ALK variant 1はザーコリ®が効きやすい

e0156318_16174587.jpg 非常に興味深い論文です。勉強になりました。

Yoshida T, et al.
Differential Crizotinib Response Duration Among ALK Fusion Variants in ALK-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer.
J Clin Oncol. 2016 Jun 27. pii: JCO658732. [Epub ahead of print]


目的:
 ALK再構成陽性非小細胞肺癌(NSCLC)は、クリゾチニブのようなALKチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)によって効果的に治療されるが、反応性や奏効期間は不均一である。ALKにはいくつかのvariantが存在するが、これらによる効果の差についてはほとんど検証されていない。

患者および方法:
 2007年1月から2014年12月までにクリゾチニブで初回治療を受けた55人の患者のうち、腫瘍検体が得られ逆転写ポリメラーゼ連鎖反応によってALK variantの評価ができた35人を登録した。ALK variantごとの客観的奏効率(ORR)および無増悪生存期間(PFS)をもとに後ろ向きにクリゾチニブの効果を調べた。

結果:
 もっともよくみられたALK variantはvariant 1(EML4 exon13とALK exon20の融合)が19人(54%)、続いてvariant 2が5人(14%)、variant 3a/3b(EML4 exon6 とALK exon20の融合)が4人(12%)、その他のvariantが7人(20%)だった。ORRは全患者で69%で、variant 1は74%、non-variant 1は63%だった。PFS中央値は、non-variant 1よりもvariant 1で有意に長かった(11.0ヶ月[95%信頼区間6.5-43.0] v 4.2ヶ月[95%信頼区間1.6-10.2], P < .05)。多変量解析では、PFS延長に関して2つの独立因子が同定された。すなわち、ALK variant1(ハザード比0.350; 95%信頼区間0.128 to 0.929; P < .05)、進行病期(ハザード比4.646; 95%信頼区間1.381 to 21.750; P < .05)である。

結論:
 ALK variant 1のある患者はnon-variant 1の患者よりもクリゾチニブの効果が良好である。ALK variantステータスがALK-TKIの効果に影響するかもしれない。


by otowelt | 2016-07-04 00:29 | 肺癌・その他腫瘍

CheckMate-012試験:非小細胞肺癌に対する一次治療としてのオプジーボ®

e0156318_8501268.jpg このJCOの論文はニボルマブに関する記載ですが、CheckMate-012試験では、オプジーボ®+ヤーボイ®の併用療法で確認された奏効率(ORR)は、PD-L1発現レベルが1%以上の患者さんで57%、PD-L1発現レベルが50%以上の患者さんで92%でした。

Gettinger S, et al.
Nivolumab Monotherapy for First-Line Treatment of Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer.
J Clin Oncol. 2016 Jun 27. pii: JCO669929. [Epub ahead of print]


目的:
 抗PD-1抗体であるニボルマブは、進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対してドセタキセルより生存を改善することが示された。進行NSCLCに対する一次治療としてのニボルマブは、第I相試験、CheckMate-012試験で評価された。

方法:
 52人の患者が、病勢進行あるいは毒性中止になるまでニボルマブ3mg/kgを2週ごとに投与された。

※CheckMate -012 試験は、化学療法未治療の進行NSCLC患者を対象に、ニボルマブの安全性と忍容性を、単剤療法またはイピリムマブを含む他の薬剤との併用療法として、異なる用量と投与スケジュールを用いて評価した多群第Ib相臨床試験である。

 主要評価項目として安全性、二次評価項目として客観的奏効率(ORR)、24週無増悪生存期間(PFS)が設定され、全生存期間(OS)やPD-L1発現レベルごとの有効性は探索的エンドポイントとした。

結果:
 治療関連有害事象は患者の71%にみられた。疲労(29%)、皮疹(19%)、悪心(14%)、下痢(12%)などが挙げられる。10人(19%)の患者がGrade 3-4の治療関連有害事象を経験した。6人(12%)の患者が有害事象によって治療中断となった。ORRは23%(12人)で、4人は現在も完全寛解を維持し続けている。12人中9人(75%)が初回評価までに腫瘍縮小がみられており、8人(67%)は現在も効果を維持している。PD-L1発現レベル1%以上ではORR28%、1%未満(発現なし)ではORR14%だった。発現レベル50%以上の場合、ORRは50%だった。PFS中央値は3.6ヶ月であり、24週PFS率は41%(95%信頼区間27-54)だった。OS中央値は19.4ヶ月で、1年および18ヶ月OS率は73%(95%信頼区間59-83)、57%(95%信頼区間42-70)だった。
e0156318_2371020.jpg
(小野薬品工業プレスリリースより引用)

結論:
 進行NSCLCの一次治療におけるニボルマブは忍容性があり、反応性も良好である。


by otowelt | 2016-07-01 00:49 | 肺癌・その他腫瘍

血中および胸水中VEGFレベルはベバシズマブのアウトカムを予測するバイオマーカー

e0156318_10101326.jpg アバスチン®のバイオマーカーの報告です。

Tamiya M, et al.
Vascular Endothelial Growth Factor in Plasma and Pleural Effusion Is a Biomarker for Outcome After Bevacizumab plus Carboplatin-Paclitaxel Treatment for Non-small Cell Lung Cancer with Malignant Pleural Effusion.
Anticancer Res. 2016 Jun;36(6):2939-44.


目的:
 悪性胸水は、VEGFが血清および血漿で上昇することと関連している。悪性胸水(MPE)患者におけるベバシズマブ治療のアウトカムとしてバイオマーカーは存在しない。われわれは過去にカルボプラチン+パクリタキセル+ベバシズマブが進行性非小細胞肺癌(NSCLC)およびMPE患者に効果的であることを示したが、治療アウトカムと血中あるいは胸水中のVEGFレベルの関連性については評価していなかった。そこで、このVEGFレベルがベバシズマブ治療アウトカムを予測するかどうか評価した。

患者および方法:
 NSCLCおよびMPEの患者23人を2010年9月から2012年6月まで登録した。血中VEGFレベルは19人の患者で、胸水中VEGFレベルは22人の患者で測定された。

結果:
 血中VEGFレベルが低い患者と比較して、高レベルの患者は有意に全生存期間(13.8ヶ月 vs. 6.5ヶ月, p=0.04)、無増悪生存期間(8.7ヶ月 vs. 4.8ヶ月, p<0.01)、胸水再貯留までの期間(9.7ヶ月 vs. 6.2ヶ月, p=0.02)が短かった。胸水中VEGFレベルが低い患者と比較して、高レベルの患者は有意に全生存期間(19.6ヶ月 vs. 6.9ヶ月, p<0.01)、胸水再貯留までの期間(9.6ヶ月 vs. 6.7ヶ月, p=0.04)が短かったが、無増悪生存期間には有意差はなかった(6.6ヶ月 vs. 5.9ヶ月, p=0.18).

結論:
 血中および胸水中のVEGFレベルは、NSCLCおよびMPE患者におけるベバシズマブのアウトカムを予測するかもしれない。 


by otowelt | 2016-06-23 00:45 | 肺癌・その他腫瘍

再発性SCLCに対してニンテダニブは有効か?

e0156318_12291546.jpg 小細胞肺癌に対する有効な治療法の報告が欲しいところ。

Han JY, et al.
A phase II study of nintedanib in patients with relapsed small cell lung cancer.
Lung Cancer. 2016 Jun;96:108-12. doi: 10.1016/j.lungcan.2016.04.002. Epub 2016 Apr 6.


目的:
 ニンテダニブは経口トリプルキナーゼ阻害薬である。この研究は、再発/抵抗性の小細胞肺癌(SCLC)患者に対するニンテダニブの効果と安全性を評価したものである。

患者および方法:
 ECOG PS0-2の患者で1~2回の化学療法/化学放射線治療歴がある者を登録した。患者は、ニンテダニブ200mg1日2回4週サイクルを病勢進行あるいは毒性による中止があるまで続けられた。プライマリエンドポイントは、客観的奏効率(ORR)とした。

結果:
 2011年12月から2014年6月までに24人の患者が登録された。22人の患者が治療を完遂し、その効果を評価された。フォローアップ期間中央値は9.7ヶ月(0.5-19.8ヶ月)だった。年齢中央値は64歳(46-77歳)だった。6人の患者はsensitive relapseで、8人が1回の化学療法治療歴を有していた。
 効果については、1人がPR、7人がSDだった。ORRは5%(95%信頼区間0.1-22.8%)だった。PFS中央値は1.0ヶ月(95%信頼区間0.9-1.1ヶ月)で、OSは9.8ヶ月(95%信頼区間8.4-11.2ヶ月)だった。
 有害事象は、肝障害86%、貧血73%、食思不振59%、悪心50%だった。ほとんどの有害事象はマネジメント可能であった。Grade3の肝障害が5人(23%)にみられた。

結論:
 再発性/抵抗性SCLCに対するニンテダニブは、マネジメント可能だが限られた抗腫瘍活性しか有さない。



by otowelt | 2016-06-02 00:44 | 肺癌・その他腫瘍

EGFR遺伝子変異陽性NSCLCは脳転移の頻度が高い

e0156318_1164629.jpg 既知の知見です。 

Hsu F, et al.
EGFR mutation status on brain metastases from non-small cell lung cancer.
Lung Cancer. 2016 Jun;96:101-7. doi: 10.1016/j.lungcan.2016.04.004.


目的:
 この研究の目的は、EGFR遺伝子変異が進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者における脳転移の頻度にどういった影響を与えるか調べることである。

方法:
 後ろ向き研究。EGFR遺伝子変異陽性および陰性が判明している患者を本研究コホートとして使用。プライマリエンドポイントは、脳転移の頻度とした。セカンダリエンドポイントは全生存期間とした。

結果:
 543人の患者のうち、121人がEGFR遺伝子変異陽性、422人がEGFR遺伝子変異野生型であった。脳転移の累積罹患率は、前者で39.2%、後者で28.2%だった(p=0.038; ハザード比1.4)。多変量解析では、若年者、EGFR遺伝子変異陽性は有意な脳転移予測因子であった。生存期間中央値はEGFR遺伝子変異陽性群22.4ヶ月、野生型7.9ヶ月であった(p<0.001)。PS不良および脳転移は生存期間短縮のリスク因子であった。

結論:
 進行期NSCLCにおけるEGFR遺伝子変異陽性の患者では野生型の患者と比べて脳転移の頻度が高い。


by otowelt | 2016-05-27 00:26 | 肺癌・その他腫瘍