カテゴリ:肺癌・その他腫瘍( 469 )

化学療法時の制吐に対して、パロノセトロンはグラニセトロンより有効


グラニセトロン(カイトリル)が抗癌剤治療における
制吐剤として使用されているが、どうも効きが悪いという経験を
多くの内科医は感じていると思う。
アロキシ(ALOXIR)のphaseIIIの試験がようやく出たのでピックアップしてみたい。

Palonosetron plus dexamethasone versus granisetron plus dexamethasone for prevention of nausea and vomiting during chemotherapy: a double-blind, double-dummy, randomised, comparative phase III trial.
Lancet Oncol 2009; 10: 115–24


背景:
 化学療法を受ける癌患者で、一番問題となるものは悪心と嘔吐。
 現在、化学療法由来の悪心・嘔吐(CINV)に対しては5-HT3受容体拮抗薬
 が標準的治療となっている。5-HT3拮抗剤は、 急性期のCINVに対しては
 かなりの効果を示すものの、予防的投与を行っていても、
 ほぼ半数の患者に急性と遅延性CINVが続く。パロノセトロンは、長い半減期
 (約40時間)と、強く高度な5-HT3受容体拮抗作用をもち、化学療法に
 関連する急性・遅延性CINVの両方を防ぐ効果があるとされている。
 第Ⅱ相試験で、プライマリーエンドポイントとされている急性期でのCRに対して、
 パロノセトロンの0.075mg・0.25mg・0.75mgの間では用量依存性はなかった。
 120時間を超える試験期間では、明らかに用量依存性の反応を示した。
 パロノセトロンの3用量は容認性があり、用量と関連する副作用の増加はなし。
 パロノセトロン0.75mgがPⅡ試験で推奨用量となりうることが示唆された。
 グラニセトロンは40μg/kgの用量が推奨臨床用量で、一般的な治療である。  
 試験の目的は、特に高催吐の化学療法を受けている患者に対して、
 CINVをコントロールするための最も基本的なレジメンを確立させることにある。

方法:
 1日目の化学療法開始の30分前に静注1回用量としてパロノセトロン(0.75mg)
 かグラニセトロン(40μg/kg)を投与する群へとランダムに割り当てる。
 デキサメタゾンの予防的投与(16mg静注)は1日目のパロノセトロンや
 グラニセトロンの投与前の45分以内に行った。
 シスプラチンを受ける患者には8mg静注、AC/EC療法の患者には4mg経口の
 デキサメタゾンを2日目(化学療法から24~26時間後)と3日目(48~50時間後)に投与。
 二重盲検の手法で試験は行われた。
 
 5日間を効果のエンドポイント、8日間を安全性のエンドポイントとして追跡。
 プライマリーエンドポイントは、急性期(化学療法後0~24時間)と、
 遅延期(化学療法後24~120時間)でのCRの患者の割合。
 セカンダリーエンドポイントは 、全体期での完全緩解、嘔吐の数、
 最初の嘔吐までの時間、レスキューを服薬するまでの時間、治療失敗までの時間、
 患者の主観的な評価とした。

e0156318_142593.jpg


結果および考察:
 この第3相試験で、強い催吐作用がある化学療法を受けている患者において
 吐き気と嘔吐の防止のpalonosetronの有効性は、急性期のグラニセトロンと非劣勢。
 また遅発相ではグラニセトロンよりよいことが示された。
 有害事象の頻度は、palonosetronとグラニセトロンでほぼ同じであった

 これらの結果から、パロノセトロンとグラニセトロンを比較し、性別や年齢、
 化学療法に関係なく、急性期の悪心・嘔吐に対しては薬剤間に有意な差はないが、
 遅延期ではパロノセトロンのほうが完全制御率は高いとし、
 「がん化学療法による悪心や嘔吐の予防には、パロノセトロンとデキサメタゾンを
 標準治療にすべきである」と研究グループは結論づけた。

 強い催吐作用がある化学療法の後、デキサメタゾンを併用て、
 遅発型と全体的なCINVを防ぐ際にグラニセトロンに対するpalonosetronの有意性を
 示す最初のレポートである。
 最高2.25mgまでドーズアップしてもQTcを含むECGに対する重要な影響も
 示さなかったので、制癌剤または他の併用薬物に関連があるかもしれない。

by otowelt | 2009-03-12 14:08 | 肺癌・その他腫瘍

FDG-PETとCTを組み合わせるとBACの鑑別が可能


肺癌領域ではPETをよく使う。
まぁ、どの癌でもそうなのだが・・・・・
PETでは、肺胞上皮癌(BAC)、高分化型腺癌、10mm以下の肺癌で
偽陰性が起こる。特にこのBACの偽陰性は呼吸器内科医の間では有名だ。
J Nucl Med 1998;39:1016-1020

SUVとは、投与したRIが体内に均一に分布しかつ排泄されていないとした場合
の組織の放射能濃度を1とし、それに対して関心領域の放射能濃度が
何倍であるかを示したもの。
ちなみに、肺の平均SUVは0.6である。
Ann Acad Med Singapole 2004:33:183-185

lung cancerから出た論文では、
BACの平均SUV7.2、その他NSCLCの平均SUV13.33という結果。
以下にそれを紹介する。
・・・・・でも、PETの報告書みても、SUV10くらいが上限のことが多いのだが・・・
依頼しているPETに問題があるのか???

Clinical usefulness of the fluorodeoxyglucose (FDG)-PET maximal standardized uptake value (SUV) in combination with CT features for the differentiation of adenocarcinoma with a bronchioloalveolar carcinoma from other subtypes of non-small cell lung cancers. Lung Cancer, In Press, Corrected Proof, Available online 8 February 2009


目的:
 FDG-PETの最大SUVとCTを組み合わせることで
 BACとその他のNSCLCを区別する。

方法:
 125人の患者(男性104人、女性21人、平均年齢64歳)で、
 CTとそれに引き続くPETを施行し、手術のあとの組織学的診断の
 妥当性を検討。最終的に16症例のBACと109症例の他のNSCLCサブタイプ
 が登録された。PETで最大SUVを検討。

結果:
 BACではmixed patternを持つ結節影がCTで観察された(8/16, 50%)。
 他のNSCLCではそういったパターンはあまりみられなかった(2/109, 1.8%) 。
 (p < 0.0001)。
  BACにおける最大SUVは平均7.2であった。これは他のNSCLCの平均13.33より
 低かった。(p < 0.0001)
 BACを鑑別するためのCTでは、感度50%、特異度98.2%、PPV80%、NPV93%。
 また、PETにおける場合、感度68.8%、特異度86.2%、PPV42.3%、NPV94.9%。
 これらを組み合わせると、 感度81.3%、特異度85.3%、PPV44.8%、NPV96.9%。
 
結果:
 FDG-PETの最大SUVとCT所見を組み合わせると、
 BACと他のNSCLCの鑑別が可能。


 

by otowelt | 2009-03-05 21:50 | 肺癌・その他腫瘍

vandetanibのNSCLCへの応用


●バンデタニブとは
 バンデタニブは臨床的に証明されている2つの作用により抗腫瘍効果を発揮。
 1. 「血管内皮増殖因子(VEGF)」を阻害し、腫瘍への新しい血管形成を
   阻害することによって、腫瘍増殖を阻止する。
 2.「上皮増殖因子受容体(EGFR)」を介して起こる腫瘍増殖を直接阻害する。
   また特定の甲状腺癌の成長に関わるRETチロシンキナーゼも阻害する。


An open-label study of vandetanib with pemetrexed in patients with previously treated non-small-cell lung cancer. Ann Oncol 2009 20: 486-491

セカンドラインNSCLCにおける、バンデタニブとペメトレキセドの併用について
認容性があるという結果の論文がAnnals of oncologyより出ていた。
Boer医師のZEAL試験の論文である。

イレッサの後継者ともなるべき、このバンデタニブ(商品名ザクティマ)は
アストラゼネカが力を入れている新薬の1つ。
3つの第Ⅲ相臨床試験が有名なので、呼吸器内科医としては知っておきたい。

●ZODIAC試験
バンデタニブ100mg/日とドセタキセルの併用療法をドセタキセル単剤と
比較検討する第Ⅲ相無作為化プラセボ対照二重盲検試験。
1レジメンの抗癌剤治療歴がある進行NSCLC1391例で検討。

●ZEAL試験
バンデタニブ100mg/日とペメトレキセドの併用療法を
ペメトレキセド単剤療法と比較検討する第Ⅲ相無作為化プラセボ対照二重盲検試験。
1レジメンの抗癌剤治療歴がある進行NSCLC534例で検討。

 バンデタニブと化学療法を併用したZODIAC試験とZEAL試験では、
 化学療法の単剤療法に比べ良好な結果であった。
 バンデタニブを化学療法と併用することで、PFSが延長した。
 小規模のZEAL試験では統計学的な有意差は認められなかったが、
 より大規模なZODIAC試験では統計学的に有意なPFSの延長が認められた。
 また、腫瘍縮小効果の指標となる奏効率(ORR)で統計学的に有意な改善があった。
 全生存期間(OS)においてもやや延長傾向がみられた。

 また、化学療法にバンデタニブを併用することで化学療法の単剤療法に比べ、
 疾患随伴症状を良好にコントロールすることが可能。
 良好なQOLを統計学的有意に、より長期間持続させることができた。


●ZEST試験
バンデタニブ300mg/日とエルロチニブ150mg/日の有効性を
比較検討する第Ⅲ相無作為化二重盲検試験で、治療歴のある局所進行
または転移性のNSCLC1240例で検討。
PFSを統計学的に有意に延長することを示すという主要評価項目は達成できなかった。
しかし、バンデタニブとエルロチニブは事前に計画されていた非劣性解析により
同等のPFSとOSを示した。


3つの第Ⅲ相臨床試験におけるバンデタニブの安全性プロファイルは、
これまで非小細胞肺がん患者を対象に行ったバンデタニブ試験と相違のない結果。


現在、ZEPHYR試験も進行中。

●ZEPHYR試験
ZEPHYR (ZACTIMA Efficacy trial for NSCLC Patients with
HistorY of EGFR-TKI and chemo-Resistance)試験はEGFR-TKI
による治療後の局所進行または転移性のNSCLCを対象に
バンデタニブ300mgにBSCを加えた治療とBSCのみの治療の有効性を
比較検討した無作為化並行群間二重盲検試験。現在進行中。

by otowelt | 2009-03-03 11:30 | 肺癌・その他腫瘍

閉経前乳癌に内分泌療法とゾレドロン酸を併用するとPFS延長


個人的には、乳癌は肺転移しか治療したことがないのだが、結構お目にかかることも
多いので、呼吸器内科医としてはある程度知っておきたい領域の1つ。
とはいっても、「・・・デックス」ばかりの薬が覚えられないし、
個人的にはホルモン内分泌がからむ分野はキライだ。

Endocrine Therapy plus Zoledronic Acid in Premenopausal Breast Cancer
M. Gnant and others. N Engl J Med 2009; 360 : 679 - 91


方法
ホルモン感受性の早期乳癌で閉経前女性を対象に、
 ゴセレリン(ゾラデックス)+タモキシフェン(ノルバデックス)
 またはゴセレリン(ゾラデックス)+アナストロゾール(アリミデックス)に、
 ゾレドロン酸(ゾメタ)を追加した場合の有効性を検討した。
 1,803 例を、ゴセレリン(3.6mgを28日ごとに皮下投与)
 +タモキシフェン(20mg/日を経口投与)orアナストロゾール(1mg/日を経口投与)の
 いずれかを併用し、さらにゾレドロン酸(4mgを6 ヵ月ごとに静脈内投与)を併用する群と
 併用しない群に無作為に割り付け、3 年間投与。
 プライマリエンドポイントはPFS(無病生存期間)とし、
 セカンダリエンドポイントは無再発生存期間とOS(全生存期間)とした。

結果
 無病生存率はタモキシフェン群で 92.8%,アナストロゾール群で 92.0%
 内分泌療法単独群で 90.8%
 内分泌療法+ゾレドロン酸群で 94.0%。
 アナストロゾール群とタモキシフェン群のあいだで無病生存率に有意差はなし。
 ゾレドロン酸を内分泌療法に追加した場合、増悪リスクで36%の相対的低下
 がみられた(HR 0.64,95% CI 0.46~0.91,P=0.01)。
 ゾレドロン酸を追加しても死亡リスクに有意な低下はみられなかった。
 (HR 0.60,95% CI 0.32~1.11,P=0.11)。

結論
 補助内分泌療法にゾレドロン酸を追加することで、ホルモン感受性早期乳癌の
 閉経前女性において、無病生存期間が延長する。

by otowelt | 2009-02-18 12:51 | 肺癌・その他腫瘍

なぜアバスチンが非小細胞肺癌へ使われるのか


2008年末に、ベバシズマブ(アバスチン)の非小細胞肺癌への適応拡大が申請された。

これはE4599試験、AVAiL試験という2つの第III相試験に基づいて、
プラチナ製剤をベースとした標準的な化学療法にベバシズマブを併用することで、
扁平上皮癌を除く未治療の進行・再発のNSCLC患者の生存期間・無増悪生存期間を
統計学的に有意に延長することが示された。
欧米では扁平上皮癌を除く進行・再発のNSCLC(非扁平上皮癌)の
1st-lineとして承認されている。

●E4599試験
 局所進行性、転移性、または再発性NSCLCで非扁平上皮細胞の878名を
 対象とした多施設共同無作為化第Ⅲ相臨床試験。
 生存期間の中央値は化学療法単独では10.3カ月であるのに対し、
 化学療法とAvastin 15mg/kgの3週1回投与との併用群では12.3カ月。
 PaclitaxelおよびcarboplatinとAvastinとの併用群の全生存期間は、
 化学療法単独群に比べて25%改善。
 肺出血(喀血)がAvastin+化学療法併用群で2.3%に観察された。
 Avastin治療に関連した、最も多い有害事象は、高血圧(5.6%)、蛋白尿(4.2%)、
 疲労(5.1%)、および呼吸困難(5.6%)であった。
 Sandler A et al. N Eng J Med 2006; 355: 2542-2550

●AVAiL試験
 シスプラチン+ゲムシタビンにベバシズマブの上乗せ効果を検証した試験。
 AVAiL(Avanstin in Lung Cancer)試験。
 シスプラチン、ゲムシタビンのみの群と、化学療法にベバシズマブ7.5mg/kgを
 投与した群、化学療法にベバシズマブ15mg/kgを投与した群の3群で行った。
 1000人以上の非小細胞肺がん(非扁平上皮がん)が対象で、
 化学療法のみの群と比較して、無増悪生存率が20~30%延長した。


・Avastinについて (中外製薬より)
 Avastinは、血管新生(がん組織に栄養と酸素を供給する血管網の伸長)を阻害する初めての治療薬です。Avastinは、血管新生における重要な因子であるVEGF(血管内皮増殖因子)と呼ばれる生体内の蛋白質を標的として、腫瘍の増殖と全身への転移に不可欠な血液供給を遮断するものです。
 Avastinは欧州では2005年1月に、米国では2004年2月に、転移性結腸・直腸がん患者のファーストライン治療薬として承認されました。米国では2006年6月、転移性結腸・直腸がん患者のセカンドライン治療薬として追加で承認を受けました。さらに2006年10月、FDAによる優先審査を経て、血管新生阻害剤では世界で初めてNSCLCの治療薬として承認されました。Avastinは、最近では2007年3月に、欧州では転移性乳がん女性患者のファーストライン治療薬として、また日本では2008年4月、治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がんへの使用が承認されました。

 

by otowelt | 2009-02-17 08:45 | 肺癌・その他腫瘍

進行非小細胞肺癌に対するGC併用療法後、即時逐次DOC投与は生存率を改善する


Phase III Study of Immediate Compared With Delayed Docetaxel After Front-Line Therapy With Gemcitabine Plus Carboplatin in Advanced Non–Small-Cell Lung Cancer. JCO, Vol 27, No 4, 2009: pp. 591-598

ドセタキセルは非小細胞肺癌のセカンドラインのキードラッグである。
 ・Fossella FV, et al. J Clin Oncol 2000;18:2354-62.
 ・Shepherd FA, et al. J Clin Oncol 2000;18:2095-103.


背景:
 進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対するgemcitabine+carboplatin併用療法後,
 セカンドライン治療の適切な時期は明らかにされていない。
 無作為化オープンラベル試験により,GC後にdocetaxel を逐次投与する方法と
 再発後の2次治療として投与する方法の有効性および安全性を評価した。

方法:
 gemcitabine 1,000 mg/(day 1、8)+carboplatin AUC 5.0(day 1)を
 21日ごとに4コース施行した後、PD以外の症例をPSで層別化し以下のいずれかに
 無作為に割り付けた。 いずれも最大6コースである。

 逐次投与群:docetaxelを75mg/,day1,21日を1コース
 再発後投与群:docetaxel 75mg/ を再発後2次治療として,day1,21日を1コース

 Primary endpoint:全生存期間
 Secondary endpoint:奏効率,無増悪生存期間(PFS),毒性およびQOL

結果:
e0156318_8273189.jpg


結論:
 進行NSCLCに対するGC後docetaxel逐次投与により、
 QOLを低下させたり,毒性の発現頻度を高めたりすることなく生存率を改善する。
 

by otowelt | 2009-02-17 08:30 | 肺癌・その他腫瘍

抗癌剤における吃逆のエビデンス


肺癌の白金系抗癌剤の副作用の1つである吃逆(しゃっくり)に、
氷水を飲むことが有効である可能性が、2009年2月7日~8日に開催された
第23回日本癌看護学会学術集会で、国立がんセンター東病院の菅野雄介先生により
報告された。

成人患者33人を対象に研究を行った。
200mLに氷片(約1cm3)を半分まで入れて、氷の高さ(約100mL)まで水を入れ、
それらをすべて摂取した。
吃逆消失の評価を氷水を摂取してから5分後と設定したところ、
33人中効果があったのは26人、効果なしが7人で、
有効率は78.7%(95%信頼区間 64.9-92.7)だった。


ちなみに・・・・・・・・・・・・
●非薬物療法
(1)吸気後の呼吸停止。
(2)咽頭刺激;
  1.舌圧子による圧迫
  2.咽頭へのキシロカインスプレー処置
  3.鼻から咽頭に向けてチューブ挿入し口蓋垂高の咽頭部を上下にこする。
 
(3)迷走神経、横隔神経に対して
  1.眼球圧迫
2.頸動脈洞のマッサージ
(4)吸入法;
  1.アンモニア、エーテル、からし油などで上気道を刺激しくしゃみをさせる
  2.炭酸ガスと酸素との混合ガスを吸入
(5)胃の膨満を解除;
  1.胃洗浄=急性胃拡張、幽門狭窄、空気嚥下症などによる吃逆の場合に有効
  2.重曹のかたまりを飲み、胃を急激に膨らませ、またげっぷ発生により
           収縮させることにより横隔膜の刺激をとる方法
        胃X線検査に用いる発砲錠でもよい
  3.経鼻的に胃にチューブを挿入
(6)神経ブロック;
  横隔膜神経ブロック(C3~5)や胸髄神経領域での持続硬膜外ブロック
(7)横隔膜神経切除;
  頑固な吃逆に対して施行。不成功に終わる例もある。

●薬物療法
・柿のへた
  撫育草 1803脇坂義堂
・クロルプロマジン(コントミン® 、ウィンタミン® )最近あまり使われない
 (12.5、25、50、100mgの錠剤と12.5、25、50mgのアンプル)
 用量:25mg×3/日 or 25~50mg点滴(点滴は特に術後に有効)
 禁忌:Parkinson症候群
Friedjood, CE, Ripster, CB. Chlorpromazine in the treatment of intractable hiccups. JAMA 1955; 157:309.
・ハロペリドール(セレネース® )
 用量:5~10mg/日
 禁忌:Parkinson症候群
・アミノトリプチン(トリプタノール® )
 用量:1回25~90mg
 禁忌:前立腺肥大、緑内障

・クロナゼパム(ランドセン® 、リボトリール® )
  用量:0.5~1.0mg×3/日
  禁忌:前立腺肥大、緑内障
・カルバマゼピン(テグレトール® )
  用量:200mg×4/日
  併用禁忌:ボリコナゾール 禁忌:血液障害、高度徐脈
・バルプロ酸ナトリウム(デパケン® )
  用量:15mg/kg/日
  併用禁忌:カルバペネム系 禁忌:妊娠、肝障害

・メトクロプラミド(プリンペラン®)
  用量:10mg×3~4回/日
  クロルプロマジンが無効のとき
  禁忌:褐色細胞腫
Madanagopolan, N. Metoclopramide in hiccup. Curr Med Res Opin 1975; 3:371.

・バクロフェン(ギャバロン® 、リオレサール®)
  用量:10~20mg×3回/日
  中枢神経を抑制するGABA類似作用を有すると考えられる。
・Ramirez, FC, Graham, DY. Treatment of intractable hiccup with baclofen: results of a double-blind randomized, controlled, cross-over study. Am J Gastroenterol 1992; 87:1789.  
・Guelaud, C, Similowski, T, Bizec, JL, et al. Baclofen therapy for chronic hiccup. Eur Respir J 1995;


・芍薬甘草湯 用量:7.5g~15g/日

・呉茱萸湯、半夏厚朴湯、半夏蕩心湯
 用量:1包に水500mLを加え、半量まで煎じ、煎汁を3回に分けて食間服用。
文責"倉原優"

by otowelt | 2009-02-12 19:04 | 肺癌・その他腫瘍

NSCLCセカンドラインにおいて、エルロチニブにベバシズマブ併用でPFSが延長


ATLAS試験でも、タルセバ+アバスチン > タルセバalone の結果

Phase III Study Showed Tarceva in Combination With Avastin as First-Line Maintenance Therapy Improved Progression-Free Survival in Advanced Lung Cancer


●BeTa Lung試験
 進行非小細胞肺癌のセカンドライン療法として、ベバシズマブとエルロチニブを
 併用投与すると、エルロチニブの単独投与に比べて、無増悪生存期間が延長、
 奏効率も向上することが確認された。
 全生存期間については統計学的に有意な延長は認められなかった。 

●ATLAS試験(AVF3671g)
 ATLAS試験は、データ安全性監視委員会の勧告に基づいて早期中止された。
 プラセボとベバシズマブを併用したグループに比べ、エルロチニブ+ベバシズマブ群
 の無増悪生存期間が有意に長いことを明らかにした。
 また予備的に行われた安全性評価では、有害事象についても新たな問題を認めず
 過去に行われたエルロチニブ、ベバシズマブに関する臨床試験で見られたと同程度。

 ATLASは、二重盲検の無作為化試験として複数国の医療機関で行われた。
 局所進行、再発、または転移性のNSCLC患者1157人を登録。ベバシズマブに
 関するこれまでの臨床試験では、脳への転移がある患者、肺以外の場所に
 扁平上皮性の腫瘍が存在する患者、抗凝固薬を使用している患者はしばしば除外
 されてきたが、今回はそれらの患者も対象に含まれている。

by otowelt | 2009-02-12 16:27 | 肺癌・その他腫瘍

PETはNSCLCの予後推定には役立たず


Computed Tomography Response, But Not Positron Emission Tomography Scan Response, Predicts Survival After Neoadjuvant Chemotherapy for Resectable Non-Small-Cell Lung Cancer. JCO Oct 1 2008: 4610-4616.

CTによる効果判定あるいはPETによる効果判定が
どのくらい予後推定に役立つかを調べた研究。
化学療法前後でCT、PETを撮影しているのだが・・・

89人の症例で行われた研究。
当然ながらRECISTに基づく。
CTで認められた奏効例での有意な生存期間の延長は
PETによる効果判定ではみられなかった。

つまり、PETはCRだろうが何だろうが、画像評価として
予後推定には役立たずなのだろう。

しかし、2003年のJCOでは相反する報告
Journal of Clinical Oncology, Vol 21, Issue 7 (April), 2003: 1285-1292 )もある。
非小細胞肺癌への放射線治療あるいは化学療法の効果判定と予後の関連を
CTとPETで比較した論文だがではPETの方がより予後を予想できた。

by otowelt | 2009-01-11 19:28 | 肺癌・その他腫瘍

triple negativeにおける白金製剤の効果


triple Negative。
乳癌診療において、必須の知識である。

triple negativeとは、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、Her2タンパク
の3つをもたない乳癌のことで、ホルモン療法やハーセプチンを使った
分子標的治療が効かない乳癌ということを意味する。

ただしこのタイプの乳癌は抗癌剤にはよく反応し、ホルモン受容体陽性乳癌と
比べて、術前化学療法の効果が高いといわれている。
しかし、生存率も低いというジレンマがある。

triple negativeに化学療法がどのくらいのRR(奏効率)があるのか、というのが
まだよくわかっていないのが現状なので、この報告がなされた。

Platinum-based chemotherapy in triple-negative breast cancer.
Annals of Oncology 19: 1847–1852, 2008


e0156318_003162.jpg

RRについては、ネオアジュバントのtriple negativeの場合88%でCRあり、
それ以外の乳癌の51%より明らかに高かった。
5年生存率(OS)は、triple negativeで64%で、
それ以外の乳癌の85%よりは予後が悪かった。
5年間の無増悪生存はtriple negativeで57%で、
それ以外の乳癌の72%よりは予後が悪かった。

予後不良ではあるが、とりあえず奏効はするという結論は変わらないと思われる。

by otowelt | 2009-01-04 00:02 | 肺癌・その他腫瘍