カテゴリ:その他( 123 )

未熟児に一酸化窒素吸入を行ってもBPDは予防できない

Inhaled nitric oxide for prevention of bronchopulmonary dysplasia in premature babies (EUNO): a randomised controlled trial.
Lancet. Early Online Publication, 22 July 2010


背景:
 動物モデルにおいて、一酸化窒素吸入は肺形成をうながすが
 未熟児においては気管支肺異形成(BPD)のリスクになる可能性が指摘
 されている。

方法:
 未熟児800名(在胎24-28週)を対象に、一酸化窒素吸入による
 BPDの予防効果を無作為化比較試験で検討。

結果:
 399の新生児が一酸化窒素吸入群に割り当てられた。
 無BPD生存率(65% vs 66%, RR1.05, 95% CI 0.78—1.43)
 最終月経後36週時の生存率(86% vs 90%, RR 0.74, 95%CI 0.48—1.15)
 BPDの発症率(24% vs 27%,RR 0.83, 95%CI 0.58—1.17)であり、
 プラセボ群との有意差は認められなかった。

結論:
 未熟児に一酸化窒素吸入を行ってもBPDは予防できない。

by otowelt | 2010-07-28 16:39 | その他

有用性をもって早期終了した臨床試験の効果は、誇張されている

e0156318_655412.jpgStopping Randomized Trials Early for Benefit and Estimation of Treatment Effects
JAMA. 2010;303(12):1180-1187.


http://newsblog.mayoclinic.org/2010/03/19/study-on-stopping-clinical-trials/

メイヨークリニックから、臨床試験に関するスタンスの勧告。

JAMAから発表されたのは、治療効果が良好であることを理由に早期終了した
約100の臨床試験についての国際的な研究。
論文によれば、早期終了の研究は効果を誇張されている現状があるとのこと。
本研究の著者らは、研究者は臨床試験の早期終了への圧力に屈することなく、
早期終了を検討する以前に、より長期にわたって試験を継続するよう勧告した。

平均すると、早期終了した試験は、
効果のない治療で約30%の相対リスクの低下を示し、
真に20%の相対リスク低下効果のある治療では40%以上の低下を示す

by otowelt | 2010-05-06 06:53 | その他

術前貧血は術後死亡率上昇のリスクである


術前貧血は術後死亡率上昇のリスクであるという論文。

Risk Associated with Preoperative Anemia in Noncardiac
Surgery. Anesthesiology 2009; 110:574–81.


背景:
 術前の貧血は輸血の観点からも重要であり、
 非心臓術後の副次的アウトカムに関連していると言われている。
 この研究の目的は、術前貧血がどのように術後の死亡率と関連しているか
 を調べるものである。

方法:
 データはレトロスペクティブに7759人の非心臓手術患者を
 University Health Networkから集めた。
 術前貧血は、ヘモグロビンが女性で12.0g/dl以下、男性で13.0g/dl以下と定義。

結果:
 術前貧血については特に男女差はなかった。
 (39.5% for men and 39.9% for women)
 しかしながら、オッズ比は術後5倍に上昇。
 死亡率も上昇した。(OR 2.36; 95%CI,1.57–3.41)
e0156318_15405836.jpg


結論:
 貧血は周術期患者における死亡率上昇の独立因子である。

by otowelt | 2009-03-16 15:44 | その他