カテゴリ:その他( 116 )

クリスマスBMJ2016:ポケモンGOは一時的に歩数を増やす

e0156318_2395893.jpg ポケモンGOの論文がクリスマスBMJに絶対掲載されると思った人ー!「ハーイ!」

Christmas BMJ 2016
Katherine B Howe, et al.
Gotta catch’em all! Pokémon GO and physical activity among young adults: difference in differences study
BMJ 2016; 355 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i6270 (Published 13 December 2016)


目的:
 ポケモンGOをプレイすることで、ゲームインストール後から6週間までの歩数が与える効果を検証する。

方法:
 オンラインサーベイデータを用いたコホート研究である。被験者は、アメリカにおけるアマゾンメカニカルターク(https://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon_Mechanical_Turk)参加者(18~35歳でiPhone6シリーズスマートホンを有する1182人)である。主要アウトカムは、ポケモンGOインストール前4週間の1日歩数とインストール後6週間の歩数である。差分の差分回帰モデルを用いて、ポケモンGOのプレイヤーと非プレイヤーにおける1日歩数の変化を調べた。

結果:
 560人(47.4%)の被験者がポケモンGOをプレイ(「トレーナーレベル5」まで到達)、インストール前4週間で1日平均4256±2697歩歩いていた。差分の差法では、ポケモンGOプレイヤーの1日平均歩数は、インストール後初週で955歩(95%信頼区間697-1213歩)、その後5週間かけてゆるやかにこの上昇幅は減少していった。インストール後6週間までに、1日歩数はインストール前のレベルに戻った。
e0156318_21482499.jpg
(文献より引用)

e0156318_21485734.jpg
(文献より引用)

結論:
 ポケモンGOは、インストール後の1日歩数の増加と関連していた。しかしながらこの関連性は、6週間かけて緩やかに消失していった。

by otowelt | 2016-12-14 21:45 | その他

クリスマスBMJ2016:人生を楽しく生きると長生きする

e0156318_2395893.jpg クリスマスBMJのリサーチ部門が発表され始めました。Second authorのJane Wardleはこの文献が出る前に亡くなられたそうです。ブラックジョークじゃないですよね・・・?

Christmas BMJ 2016
Paola Zaninotto, et al
Sustained enjoyment of life and mortality at older ages: analysis of the English Longitudinal Study of Ageing
BMJ 2016; 355 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i6267 (Published 13 December 2016)


目的:
 4年以上におよぶ期間の間に「人生って楽しい!」と思った頻度が、総死亡および心血管系疾患による死亡およびその他の原因による死亡と関連しているかどうか調べること。

方法:
 イギリスに棲んでいる高齢男女を代表するサンプルである、English Longitudinal Study of Ageing (ELSA)を用いた縦断的観察研究。参加者は9365人の50歳以上の男女(登録時平均年齢63±9.3歳)。主要アウトカムは死亡までの期間とした。

結果:
 2002年(1期)、2004年(2期)、2006年(3期)に人生が楽しいと思えるかどうか調べた。2264人(24%)が1回、1833人(20%)が2回、3205人(34%)が3回そうであると回答した。
 追跡期間中、1310人の死亡があった。死亡率は、追跡期間中の人生が楽しいと感じた数と逆相関を示した。
 人口動態的因子、ベースラインの健康状態、合併症、抑うつ症状で補正すると、「楽しくない」群と比較して、総死亡のハザード比は2回楽しいと回答した群で0.83(95%信頼区間0.70 -0.99)、3回楽しいと回答した群で0.76(95%信頼区間0.64-0.89)だった。同様の関連は、3回目に楽しいと答えてから2年以内に死亡した例を除いても観察され(ハザード比0.90、95%信頼区間0.85-0.95)、全症例解析でも観察された(ハザード比0.90、95%信頼区間0.83-0.96)。
e0156318_2118049.jpg
(文献より引用)

結論:
 これは観察研究である、ゆえにその結論は導けない。だが、この研究結果は人生における幸福を維持する重要性を示したことで、健康アウトカムに対する幸福の重要性を理解する新しい側面を見せた。(すいません意訳が思いつきません)

補足説明:
 JW(second author)はこの論文が出版される前に死亡した。

by otowelt | 2016-12-14 21:18 | その他

クリスマスBMJ2016:“post-truth社会”はエビデンスに影響を与えるのか?

e0156318_2395893.jpgChristmas 2016
Tracey Brown.
Evidence, expertise, and facts in a “post-truth” society
BMJ 2016; 355 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i6467 (Published 09 December 2016


 「“post-truth社会”おけるエビデンス、専門的知見、事実」というタイトルのEditorialです。オックスフォード英語辞書は、2016年の言葉として「post-truth(ポスト真実)」を選びました(流行語大賞のようなもの)。日本ではほとんど耳にしません。事実よりも感情的な訴えかけの方が世論に大きく影響するという広義の意味を持ち、簡単に言えばBrexit(イギリスのEU離脱)とトランプ氏の大統領選を表したものです。

 エビデンス・専門的知見はパターナリスティックな側面も孕みます(そう見えがちです)。post-truth思考が、医療において重要な事実において「勝ち抜く」がごとくそのエビデンスを修飾しうる潜在的な危険性を秘めているのかもしれません。

by otowelt | 2016-12-11 11:24 | その他

クリスマスBMJ2016:胸郭形成術を受けた93歳男性

e0156318_2395893.jpgChristmas 2016
Alison Tonks, et al.
68 years—a record breaking thoracoplasty?
BMJ 2016; 355 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i6513 (Published 09 December 2016)


 戦時中に胸郭形成を受けた93歳の男性が、その始終を語ったものです。日本でも胸郭形成を受けた患者さんは滅多に見なくなりましたが、それでも年に何例かはこの胸部レントゲン写真を目にすることがあります。いずれ、こうした過去の治療を受けた患者さんも診なくなってしまうのだろうと思います。
 それにしても決して軽くはない呼吸器症状は有しながら、インターネットを巧みに使っておられるとは、驚きです。

e0156318_11125614.jpg
(文献より引用:若い医師を驚かせた胸部レントゲン写真)

by otowelt | 2016-12-11 11:13 | その他

クリスマスBMJ2016:違法薬物と道徳、倫理

e0156318_2395893.jpg 『考える快楽』で有名なグレイリングの寄稿です。

Christmas 2016
A C Grayling.
Morality and non-medical drug use
BMJ 2016; 355 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i5850 (Published 09 December 2016) Cite this as: BMJ 2016;355:i5850


他人を傷つけていないのなら、大麻やヘロインの使用をアルコールやカフェインの使用以上に制限する道徳的根拠はない ――― A・C・グレイリング

 drugという言葉が指す言葉には色々なものが含まれる。アヘン、その誘導体、コカイン、LSD、「エクスタシー」、アンフェタミン、溶剤、トランキライザー・・・。しかしこのdrugにはたばこ(ニコチン)やコーヒー・ワイン(カフェイン)は含まれていない。コーヒーカップの横に砂糖を置くのはよくて、ホットケーキミックスに大麻を入れるのはなぜダメなのか。そういうロジカルな問題が存在する。飲酒運転は他人に危害を与えうるため、道徳的に許されない。しかし、もし他人を傷つけない範疇であればこうしたdrugは是とされるものではないだろうか。

 アルコールの使用が成人に対して道徳的に容認され合法である理由は、長く用いられてきた歴史においてアルコールの社会的受容性が高いという起因する。人々が望む行為が他人に危害を加えない限りは、好きなだけ行えるように自由であるべきと考えたのはミルである(ミルの原理)。リバタリアンが合法化されるべきものかどうか、国家はその限界について議論すべきである。アルコールなどの軽度の嗜好品から違法薬物にいたるまで、その注意喚起が国家によってなされるべきか、あるいは個人の自由意思によって注意すべきか。このライン引きは国家そのものの性質を決定するだけでなく、個人の倫理に強く影響を与える。

 

by otowelt | 2016-12-11 10:58 | その他

書籍の紹介:ホスピタリストのための内科診療フローチャート

e0156318_1125220.jpg
 私が手に入れてよかったと思う医学書は、「読んで自分が焦る本」です。膨大な情報量と著者の勉強量を目の当たりにし、医師としての自分の知識や能力に焦りを覚える本。紹介する「ホスピタリストのための内科診療フローチャート ―専門的対応が求められる疾患の診療の流れとエビデンス」という本を目にし、間違いなく私は「ああもっと勉強しなければ」と焦りました。
e0156318_1184817.jpg
 高岸勝繁先生は私がかつて洛和会音羽病院で研修医をしていたときの後輩研修医です。2年目研修医として私が先輩風を吹かそうとしていたところ、彼の持っている医学的知識量がすでにかなり高い位置にあり、電子カルテの操作以外に何も教えることができなかったのをよく覚えています。私に尊敬のまなざしが向けられたのは、Gram染色の写真を電子カルテにペーストする方法を教えたときくらいでしょうか。「一体何者なんだ」というのが、彼に対する第一印象でした。彼の勉強の成果であるハイクオリティのパワーポイントを、こっそりパクったこともあります。ゴメンナサイ、今だから言える。

 当時私は1日1編の医学論文を読むことを自分に課していたのですが、彼はそんなことはおかまいなしに「1日3編の論文を読んでいる」とサラリと口にしていました。「まさか!そんなのウソだろう」と思っていたら、休憩中や昼食中、初恋の女性からの手紙でも読んでいるのではないかというくらい、医学論文に夢中になっている彼を見て唖然としました。

 現在彼は「Hospitalist ~病院総合診療医~http://hospitalist-gim.blogspot.jp/)」というブログを運営しています。毎日のように更新されるハイレベルな知識の洪水の恩恵を受けようと、アクセスが集まっています。彼の医学的知見のアップデートは、止まることを忘れたジェットコースターのようにハイスピードを維持しながら走り続けています。

 この本を手にしたとき、初めて彼と会ったあの日と同じように私はこう思いました。「一体何者なんだ」。しかし彼にとっては医学的知識を脳内に更新し続ける作業は、呼吸するがごとく、飲食するがごとく、いたって日常のことなのです。それでいてこの本は、彼のシステマティックな思考回路を素晴らしく端的に表しています。私はそれがとても嬉しく、そして懐かしい。

 ―――日本中の医師よ、さあこの本を読んで焦るがよい。




▼楽天

by otowelt | 2016-10-19 08:00 | その他

出版のお知らせ:あなたも名医!成人吸入薬のすべて 世は吸入薬戦国時代!

 2016年8月25日に「あなたも名医!成人吸入薬のすべて 世は吸入薬戦国時代! (jmed45)」を日本医事新報社から出版します。厳密には、これは書籍ではなく雑誌に区分されるようです。
 同じ日本医事新報社からは「気管支喘息バイブル」という書籍をすでに発売していますが、一部内容が重複している(せざるをえない)部分があるので、ご了承ください。とはいえ、COPDやインフルエンザの吸入薬も含まれており、そこまで重複したという印象はありません。
 また、本書では吸入薬をスコアリングしています。独断と偏見に基づくスコアリングであり、決してそれが全ての医療従事者・患者さんに受け入れられる見識ではないことをご了承いただきますようお願い申し上げます。
 ところどころに吸入戦国武将が登場し、研修医の猿飛医師と指導医の真田医師の会話をみて分かる通り、やや真田丸を意識した仕上がりです(笑)。
e0156318_7335174.jpg
(それぞれアドエア、スピリーバレスピマットの武将)

e0156318_1112593.jpg
発売日 : 2016年8月25日
単行本 : 176ページ
価格 : 3,500円 (税別)
出版社 : 日本医事新報社
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科)

e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する (入荷がやや遅いかも)

e0156318_13141310.jpg日本医事新報社から購入する

 ―――私は,吸入薬のことが好きです。

 こんなフレーズを読むと,可憐な乙女の告白シーン(?)を想像するかもしれませんが,残念ながらこの本を書いているのは30代半ばのやさぐれた呼吸器内科医です。私が初期研修医時代にその使い方を患者さんから「教わる」ほど吸入薬について無知だったことが,逆に吸入薬に興味を持つきっかけとなったように思います。当時の私にとって,吸入薬を使って治療する喘息やCOPDは,未開拓のまぶしい世界に映ったのでした。そしていつしか,その有効性だけでなく,開発経緯や吸入法,ひいてはデザインにまで興味を持つようになりました。

 吸入薬は国によって採用している薬剤に違いがあり,海外の英語のガイドラインを読んでも,その種類を知ったり,使い方を習得したりすることはできません。また,同じ薬剤であっても海外では商品名が微妙に異なっていて,国を超えて呼吸器内科医同士がワイワイと吸入薬について語り合うこともなかなか難しいのです。そして,吸入薬はその種類の多さから,多くの日本のプライマリケア医から「難しい」 と敬遠されています。そんなことを知ってか知らずか,発売される吸入薬の数はどんどん増えています。

 ―――世は吸入薬戦国時代。吸入薬の世界は, 今まさに戦国時代の様相を呈しているのです。この本を持って,あまたの吸入薬が火花を散らす乱世へ飛び込んでみましょう!

 執筆に当たり,数年前に「吸入薬戦国時代」という天啓を私に授けて下さった公益財団法人結核予防会複十字病院呼吸器内科の大藤 貴先生に感謝します。


by otowelt | 2016-08-18 00:56 | その他

ブログは数日お休みします

夏季休暇のため、ブログは数日お休みさせていただきます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

by otowelt | 2016-08-04 00:20 | その他

メディカ出版看護誌17誌合同企画:教科書にはのっていない「カルテことば」呼びかた・書きかた大調査

 個人的な宣伝です。

 このたび、メディカ出版の看護師17誌に掲載される「カルテことば」を執筆させていただきました。5月(6月号)に発売されるのは13誌です。当ブログをちょくちょく見ていただいている方は、「呼吸器ケア」(5月10日発売)を手に取ってくださると幸いです。

http://www.medica.co.jp/

e0156318_16371744.jpg
e0156318_16373049.jpg

by otowelt | 2016-05-03 08:33 | その他

ブログが1000万アクセスを達成しました

e0156318_1749343.jpg 久しぶりに、どうでもいい内容を書いてみたいと思います。

 2008年から続けている当ブログ「呼吸器内科医」のアクセス数が日々増えており、多くの医療従事者や患者さんに閲覧いただいています。もともと個人的な勉強メモのつもりで始めたブログですが、とうとうユニークアクセス数がトータルで1000万を超えました。ページビューだと、3500万PVほどになるようです。ブロガーとしてもこの域に達することが憧れだったので、感無量です。

 勉強ブログを運営しているので、私のことを勤勉かつ聡明な医師と思っていらっしゃる方が多いのですが、ザンネン!私は実はあまり頭が良い人間ではありません。中学時代の成績はビリから数えた方が早かったし、センター試験の国語なんて医学生では前代未聞の115点/200点という有様でした。それでも、「お医者さんになりたいなあ」という夢は子どもの頃から持ち続けていたので、何とかして医学部に入れる方法はないかと毎日悩んでいました。結果、滋賀県枠という地方枠を使った推薦入試で奇跡的に滋賀医科大学に合格することができました。合格した決め手は、二次試験が私の得意だった小論文だったからです。もし推薦入試が学科試験だったならば、私は今頃まだ浪人生をしていることでしょう。

 医学部に入学してまず感じたのは、同級生がとても賢いということ。アカデミックな会話をしていても、「そうやなー」と知ったかぶって相槌を打っていました。彼らと対等に張り合うためには、また医学という膨大な学問に立ち向かうには、ガムシャラに努力するしかありませんでした。私は暗記が苦手なので、ひたすら、紙に書く勉強法です。書いて、書いて、書きまくる。どういうわけか、いつの間にか私が書きなぐった「倉原ノート」が同級生の間に出回るようになりました。劣等生の自分のまとめたノートが優等生たちの役に立つというのは、何といいますか、実にくすぐったい気持ちでした。

 研修医になってからも、ひたすら毎日勉強。人の2倍努力しなければ、満足のいく診療ができませんでした。その過程で、「呼吸器内科医」というブログが誕生しました。ウェブ上に日々の勉強内容をメモしていったのです。

 小論文、倉原ノート、ブログ。センター試験の国語の点数から想像されるように、文才は皆無ですが、学んだことを文章化することが自分に合った勉強法でした。豆まきのように四方八方に文章を発信し続ける私を、ダイヤモンドの原石と間違えて目にかけてくださったのは、シーニュの社長でした。同社から、『「寄り道」呼吸器診療』という本を出版し、その頃から執筆の依頼が増えました。あの本がなければ、今の私はなかったことでしょう。いやはや、社長には頭が上がりません。

 自分の勉強のために船出したブログですが、いまブログを書いている理由は「医学的知見のシェアのため」です。医学的情報は、専門家が出し惜しみをするものでも占有するものでもありません。患者さんの人生が少しでもプラスになるよう、分け隔てなくシェアされるべきものです。これからも、怒涛のごとく流れ寄せる呼吸器内科の情報を、効率よく発信し続けられるダムのようなブログでありたいと思います。

 これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

by otowelt | 2016-04-13 00:09 | その他