カテゴリ:呼吸器その他( 246 )

ギリシャにおける非嚢胞性線維症の気管支拡張症の臨床像

e0156318_1519449.jpg 男性が意外に多いのは、陳旧性結核による続発性気管支拡張症を入れたからでしょうか。

Dimakou K, et al.
Non CF-bronchiectasis: Aetiologic approach, clinical, radiological, microbiological and functional profile in 277 patients.
Respir Med. 2016 Jul;116:1-7.


背景および目的:
 非嚢胞性線維症(CF)の気管支拡張症はギリシャではよくみられるが、その疫学、臨床所見、放射線学的所見、微生物学的所見、肺機能プロファイルの知見は少ない。

方法:
 われわれは胸部HRCTで診断された非CF気管支拡張症の患者を前向きに評価した。疫学、臨床データ、放射線学的スコアリング、微生物学的プロファイル、肺機能検査を調べた。

結果:
 気管支拡張症を有する277人の患者(170人が女性、平均年齢60.5±16歳)が評価された。64%が非喫煙者であった。感染後(25.2%)および過去の結核既往(22.3%)はもっともよくみられる基礎病態であり、34%の患者は原因がはっきりしなかった。主症状は咳嗽(82%)、膿性痰(80%)、呼吸困難感(60%)、血痰(37%)だった。平均有症状期間は9.7年だった。感染性増悪は67.5%の患者にみられ、平均年2.3回の頻度だった。もっともよくみられる肺機能パターンは閉塞性(43.1%)であったが、38%は正常のスパイロメトリーだった。緑膿菌(43%)が最もよくみられた喀痰培養の病原微生物で、次いでインフルエンザ桿菌(12.6%)だった。緑膿菌を有する患者はより長期に罹患しており、肺機能が悪かった。放射線学的な重症度は、肺機能障害、緑膿菌の存在、増悪の頻度と関連していた。

結論:
 ギリシャにおいて陳旧性結核は気管支拡張症の重要な原因であった。緑膿菌がもっともよくみられる病原微生物であり、これは疾患重症度と関連していた。もっともよくみられた肺機能障害は閉塞性換気障害であった。


by otowelt | 2016-06-30 00:26 | 呼吸器その他

再告知:もっとねころんで読める呼吸のすべて

 申し訳ありません、再告知です。明日6月29日に「もっとねころんで読める呼吸のすべて ナース・研修医のためのやさしい呼吸器診療とケア2」という本をメディカ出版から出版します。これは前作のねころんで読める呼吸のすべての続編ですが、オムニバス形式なので、どちらの本も好きなところから読んでいただいてOKです!
e0156318_22533574.jpg
発売日 : 2016年6月29日
価格 : 2,000 円 (税別)
出版社 : メディカ出版
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科)

e0156318_13141310.jpgAmazonから購入する
e0156318_13141310.jpgメディカ出版から購入する

 研修医、ナースだけでなく呼吸器科に携わるすべての医療従事者に読んでいただきたい一冊です。前作と併せて読むと、呼吸器科ケアのエッセンスがより身に付くと思います。小難しい話は抜きにして、ねころんで笑いながら読み進められる内容にしました。そして、そして!前作に引き続き、ブフッと吹き出す藤井昌子先生描き下ろしの4コマ漫画も多数掲載されています。価格はリーズナブルな2000円据え置き!
e0156318_22394723.jpg
 




by otowelt | 2016-06-28 00:16 | 呼吸器その他

嚢胞性線維症に対する長期アジスロマイシンはNG!?

 アジスロマイシン長期投与についてはCOPDにもエビデンスがありますが、私は使ったことがありません。ただ、一部の非結核性抗酸菌症に対してはやむなく使用することもあります。

参考文献
遷延性咳嗽に対する低用量アジスロマイシンは無効だが、気管支喘息関連咳嗽には有効か
COLUMBUS試験:アジスロマイシン維持療法はCOPD急性増悪の頻度を減少させる
アジスロマイシンの予防内服は抗菌薬やステロイド治療を要するCOPD急性増悪を抑制する

Clémentine Samson, et al.
Long-term effects of azithromycin in patients with cystic fibrosis
Respiratory Medicine,Volume 117, August 2016, Pages 1–6


背景:
 低用量アジスロマイシンは、嚢胞性線維症(CF)に対して治療開始6~12ヶ月にその重症度への臨床的利益があるとされているが、この治療法が慢性的に用いられるにもかかわらず長期使用の影響はよく分かっていない。この後ろ向き研究は、12ヶ月以上の低用量アジスロマイシンがCFの進行に与える影響を調べることである。

方法:
 われわれの小児医療センターにおいて、低用量アジスロマイシンを12ヶ月以上用いた全てのCF患者を登録した。臨床データはアジスロマイシン治療開始1年前~開始3年後まで抽出された。当該データは、肺機能解析、増悪率、他の抗菌薬の使用、気道の微生物学的定着の変化など。

結果:
 68人の患者が登録された(平均年齢9.95±3.61歳)。12か月後、呼吸器系の増悪数や他の抗菌薬の使用の減少が得られたものの、その後の期間影響が続かず、むしろそれらはその後増えていった。緑膿菌やブドウ球菌といった微生物の定着について、有意な効果はみられなかった。治療6ヶ月時点で、マクロライド耐性化ブドウ球菌が同定され、その後も耐性化は継続した。

結論:
 若年CF患者に対する1年の低用量アジスロマイシンに臨床的利益はない。マクロライド耐性株が出現するということも考慮すると、CF患者の治療にアジスロマイシンを用いることについては再考が必要であろう。


by otowelt | 2016-06-16 00:13 | 呼吸器その他

女性OSAに対するCPAP療法の有効性

e0156318_23181522.jpg 日本ではまだほとんどが男性ですが、ライフスタイルの欧米化がすすむと女性OSAも増えてくるでしょうね。

Francisco Campos-Rodriguez, et al.
Continuous Positive Airway Pressure Improves Quality of Life in Women with OSA. A Randomized-controlled Trial
Am J Respir Crit Care Med. First published online 15 May 2016 as DOI: 10.1164/rccm.201602-0265OC



背景: 
 CPAP療法は閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の治療選択肢である。CPAPは有症状OSA男性においてQOLを改善する。CPAPはOSA男性のQOLを改善すると言われているものの女性に対するその効果はよくわかっていない。

目的:
 女性の中等症~重症OSA患者に対するCPAP療法がQOLに与える影響を調べること。

方法:
 19のスペインの睡眠センターで実施された多施設共同オープンラベルランダム化比較試験において、307人に連続した中等症~重症OSA女性を登録した(AHI15以上)。女性はランダムに効果的CPAP治療群(151人)あるいは保守的治療(156人)に3ヶ月ランダム化された。プライマリエンドポイントは、Quebec Sleep Questionnaire (QSQ)を用いたQOLの変化とした。セカンダリエンドポイントは、日中の眠気、気分状態、不安症状、抑うつとした。

結果: 
 女性は平均年齢57.1±10.2歳で、ESSは9.8±4.4点、で77.5%が閉経後であった。コントロール群と比較すると、CPAP療法は有意にQSQによるQOL向上が観察され、日中の眠気、気分状態、不安症状、抑うつ、SF-12身体コンポーネントも改善した。

結論:
 中等症~重症OSA女性において、3ヶ月のCPAP治療はQOL、気分状態、不安症状、抑うつ症状、日中の眠気を改善させる。


by otowelt | 2016-06-13 00:03 | 呼吸器その他

出版のお知らせ:もっとねころんで読める呼吸のすべて

 6月29日に「もっとねころんで読める呼吸のすべて ナース・研修医のためのやさしい呼吸器診療とケア2」という本をメディカ出版から出版します。これは前作のねころんで読める呼吸のすべての続編ですが、オムニバス形式なので、どちらの本も好きなところから読んでいただいてOKです!
e0156318_22533574.jpg
発売日 : 2016年6月29日
価格 : 2,000 円 (税別)
出版社 : メディカ出版
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科)

e0156318_13141310.jpgAmazonから予約購入する
e0156318_13141310.jpgメディカ出版から購入する

 研修医、ナースだけでなく呼吸器科に携わるすべての医療従事者に読んでいただきたい一冊です。前作と併せて読むと、呼吸器科ケアのエッセンスがより身に付くと思います。小難しい話は抜きにして、ねころんで笑いながら読み進められる内容にしました。そして、そして!前作に引き続き、ブフッと吹き出す藤井昌子先生描き下ろしの4コマ漫画も多数掲載されています。価格はリーズナブルな2000円据え置き!
e0156318_22394723.jpg
 既に予約を開始しております。呼吸器科史上比類ない癒し系医学書をどうぞ心待ちにしてくださいませ。




by otowelt | 2016-06-03 17:15 | 呼吸器その他

JRSチャネル:呼吸器科医をめざそう 

 日本呼吸器学会のJRSチャナルというコンテンツで「【12人の女性医師】呼吸器科医をめざそう ~その魅力とやりがいを語る~ 」という動画が公開されています。
 私が勤務している近畿中央胸部疾患センターも、女性呼吸器内科医がかなり多い病院です。

URL:http://www.jrs.or.jp/modules/jrschannel/index.php?content_id=4

e0156318_11572358.jpg

by otowelt | 2016-05-21 00:55 | 呼吸器その他

ATS2016閉幕:お疲れ様でした

e0156318_8571862.jpg

 やはりATSは熱気があり、面白いですね。Twitterではたくさんの呼吸器内科医がお祭りのように楽しんでいました。FacebookページでいくつかめぼしいATS2016ニュースをお届けすることができました。

 次回のATS2017はワシントンDCで開催されるようです。SNSが活発になり、国内でスムーズに国際学会の情報が得られるようになったら嬉しいです。
e0156318_12444598.jpg

by otowelt | 2016-05-20 00:25 | 呼吸器その他

ATS2016:Abstractの検索方法が変更

 来週サンフランシスコでATSが開催されます。めぼしい演題についてはいくつかチェックしていますが、当日は夜中にSNSやRSS配信などを通じて情報を集めるのを楽しみにしています。SNSの発展によって、現地に行かずとも大量の学会情報が得られる時代になったのは本当にありがたいことです。今年は臨床・プライベートともに多忙な1年であり、残念ながらブログでATS速報をお届けできそうにありません。

 ちなみに、これまでATSのアブストラクト検索の方法が2016年から大きく変更になりました。分かりにくいところにあるので、順を追ってご説明しましょう。

 まずウェブサイトの「SESSION INFORMATION」をクリックします。
e0156318_22494129.jpg
 次に「Abstract Sessions」をクリックします。
e0156318_22501698.jpg
 Mini Symposia、Poster Discussion Sessionsに重要な臨床試験や大規模な研究の報告が集まっています。Thematic Poster Sessionsのアブストラクト数は極めて膨大です。
e0156318_22525929.jpg
 「Mini Symposia」をクリックしてみると、いくつもセッションが並びます。たとえばCOPD急性増悪のセッションを選んで、「Show Details」を押してみましょう。
e0156318_22572592.jpg
 すると下にズラリとAbstractが出てきます。このようにして気になるセッションのAbstractを読みふけるのもよいでしょう。
e0156318_22591744.jpg
 しかし、気になるAbstractだけをチェックしたいという人は、Abstractをキーワードで検索することができます。
e0156318_238698.jpg
 Presentation Titleにキーワードを入れて検索します。たとえば「”idiopathic pulmonary fibrosis” "nintedanib"」といった感じでクォーテーションマークで区切った複数のキーワードを検索することも可能です。ただし、Abstract単一を検索できずセッショントップが表示される仕様のようです。この場合、「Show Details」をクリックした後、「Ctrl+F」でページ内ワード検索をかければ目的のAbstractをヒットさせることができます。うーん、ちょっと煩雑ですかねぇ。とはいえ、数分程度で目的の演題を検索できるのでヨシとしましょう。
e0156318_23111744.jpg
 これでIPFに関するnintedanibの報告をしたATS2016の演題を検索することができました。


 お問い合わせをいただいていた、在庫切れの喘息の本が入荷したようです。ご迷惑をおかけしました。開業医・家庭医・ジェネラリスト向けに書いた喘息総合本というイメージです。

by otowelt | 2016-05-14 23:18 | 呼吸器その他

ベッドサイド水飲みテストは誤嚥リスクの同定に有用

e0156318_9512122.jpg 意外にもエビデンスが少ない分野ですから、貴重な報告になりそうですね。

Martin B. Brodsky, et al.
Screening accuracy for aspiration using bedside water swallow tests: A systematic review and meta-analysis
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.03.059


背景:
 高齢者の患者では、誤嚥性肺炎による入院は倍増する。嚥下障害による誤嚥をスクリーニングするためのベッドサイドでの水飲みテスト(timed water swallow test:WST)は、合併症や死亡を予防する上で効率的かつ費用削減効果も大きい。わえrわれは、嚥下障害による誤嚥のリスクがある患者を同定するため、ベッドサイドのWSTのスクリーニング精度を評価した。

方法:
 16のオンラインデータベースおよびGoogle Scholarによって2015年5月までの文献を検索した。18歳以上の患者で内視鏡あるいは嚥下造影下でWSTを実施された前向き研究1つのみが妥当と判断された。

結果:
 気道の反応(咳嗽や窒息など)、声の変化(湿性嗄声、ガラガラ音など)が、3手法ベッドサイドWSTによる誤嚥の同定に用いられた。一口サイズ(1-5mL)は、感度71%(95%信頼区間63-78%)、特異度90%(95%信頼区間86-93%)だった。90-100mLの連続摂取は、感度91%(95%信頼区間89-93%)、特異度53%(95%信頼区間51-55%)だった。積極的に増量した水分摂取は、感度86%(95%信頼区間76-93%)、特異度65%(95%信頼区間57-73%)だった。声の変化を伴う気道の反応は、誤嚥同定の精度を向上させた。

結論:
 現在用いられているベッドサイドWSTは、効率的であり、理想的とは言えないがスクリーニングには有用である。連続的に水分を摂取しても明らかな気道の反応や声の変化を伴わない人は、誤嚥のリスクは除外できる。少量の水の摂取で臨床症状がある場合、誤嚥の存在が疑われる。ベッドサイドアプローチの組み合わせによってスクリーニング精度を向上させることができる。


by otowelt | 2016-05-13 00:07 | 呼吸器その他

閉塞性睡眠時無呼吸は職業性外傷を起こしやすい?

e0156318_23181522.jpg Letterです。補正すると有意差消失とのこと。Abstractには結論が書いていませんでした。

A J Hirsch Allen, et al.
Obstructive sleep apnoea and frequency of occupational injury
Thorax doi:10.1136/thoraxjnl-2015-207994


背景:
 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)のある患者が職業性傷害(OI)のリスクを増加させるかどうか調べた。

方法:
 ブリティッシュコロンビア大学病院睡眠検査科でOSAを疑われた患者を登録(2003年5月から2011年7月)、その患者らのOIのタイプを記録した(少なくとも1日休業を余儀なくされたケース)。OI記録はポリソムノグラフィ実施5年前までさかのぼった。

結果:
 結果、OSAの無い患者と比べるとOSA患者はOIをきたすリスクがおよそ2倍高かった(オッズ比1.93, 95%信頼区間1.06 to 3.50, p=0.03)。交絡因子(性別、BMI、アルコール摂取、作業業種)の補正後はその関連性はなくなった(オッズ比1.76, 95%信頼区間0.86 to 3.59, p=0.12)。二次解析では、OSA患者はOSAの無い患者と比べると注意散漫による外傷をきたすリスクがおよそ3倍高かったが(オッズ比2.88, 95%信頼区間1.02 to 8.08, p=0.05)、交絡因子補正後はやはりその関連性がなくなった(オッズ比2.42, 95%信頼区間)。

注意散漫による外傷:「These vigilance related injuriesincluded falls, contact with heat or electricity,motor vehicle crashes and injuriesrelated to slipping/tripping.」


by otowelt | 2016-04-29 00:41 | 呼吸器その他