<   2015年 05月 ( 51 )   > この月の画像一覧

ATS2015:結核高蔓延国における胸水中ADAカットオフ値は低く設定してもよい

e0156318_10521810.jpg



Z. Tong, et al.
Adenosine Deaminase in Pleural Tuberculosis: A Reevaluation of Its Diagnostic Value
ATS2015, B50, Thematic Poster Session


背景:
 胸水中ADAは結核性胸膜炎に有効とされているが、そのカットオフ値はこれまでの研究から40IU/Lが広く受け入れられている。われわれは、レトロスペクティブに血清および胸水中ADAを結核性胸膜炎の患者において測定し、結核高蔓延国における最良のカットオフ値を調べた。

方法:
 レトロスペクティブ研究において、未診断胸水の患者のうち内科的胸腔鏡を実施された患者を登録した。胸水中ADA、血清ADA、胸水中ADA/血清ADA比が測定された。最良の診断カットオフ値を解析した。

結果:
 結核性胸膜炎と悪性胸水を鑑別する上で、胸水中ADAには両群に有意な値差がみられた(P<0.001)。カットオフ値を23.75U/Lに設定すると、胸水中ADAのAUCは0.982、感度90.6%、特異度97.2%であった。血清ADAのAUCは0.463であった。カットオフ値を28.68IU/Lに設定すると、非結核性胸膜炎と比較した場合、結核性胸膜炎の胸水中ADAのAUCは0.918は感度88.5%、特異度72.6%だった。この場合、血清ADAのAUCが0.703に上昇した。胸水中ADA/血清ADA比はカットオフ値2.05で感度86.3%、特異度72.6%だった。胸水中ADAと胸水中ADA/血清ADA比の組み合わせは感度84.2%、特異度89%だった。

結論:
 結核高蔓延国において、結核性胸膜炎の診断に胸水中ADAは低蔓延国よりも低く設定してもよいかもしれない。


by otowelt | 2015-05-19 06:30 | 抗酸菌感染症

ATS2015:COPDGene試験から:吸入薬管理を受けているCOPD患者の急性増悪リスク因子:GERD、女性、高SGRQ

e0156318_10521810.jpg


 非常に参考になる研究です。ただ、男性の方が急性増悪による死亡が多いという報告(Respiration. 2013;85(1):15-26.)もあるので、急性増悪の頻度だけ女性が多いというのはロジックとして合わないなと思いました。基本的に男性の方がリスクが高いと私は思っています。ただ、繰り返す急性増悪は女性に多いという報告が本ATSの別のセッションで紹介されています(補足参照)。
 なお、現時点では過去の急性増悪歴が最たる急性増悪リスク因子と考えられています。GERD、肺高血圧症の存在もすでにリスク因子として報告されています。

R. Busch, et al.
Risk Factors for COPD Exacerbations in Inhaled Medication Users: COPDGene Study Biannual Longitudinal Follow-Up
ATS2015, B23, Poster Discussion Session


背景:
 これまでの研究において、COPD急性増悪がCOPDの臨床経過に与える影響は大きいことがわかっている。吸入治療は急性増悪リスクを減らすことができるが、COPD患者はそれでも頻繁に急性増悪を起こす。われわれは、COPDGene研究のデータを用いて、COPD急性増悪のリスク因子を同定した。

方法:
 チオトロピウム(TIO)、LABA/ICS、SABA・SAMA(SAB)を用いられたCOPD患者2489人のデータがCOPDGene研究から抽出された。薬剤使用(TIO/LABA/ICS, TIO, LABA/ICS, SAB)については患者の自己申告とし、過去1年に急性増悪を起こしたかどうかで患者群を分類した。

結果:
 各吸入薬使用群ごとに患者背景に差はみられなかった。
 多変量モデルにおいて、GERDの存在(トリプル吸入療法:オッズ比1.62 、95%信頼区間1.11-2.38、LABA/ICS:オッズ比1.96、95%信頼区間1.21-3.15)、女性(トリプル吸入療法:オッズ比1.53、95%信頼区間1.05-2.21、LABA/ICS:オッズ比1.90、95%信頼区間1.19-3.05)、高SGRQスコア(トリプル吸入療法:オッズ比1.02、95%信頼区間1.00-1.03、LABA/ICS:オッズ比1.03、95%信頼区間1.01-1.04)は有意に急性増悪を予測する因子であった。
 LABA/ICSと比較するとTIO単剤群の患者の方が急性増悪は少ない傾向にあった(オッズ比0.69、95%sン来区間0.45-1.06, p= 0.09)。また、気管支喘息の診断を受けていない(ACOS非合併)患者のリスクは低かった(オッズ比0.56、95%信頼区間0.31-1.00, p=0.05)。

結論:
 吸入薬による長期管理を受けているCOPD患者において、SGRQスコア、GERD、女性は急性増悪を予測するリスク因子であった。気管支喘息のないCOPD患者ではTIO単剤がリスクを減らす傾向にあると考えられる。


(補足)
 女性の場合、繰り返すCOPD急性増悪が多くなるという報告です。それでも全体からすればCOPD急性増悪そのものは男性の方に多いと考えられます。

E.R. Narewski, et al.
Short-Term Impact of Frequency of COPD Exacerbations on Quality of Life
ATS2015, B34, Thematic Poster Session



by otowelt | 2015-05-19 06:05 | 気管支喘息・COPD

ATS2015:非嚢胞性線維症の気管支拡張症は、嚢胞性線維症の気管支拡張症より予後良好

e0156318_10521810.jpg



 海外では嚢胞性線維症の気管支拡張症の方が多いこともあるんだなとしみじみ感じます。そう考えると、アジアの気管支拡張症の生命予後はまだ長い方なのでしょう。

D. Hayes, et al.
Survival in Advanced CF and Non-CF Bronchiectasis, [Publication Page: A2447]
ATS2015, B14, Mini Symposium


背景:
 非嚢胞線維症(CF)気管支拡張症のエビデンスは蓄積されており、通常のCF気管支拡張症とは異なることが示唆されている。進行性の両気管支拡張症の生存期間の違いについてはほとんどデータがない。

方法:
 UNOSデータベースを用いて、1987年から2013年の間に肺移植の候補となった非CF/CF気管支拡張症の患者を登録した。患者の生存期間を解析した。

結果:
 2940人の気管支拡張症の肺移植候補が登録された(220人:非CF、2720人:CF)。2228人が単変量CoxおよびKapalan-Meier生存解析を実施され、1623人が多変量Coxモデルを用いて解析された。
 単変量解析では、CFと比較して非CF気管支拡張症は有意に生存期間が長かった(ハザード比0.536、95%信頼区間0.409-00.701、p < 0.001)。Kaplan-Meier曲線を以下に示す(p < 0.0001)。
e0156318_10132756.jpg
(Abstractより引用)

 潜在的な交絡因子で補正をした多変量Coxモデルでは、肺移植候補となった非CF気管支拡張症患者において有意な死亡リスクの低下がみられた(ハザード比0.622; 95%信頼区間0.444-0.872; p = 0.006)。

結論:
 肺移植候補となった進行期の気管支拡張症の患者の死亡リスクは、非CF患者の方が低い。


by otowelt | 2015-05-19 06:01 | 呼吸器その他

ATS2015:閉塞性睡眠時無呼吸は抑うつのリスク?

e0156318_10521810.jpg



会場にて、以下の発言。
「Excessive daytime sleepiness and severe OSA were both associated with depression in our sample of men. The presence of both was associated with an even greater risk―――」。

C.J. Lang, et al.
Obstructive Sleep Apnea (OSA) and Excessive Daytime Sleepiness (EDS) are Associated with Depression in a Community Based Population of Australian Men
ATS2015, Scientific Abstract


概要:
 35歳から83歳までのOSA男性を組み込んだ研究。5年におよぶ研究で、2時点で抑うつの解析をおこなった。ランダムサンプルとして857人のOSAと診断されていない患者データを参照にした。
 潜在的交絡因子で補正すると、過去に重症OSAと診断された場合抑うつの頻度が増加した(補正オッズ比2.1, 95%信頼区間1.1-4.0), また日中の眠気も増加した(補正オッズ比1.1, 95%信頼区間1.0-1.2)。
 未診断OSAと日中の眠気を過去に有していた男性は、そうでない男性と比べて4~5倍抑うつのオッズ比が高かった。過去にOSAと診断されていた場合(オッズ比2.0, 95%信頼区間1.15-3.45)、過去に未診断重症OSAがあった患者(オッズ比2.9, 95%信頼区間1.19-6.92)でも抑うつは増加した。


by otowelt | 2015-05-19 04:21 | 呼吸器その他

ATS2015:3Dプリント技術による気道ステントの作製

e0156318_10521810.jpg



 科学技術の進歩は素晴らしいですね。

G.Z. Cheng, et al.
Creating Personalized Airway Stents via 3D Printing
ATS 2015, B103, Poster Discussion Session


概要:
 現在の気道ステントはシリコン製、金属製、ハイブリッド素材が用いられているが、高価で合併症が多いため使用しにくい。もっとも主要な合併症はステントの移動と肉芽形成である。
 われわれは、解剖学的な解析に基づいた個人に合った気道ステントを作成した。3DCTに基づいた解剖学的精度の高いデータを作成し、3Dプリント技術を用いて個人に合った気道ステントを作製した。技術的には実用可能であり、今後の研究が期待される。
e0156318_23432781.jpg
(Abstractより引用:現在のYステントと3Dプリンターで作製した気道ステント)


by otowelt | 2015-05-19 04:10 | 気管支鏡

ATS2015:低アルブミン血症と胸部レントゲン写真上浸潤影は気管支拡張症の急性増悪による入院日数を延長

e0156318_10521810.jpg



H.Y. Lim, et al.
Serum Predictors for Outcome of Hospitalization During Exacerbation of Bronchiectasis in Adults
ATS2015, B15, Mini Symposium


背景:
 気管支拡張症の急性増悪は、全身性炎症反応の増加によって特徴づけられる。CRPや急性相タンパクは急性増悪時に上昇し、HRCT重症度スコアやQOLと関連している。CRP、白血球数、赤沈といった炎症性マーカーの役割は安定期気管支拡張症の患者において限定的である。しかしながら、これらの血清マーカーが在院日数や死亡率といったアウトカムに影響を与えるかどうかはいまだ不明である。

方法:
 318人の患者が気管支拡張症の急性増悪によって入院した。これらの患者における、背景、喫煙歴、合併症、呼吸機能検査、BMI、入院時血液検査、胸部画像所見、在院日数、死亡率をレトロスペクティブに調べた。

結果:
 入院後48時間以内に高感度CRPを測定された256人の患者が解析対象となった。98人(38%)が男性であった。年齢中央値および1秒量予測値はそれぞれ72歳(IQR 62-80歳)、47%(IQR37-54%)だった。在院日数中央値は5日(IQR4-8日)だった。在院日数は有意に高感度CRP(R2=0.141, p=0.024)、ヘモグロビン値(R2=-0.158, p=0.011)、好中球数(R2=0.179, p=0.004)、アルブミン値(R2=-0.316, p<0.0001)と関連していた。年齢、血小板数、プロカルシトニン値、BMI、1秒量予測値との関連性はなかった。多変量解析において、血清アルブミン値が32g/L未満、胸部レントゲン写真における浸潤影の存在は5日を超える在院日数を予測する独立因子であった。反面、高感度CRP値、好中球数、男性、70歳超、ヘモグロビン値は5日を超える在院日数を予測する独立因子ではなかった。

結論:
 気管支拡張症の急性増悪時の高感度CRP値、ヘモグロビン値、好中球数、血清アルブミン値と在院日数には関連がみられた。低アルブミン血症や胸部レントゲン写真における浸潤影の存在は5日を超える在院日数の独立予測因子であった。


by otowelt | 2015-05-19 01:37 | 呼吸器その他

ATS2015:抗ARS抗体陽性間質性肺疾患の長期予後はIPFより良好か

e0156318_10521810.jpg


K. Tanizawa, et al.
The Long-Term Outcome of Interstitial Lung Disease with Anti-Aminoacyl-tRNA Synthetase Antibodies
ATS 2015, A39, Thematic Poster Session


背景:
 抗ARS抗体が陽性の間質性肺疾患の予後についてはデータがほとんどない。そのため、われわれは抗ARS抗体が陽性の間質性肺疾患の患者を本研究に登録した。われわれが過去に示したように、PM/DMのないARS-ILDはCTD-ILDおよびPM/DMを有するARS-ILDは画像上類似しており病理学的なNSIPパターンを示唆するとしているが、われわれは本研究においてARS-ILDと抗ARS抗体を有さないIPFを比較検討した。

方法:
 2施設共同のレトロスペクティブ試験において、ARS-ILDの長期アウトカムを調べた。新規にARS-ILDと診断された36人、新規に抗ARS抗体陰性IPFと診断された92人を登録した。

結果:
 36人のARS-ILD患者のうち、PMが7人、DMが12人に診断され、残りの17人はPM/DMの発症はなかった。ARS-ILDはIPFと比較して女性、非喫煙者に多かった。(女性: ARS-ILD, 19/36, 53% vs. IPF, 22/92, 24%; P < 0.01, 非喫煙者: ARS-ILD, 23/36, 64% vs. IPF, 20/92, 22%; P < 0.01)。呼吸機能検査については両群ともに同等であった。観察期間中(中央値49ヶ月)、7人のARS-ILD患者、51人のIPF患者が死亡した。生存解析ではARS-ILDはIPFよりも予後が良好であった(P < 0.01)。

結論:
 ARS-ILDの長期アウトカムはIPFよりは良好である。


(補足)
 私たちがcNSIPだと思っている患者群の中には、いわゆる抗ARS抗体症候群の患者が含まれている可能性が示唆されています。ATSの会場でもいくつかそういった報告がありました。

Y. Funaki, et al.
Clinical Characteristics of Idiopathic Nonspecific Interstitial Pneumonia with Anti-Aminoacyl-tRNA Synthetase Autoantibody
ATS 2015, A39, Thematic Poster Session

H. Kitamura, et al.
High Frequency of Anti-Aminoacyl-tRNA Synthetase Autoantibodies Detected in Patients with Idiopathic Cellular Nonspecific Interstitial Pneumonia
ATS 2015, A39, Thematic Poster Session



by otowelt | 2015-05-18 10:20 | びまん性肺疾患

ATS2015:LAMに対するシロリムスは血清VEGF-D値を減少させる

e0156318_10521810.jpg



A.M. Taveira-DaSilva, et al.
Long-Term Effect of Sirolimus Treatment on Serum Levels of VEGF-D in Lymphangioleiomyomatosis
ATS 2015, A31, Poster Discussion Session


背景:
 血清VEGF-D値はLAMの何人科の患者で上昇がみられ、る。血清VEGF-Dは診断的バイオマーカーであることが知られているが、MILES試験ではこの値はLAMの重症度、運動耐容能定価、酸素必要性の上昇と関連があるとされている(Young LR, et al. Lancet Respir Med 2013; 1:445)。
 またシロリムス治療によってVEGF-D値が低下することが示唆されている。この研究の目的は、長期シロリムスの使用がVEGF-D値を下げるかどうか調べたものである。

方法:
 血VEGF-D値および呼吸機能検査をシロリムス治療を受けている11人のLAM患者から抽出した。

結果:
 患者の平均年齢は43±9歳だった。11人中8人が酸素療法を受けていた。初期1秒量およびDLCOはそれぞれ予測値の74±20%、59±13%だった。患者は平均3.3±1.4年フォローアップを受けた。
 図に示すように、血清VEGF-D値はシロリムスを受けた11人の患者で経年的に減少がみられた。VEGF-D値はシロリムス投与前後で2,937±2,051 ng/ml から1,464±923 ng/ml へ減少(5ヶ月時)、865±416 ng/ml へ減少(14ヶ月時), 684±345 ng/mlへ減少(30ヶ月時)(p<0.001, by ANOVA)。このVEGF-Dの減少は長期間観察された。また、経年的な1秒量の減少抑制効果、DLCO減少抑制効果もみられた。
e0156318_7122621.jpg
(Abstractより引用)

結論:
 血清VEGF-D値は、シロリムスの効果を裏付ける有用なツールである。


(補足)
・同じ演者で、呼吸機能検査をLAMの患者さんに実施しても気胸の発生が有意に増えるワケではないという旨の発表もおこなわれています。

Prevalence of Pneumothoraces in Lymphangioleiomyomatosis Patients Undergoing Pulmonary Function and Exercise Testing
ATS 2015, A31, Poster Discussion Session


・VEGF-Dについての有用性については日本からも報告があります
K. Ando, et al.
Role of Lymphangiogenic Growth Factors in the Pathogenesis of Lymphangioleiomyomatosis
ATS 2015, A31, Poster Discussion Session




by otowelt | 2015-05-18 09:41 | びまん性肺疾患

ATS2015:全身性強皮症関連間質性肺疾患に対するピルフェニドンの可能性

e0156318_10521810.jpg



 IPFの疾患概念は0-100でクリアカットに分けられる病態ではないため、UIP/IPFにしかピルフェニドンは効果がないというのは論理的ではありません。将来的には適応が広がるのではないかと思いますが、その前にさらなる抗線維化薬が登場するかもしれません。

D. Khanna, et al.
Safety and Tolerability of Pirfenidone in Patients with Systemic Sclerosis-Associated Interstitial Lung Disease - The LOTUSS Study
ATS 2015, A26, Poster Discussion Session


概要:
 この研究は、全身性強皮症(SSc)と診断された患者において、胸部HRCTで間質性肺疾患(ILD)が指摘された肺予備能を保持した(努力性肺活量[FVC]50%以上、DLCO40%以上)患者に対するピルフェニドンの効果を検討したものである。16週時点において、%FVCは中央値で-0.5%(-42~12%)の変化がみられ、10人の患者は5%以上の上昇、5人は5を超えて減少した。DLCOも増加したものと減少したものがいた。有害事象については過去のピルフェニドンで報告されていたものと差異はなかった。SSc-ILDの患者に対するピルフェニドンには忍容性があると考えられた。前向きの比較試験が望まれる。


by otowelt | 2015-05-18 08:37 | びまん性肺疾患

ATS2015:関節リウマチ関連間質性肺疾患と抗CCP抗体の関連

e0156318_10521810.jpg



 RA-ILDの患者さんは当院にも多数来院されます。

S. Matson, et al.
The Predictive Value of CCP Antibodies in Rheumatoid-Arthritis Interstitial Lung Disease
ATS 2015, A26, Poster Discussion Session


背景:
 関節リウマチ(RA)はアメリカ人の成人の1%にみられるcommon diseaseである。これに関連する間質性肺疾患(RA-ILD)は、患者の60%にものぼるほどよくみられる病態である。RAに特異的とされる抗CCP抗体が高値であることはRA-ILDのリスクを上昇させるかもしれない。われわれは、この関連性について調べた。

方法:
 RA-ILD患者54人およびコントロール患者(胸部画像でUIPあるいはNSIPを疑われたがRAのないもの)111人を登録。抗CCP抗体陽性と臨床的な特徴をこの2群において比較検討した。

結果:
 RA患者54人のうち、抗CCP抗体は既往喫煙者(85% vs. 54%, p=0.012)や男性(92% vs. 52%, p=0.001)で有意に高かった。胸部HRCTにおいてUIPパターンが観察されたのは抗CCP抗体陽性患者であった(非UIPと比較、60% vs. 39%, p=0.009)。

結論:
 RA患者において抗CCP抗体は男性、喫煙者に多かった。これは臨床的なRA-ILDフェノタイプと関連している。抗CCP抗体は胸部画像上UIPパターンの患者に多くみられた。


(補足)
 fibrobrastic foci score、germinal centers score がUIP/IPFとUIP/RAの鑑別に有用であるという報告も同セッションで報告されています。

Y. Tsuchiya, et al.
Usual Interstitial Pneumonia Preceding Rheumatoid Arthritis: Clinical and Histologic Features
ATS 2015, A26, Poster Discussion Session



by otowelt | 2015-05-18 07:58 | びまん性肺疾患