<   2016年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

喫煙COPD患者において電子たばこは主観的・客観的COPDアウトカムを改善

e0156318_23175684.jpg よくわからんので私は中立的な立場ですが、電子たばこはいいんだ!という意見も出てきました。

Polosa R, et al.
Evidence for harm reduction in COPD smokers who switch to electronic cigarettes.
Respir Res. 2016 Dec 16;17(1):166.


背景:
 電子たばこ(ECs)は蒸発作用のあるニコチン喫煙のための充電式デバイスである。ニコチンは、喫煙者に対してたばこ消費をなくしたり減らしたりする作用がある。COPDのある喫煙者に対するECの健康的な影響のデータは欠如しており、定期的な使用が主観的および客観的なCOPDアウトカムを改善するかどうかも分かっていない。
 われわれは、ECを補助的に使用したり単独で使用したりしてたばこ消費量をゼロにしたりやめたりしたCOPDと診断された喫煙者の、客観的および主観的な呼吸器系アウトカムの長期的変化を調べた。

方法:
 われわれは、少なくとも2回のフォローアップにおいて定期的なEC毎日使用を報告したCOPD患者を後ろ向きにレビューした。定期的に喫煙しているCOPD患者をリファレンス群と設定した。

結果:
 EC使用者で著明なたばこ消費量の減少がみられた。COPD増悪についても、EC使用群で有意に減少した(フォローアップ1回目:平均2.3±1→1.8±1、p = 0.002、フォローアップ2回目:→平均1.4 ±0.9、p < 0.001)。従来のたばこを使用しつつもECも使用している場合においてもCOPD増悪の有意な減少がみられた。COPD症状および身体活動性はEC群で有意に改善したが、リファレンス群では変化はなかった。

結論:
 COPDを有する喫煙者におけるECの使用は、たばこ消費量を減らし、年間COPD増悪発生だけでなく主観的および客観的COPDアウトカムについても改善をもたらした。

by otowelt | 2016-12-27 00:11 | 気管支喘息・COPD

BAL中と肺組織検体中の石綿小体には相関性がある

e0156318_9511053.jpg 気管支鏡における石綿小体の研究は多くないので、参考になりますね。

Cruz MJ, et al.
Utility of Bronchoalveolar Lavage for the Diagnosis of Asbestos-Related Diseases.
Arch Bronconeumol. 2016 Nov 30. pii: S0300-2896(16)30254-X. doi: 10.1016/j.arbres.2016.08.016. [Epub ahead of print]


背景:
 気管支肺胞洗浄(BAL)解析は、石綿曝露を確定するための客観的技術として用いられている。しかしながら、この手技によるその診断能はしっかりと検討されていない。この研究の目的は、石綿関連疾患の診断に対するBAL中の石綿小体(AB)の有用性を調べたものである。

方法:
 72人のBAL検体(男性66人、平均年齢66歳)が解析された。肺組織は23人から採取された。石綿曝露は病歴から調べ、患者の診療録をレビューした。BALおよび肺組織検体を用いてABをカウントした。BAL1mLあたり1本のABあるいは乾燥肺組織検体1gあたり1000本のABを診断カットオフ値とした。

結果:
 39人に石綿曝露があった。これらのうち、13人(33%)がBAL1mL中1本超のABを有していた。323人の非曝露患者のうち、5人(15%)がBAL1mL中1本超のABを有していた。曝露患者と非曝露患者の間でABに有意な差がみられた(P=.006)。ROC曲線では、BAL1mLあたり0.5本のABが妥当なカットオフ値と類推された(感度46%、特異度83%)。BALにおけるABと肺組織生検のABには相関性がみられた(P=.002)。

結論:
 BALの所見は客観的に石綿曝露の証拠となりうる。BAL中のAB数と肺組織生検のAB数には相関がみられ、両技術ともに石綿解析に有用と考えられる。

by otowelt | 2016-12-26 00:09 | 気管支鏡

メタアナリシス:中心静脈カテーテル留置後のカテーテル位置異常と気胸の同定にベッドサイド超音波は有用

e0156318_173229100.jpg 結局レントゲンは撮るのでしょうが、手元にエコーがあれば確認しておきたいですね。

Ablordeppey EA, et al.
Diagnostic Accuracy of Central Venous Catheter Confirmation by Bedside Ultrasound Versus Chest Radiography in Critically Ill Patients: A Systematic Review and Meta-Analysis.
Crit Care Med. 2016 Dec 5. [Epub ahead of print]


目的:
 われわれは、中心静脈カテーテルの位置を確認し気胸を否定するための胸部レントゲン写真と比較したベッドサイド超音波検査の診断能を調べるために、システマティックレビューおよびメタアナリシスを実施した。

データ元:
 PubMed, Embase, Cochrane Central Register of Controlled Trials reference lists, conference proceedings, ClinicalTrials.gov。

研究選択:
 中心静脈カテーテルの確認のために胸部レントゲン写真と比較したベッドサイド超音波の診断能(2×2分割表)を記載した文献およびアブストラクトを抽出。プライマリアウトカムは、カテーテルの位置確認および気胸の同定の精度とした。セカンダリアウトカムは、実現可能性、評価者間信頼性、中心静脈カテーテル位置確認のためのベッドサイド超音波の効率性とした。

データ抽出:
 研究者は試験デザイン、カテーテル位置異常や処置による気胸を同定するためのエコー描画技術を含め詳細に研究を抜粋した。診断能をみるため、感度、特異度、陽性尤度比、陰性尤度比を算出した。

データ統合:
 15の研究(1553の中心静脈カテーテル留置)が登録された。
 中心静脈カテーテル位置異常の診断において、ベッドサイド超音波は感度82%(95%信頼区間77~86%)、特異度98%(95%信頼区間97~99%)だった。また、陽性尤度比は31.12(95%信頼区間14.72~65.78)、陰性尤度比は0.25(95%信頼区間0.13~0.47)だった。気胸の同定については、登録された研究では100%近い同定率であった。ベッドサイド超音波は中心静脈カテーテルの確認時間を平均58.3分短縮した。リスクバイアスおよび異質性は高かった。
e0156318_1429448.jpg
(文献より引用)

結論:
 ベッドサイド超音波検査は胸部レントゲン写真よりも、中心静脈カテーテル留置後の気胸同定を迅速に判断できる。中心静脈カテーテルの位置異常があったとき、ベッドサイド超音波で5人中4人に同定が可能である。

by otowelt | 2016-12-23 00:11 | 集中治療

AETHER試験:IPFに対するヒト間葉系幹細胞静注療法

e0156318_22194053.jpg 2014年にRespirologyでもMSCの報告がされています。

・特発性肺線維症に対する胎盤由来間葉系幹細胞の投与の安全性について

Glassberg MK, et al.
Allogeneic human mesenchymal stem cells in patients with idiopathic pulmonary fibrosis via intravenous delivery (AETHER): a phase I, safety, clinical trial.
Chest. 2016 Nov 24. pii: S0012-3692(16)62462-5. doi: 10.1016/j.chest.2016.10.061. [Epub ahead of print]


背景:
 最近FDAはIPFに対して2つの薬剤を承認したが、治癒可能な治療法はいまだに存在せず疾患死亡率は高い。臨床前および臨床データによってヒト間葉系幹細胞(MSC)が潜在的な新規治療法として報告されている。AETHER試験は、IPF患者に対する骨髄由来MSCの単回静注の安全性を評価した初めての臨床試験である。

方法:
 9人の軽症~中等症IPF患者が連続して3つのうちの1つのコホートに登録され、非近親の若年男性ドナーから得られたMSCを単回静注(20×106、100×106、200×106)された。すべてのベースライン患者データは、多面的研究チームによってレビューされた。プライマリエンドポイントは、治療による重篤な有害事象の発生とした(死亡、非重篤肺塞栓、脳卒中、呼吸困難による入院、臨床的に有意な検査データ異常)。

結果:
 治療関連の重篤な有害事象は報告されなかった。2つの治療と関連しない死亡がみられ、これはIPFの進行であった。静注後60週までに、平均3.0%の%努力性肺活量の減少がみられ、平均5.4%の%DLCOの減少がみられた。

結論:
 軽症~中等症IPFの患者においてヒトMSC静注は安全に実施できると考えられる。

by otowelt | 2016-12-22 00:36 | びまん性肺疾患

スピリーバ®は喫煙者喘息にも有効:吸入後短時間での肺機能を検討

e0156318_23175684.jpg 吸入後の短い時間でのLAMAの効果について検証したものです。喫煙者の方が効果は大きいと言えます。

Yoshida M, et al.
Effects of tiotropium on lung function in current smokers and never smokers with bronchial asthma.
Pulm Pharmacol Ther. 2016 Nov 22. pii: S1094-5539(16)30169-9. doi: 10.1016/j.pupt.2016.11.004. [Epub ahead of print]


背景:
 現喫煙者および非喫煙者のICS等で治療されている喘息患者に対する吸入LAMAであるチオトロピウムの肺機能への効果を調査した。

方法:
 われわれは二重盲検プラセボ対照比較試験を実施し、現喫煙者9人・非喫煙者9人にチオトロピウム単回吸入をプラセボとクロスオーバーで吸入してもらった。肺機能はチオトロピウム18μgあるいはプラセボの吸入から1時間後、3時間後、24時間後に測定した。プライマリアウトカムはベースラインからの1秒量変化、セカンダリアウトカムはピークフロー、V50(ブイドット50)、V25(ブイドット25)とした。

結果:
 喘息患者の平均1秒量は喫煙者2590mLで、非喫煙者2220mLだった。平均ICS用量はそれぞれ1208μg/日、1000μg/日だった。プラセボと比較してチオトロピウムの吸入では、3時間後のベースラインからの1秒量の増加がみられた(喫煙者169mL、非喫煙者105mL)。ピークフロー、V50、V25についてもチオトロピウム吸入の方が有意に大きかった。喫煙者の喘息患者の方が1秒量やピークフローの改善が大きい傾向にあったが、統計学的な差は観察されなかった。

結論:
 チオトロピウムは現喫煙者および非喫煙者の喘息の肺機能を改善した。チオトロピウムは気管支喘に対する新しい治療戦略として支持される。

by otowelt | 2016-12-21 00:43 | 気管支喘息・COPD

GALA II研究・SAGE II研究:認識型人種差別と喘息の関連

e0156318_9511160.jpg 言わずもがなの結果ですが、重要なことです。

Neeta Thaku, et al.
Perceived Discrimination Associated with Asthma and Related Outcomes in Minority Youth: The GALA II and SAGE II Studies
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.11.027


背景:
 喘息は不釣り合いに一部の集団に影響を与え、人種差別といった精神社会的ストレスと関連している。われわれは、喘息およびコントロール不良喘息を有するアフリカ系アメリカ人およびラテン系若年層における認識型差別(perceived discrimination)の影響について調べた。

方法:
 われわれがアフリカ系アメリカ人(954人)、メキシコ系アメリカ人(1086人)、他のラテン系アメリカ人(522人)、プエルトリコ・アイランダーズ(1025人)の若年者(8~21歳)をGALA II研究およびSAGE II研究から抽出した。喘息は主治医の診断で定義され、喘息コントロールはNHLBIガイドラインで定義された。認識型人種差別は差別経験に対するアンケートを学校、医療機関、公共の場で実施することで拾い上げた。われわれは、認識型差別と喘息アウトカムの関連を調べ、社会経済的ステータス(SES)と世界的にアフリカ人の祖先を持つことがこれらの関連に影響を与えるか調べた。

結果:
 差別経験のあるアフリカ系アメリカ人の小児は、そうした経験のない小児と比較して喘息のオッズ比を78%上昇させた(オッズ比1.78; 95%信頼区間1.33-2.39)。同様に、差別経験のあるアフリカ系アメリカ人の小児は、喘息コントロール不良と関連していた(オッズ比1.97; 95%信頼区間1.42-2.76)。
 これらの関連性はラテン系アメリカ人小児の間には観察されなかった。
 SESは、メキシコ系アメリカ人および他のラテン系アメリカ人において、喘息を有する若年層の間で認識型差別の影響を悪化させた。


結論:
 認識型差別はアフリカ系アメリカ人の若年層で喘息およびコントロール不良喘息のオッズ比を上昇させる。SESはメキシコ系アメリカ人および他のラテン系アメリカ人での喘息を有する若年層の間で認識型差別の影響を増加させた。

by otowelt | 2016-12-20 00:33 | 気管支喘息・COPD

チオトロピウム吸入においてディスクエア®はハンディヘラー®に非劣性

e0156318_2328395.jpg ディスクエアは見た目はほぼディスカスですが、ロックがついていたり、ワンタッチ操作であったり、やや改善された進化版です。

Yildiz P, et al.
Bronchodilator efficacy of 18 μg once-daily tiotropium inhalation via Discair® versus HandiHaler® in adults with chronic obstructive pulmonary disease: randomized, active-controlled, parallel-group, open-label, Phase IV trial.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2016 Nov 22;11:2859-2867. eCollection 2016.


目的:
 18μgのチオトロピウム吸入をディスクエア®あるいはハンディヘラー®の行った場合の気管支拡張効果を成人中等症~重症COPD患者で比較すること。

患者および方法:
 58人の中等症~重症COPD患者が登録され、ランダム化された。患者はランダムにディスクエア群(29人)、ハンディヘラー群(29人)に割り付けられた。プライマリ効果パラメーターは平均1秒量最大変化(L)とした。その他、努力性肺活量変化(L)、%1秒量、%努力性肺活量、1秒量および努力性肺活量の絶対変化に対する標準化AUC、安全性などを調べた。

結果:
 ディスクエアはハンディヘラーに非劣性であった(非補正1秒量変化0.0017 L [95%信頼区間-0.0777~0.0812])。ベースラインからの努力性肺活量の最大変化は両群で差はなかった(0.3417 L vs 0.4438 L, P=0.113)。特記すべき有害事象なども認められなかった。

結論:
 中等症~重症COPDに対するチオトロピウム吸入において、ディスクエアはハンディヘラーに非劣性であった。。

by otowelt | 2016-12-19 00:50 | 気管支喘息・COPD

クリスマスBMJ2016:目次

e0156318_1229159.jpg


 BMJは言わずと知れた世界トップクラスの医学雑誌です。BMJは、年に1回クリスマスの時期に“おふざけ”論文をたくさん出版します。この企画は基本的にジョークで、内容自体はどうでもいいものばかりです。しかし、オバカなテーマでもBMJ風に真面目に論じらているものが多いので、医師は興味深く読むことができるでしょう。少しでも医学論文に興味を持ってくれる若者が増えれば、という目的もあろうかと思います。

 このクリスマスBMJの目次ページは、論文を読むたびに随時更新していきます。

<クリスマスBMJ 2016 目次>

クリスマスBMJ2016:夏は足爪検体が多い?オープントゥサンダル症候群
クリスマスBMJ2016:スマホで眼底が見える?
クリスマスBMJ2016:尿からアスパラガスのニオイが分かる人とそうでない人の違い
クリスマスBMJ2016:アンジェリーナ・ジョリーの一件はBRCA検査と乳房切除術を増加させたか?
クリスマスBMJ2016:アカデミックなスパムメールは減らせない
クリスマスBMJ2016:サンタクロースは貧困地域にはやってきにくい
クリスマスBMJ2016:薬剤のスペルミスには要注意
クリスマスBMJ2016:ポケモンGOは一時的に歩数を増やす
クリスマスBMJ2016:人生を楽しく生きると長生きする
クリスマスBMJ2016:“post-truth社会”はエビデンスに影響を与えるのか?
クリスマスBMJ2016:胸郭形成術を受けた93歳男性
クリスマスBMJ2016:違法薬物と道徳、倫理



by otowelt | 2016-12-18 10:22 | その他

クリスマスBMJ2016:夏は足爪検体が多い?オープントゥサンダル症候群

e0156318_2395893.jpg オープントウサンダルかオープントゥサンダルか迷いましたが、ファッション雑誌では後者の方がよく用いられているようです。

Andrew M Borman, et al.
Open toe sandals syndrome
BMJ 2016; 355 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i6496 (Published 15 December 2016)
Cite this as: BMJ 2016;355:i6496
 

 夏場には皮膚検体が検査室に提出されることが多くなるが、その内訳をみてみると、どうやらつま先の爪が提出されることが多いことが分かった。
e0156318_23424958.jpg
(文献より引用)

 このような季節性の変化を解明すべく、私たちは「足(つま先)の爪」の検体が夏に多く提出される仮説を考えた。

①同部位の感染症が本当に多い、おそらく年初に共同スポーツ施設を使用したことが原因。「クリスマス後耽溺ジム症候群“post Christmas indulgence gym syndrome” (PCIGS)」と名付けた。
②夏になった足がさらけだされ、そこにもともとあった真菌感染症に気づく例が多いため。すなわち「あらいやだ、見てこんな病気が“Oh no, look at those syndrome” (ONLATS)」。
③夏の履物のせいで足がやや醜く見えることが増え、これが皮膚感染症ではないかと懸念する。すなわち、「オープントゥサンダル症候群“open toe sandals syndrome” (OTSS)」

 提出された爪の検体はその検体数の増加と関係なく、一定の割合で感染症が存在する。そのため、PCIGSあるいはONLATSは考えにくい。となると、OTSSの可能性が高いのではないか。夏場にオープントゥサンダルを履くと、機械的刺激で爪が白くなることがある。これは一見真菌感染症にように見えなくもない。

 12月になると皮膚検体が少なくなるので、将来「“too busy preparing for Christmas” (TBPC)」または「“too inebriated to care” (TITC)」についても研究したい。

by otowelt | 2016-12-15 23:57 | その他

クリスマスBMJ2016:スマホで眼底が見える?

e0156318_2395893.jpg スマホでGram染色の写真を撮っている若手医師は多いでしょうね。

Christmas BMJ 2016
Andrew Blaikie, et al.
Arclight: a pocket ophthalmoscope for the 21st century
BMJ 2016; 355 doi: 10.1136/bmj.i6637 (Published 14 December 2016) Cite this as: BMJ 2016;355:i6637

 
 2000年のBMJでホームメイド検眼鏡というのが紹介され、眼科医の間でその話が広まりました。その後、試行錯誤をへて、今スマホで眼底をみることができるのではないかというところまで来ているという話題です。スマホを固定しないとかなり難しそうですが、こんな時代になったのかと驚かされます。

 スマホで内視鏡検査ができる時代も・・・・、、いや、来るワケありませんね。

e0156318_1452627.jpg
(文献より引用:Fig 3[転用元:http://www.bmj.com/content/355/bmj.i6637])

by otowelt | 2016-12-15 14:08 | その他