<   2017年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

重症喘息に対するヌーカラ®とゾレア®の間接比較

e0156318_1736469.jpg  間接比較ですが、ヌーカラ®を推したいのかな、と感じました。


Sarah M. Cockle, et al.
Comparative effectiveness of mepolizumab and omalizumab in severe asthma: An indirect treatment comparison
Rspiratory Medicine, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.rmed.2016.12.009


背景:
 重症喘息はheterogeneousな疾患である。好酸球増多とアレルギー性の喘息フェノタイプの両方を有する患者は、メポリズマブおよびオマリズマブの治療の適応となりうる。このオーバーラップがみられる喘息集団の治療効果のエビデンスがあれば、臨床意思決定に追加的情報を与えるかもしれない。

方法:
 システマティックレビューと間接的治療比較(ベイズ理論)によって、標準治療にメポリズマブとオマリズマブを上乗せした場合の効果の比較および忍容性を調べた。プライマリ解析に組み込まれた研究は、重症喘息患者における二重盲検ランダム化比較試験とした。2つの集団を調べた:①潜在的に両方のモノクローナル抗体治療に適格基準を満たす集団、②どちらかのモノクローナル抗体治療に適格基準を満たす集団。

結果:
 ①のオーバーラップ集団において、発作の頻度、入院を要する発作の頻度に臨床的に有意な差は観察されなかった。しかし、傾向としてはメポリズマブの方が望ましいと言える(それぞれ率比0.66 [95%確信区間0.37,1.19]; 0.19[0.02,2.32])。②の集団において、メポリズマブ治療は、臨床的に有意な発作の頻度を減らした(率比0.63 [95%確信区間0.45,0.89])ものの、入院を要する発作については有意差はなかった(率比0.58 [95%確信区間0.16,2.13])(それでもメポリズマブの方が良い傾向にあった)。肺機能や忍容性プロファイルに対する影響は両薬剤とも同等であった。

結論:
 限定的なエビデンスと異質性の存在から断言はできないが、重症喘息患者に対するメポリズマブの使用は少なくともオマリズマブと同等の効果を有し忍容性プロファイルは差がみられないと思われる。




▼楽天

by otowelt | 2017-01-17 00:33 | 気管支喘息・COPD

COPD患者の3分の2が吸入手技不良

e0156318_945442.jpg 65.5%は多いですね。毎日間違った方法で吸入しても、効果は得られません。

Anne C. Melzer, et al.
Patient characteristics associated with poor inhaler technique among a cohort of patients with COPD
Respiratory Medicine DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.rmed.2016.12.011


背景:
 吸入療法はCOPDの薬学的マネジメントに重要である。どのデバイスも最も効果を高めるには独特の手順を踏まねばならず、適切な吸入指導はCOPDマネジメントに欠かせない。

目的:
 COPD患者における吸入手技不良に関連した、患者特性とデバイス特性を調べること。

方法:
 少なくとも1つの吸入薬(pMDI、アドエアディスカス、スピリーバハンディヘラー)を使用しているCOPD患者における横断研究である。ロジスティック回帰モデルを用いて吸入手技不良と関連する因子を同定した。吸入手技不良は、手順における20%以上の誤操作と定義した。

結果:
 688人が適格基準を満たし、全体の65.5%が少なくとも1つのデバイスで吸入手技不良をきたしていた。補正解析において、黒人は吸入手技不良のリスクであった(オッズ比3.25, 95%信頼区間1.86–5.67)。 また、高い教育水準にある患者は吸入手技不良のリスクを減少させた(オッズ比0.35, 95%信頼区間0.17–0.70[商業校/大学中退], オッズ比0.25, 95%信頼区間0.11–0.61[大学卒業以上], p ≤ 0.001 for test of linear trend)。デバイスごとに誤操作の頻度にはばらつきがあったが、pMDIでは頻度が高かった。

結論:
 COPD患者における吸入手技不良はよくみられ、デバイスごとにその頻度が異なっていたものの、人種や教育水準がリスクであった。



▼楽天

by otowelt | 2017-01-16 00:20 | 気管支喘息・COPD

強皮症関連間質性肺疾患における咳嗽は治療により軽減

e0156318_1521417.jpg ILDの咳嗽治療ほど悩ましいものはありません。

Donald P. Tashkin, et al.
Improved cough and cough-specific quality of life in patients treated for scleroderma-related interstitial lung disease (SSc-ILD): Results of Scleroderma Lung Study II
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.11.052


背景:
 咳嗽はよくみられる強皮症関連間質性肺疾患(SSc-ILD)の頻度の高い症状であるが、他のSSc-ILDの特徴との関連性、咳嗽特異的QOL、治療反応性については詳しく検討されていない。

方法:
 われわれは、Scleroderma Lung Study II(ミコフェノール酸モフェチル[MMF]あるいは経口シクロホスファミド[CYC]のILD治療効果を比較したランダム化比較試験)に登録されたSSc-ILD患者142人の咳嗽について調べた。
 頻繁な咳嗽がQOLに及ぼす影響はLCQスコアを用いて治療に反応して咳嗽頻度が変化したかどうかを調べ、またGERDと咳嗽の関連性について調べた。

結果:
 ベースラインで頻繁に咳嗽がみられたのは61.3%であった。彼らは有意に呼吸困難症状が強く、胸部HRCTでILDの分布が広範囲であり、DLCOが低く、GERD症状が多かった。咳嗽特異的QOLは咳嗽がみられた患者ではやや阻害されていた(総LCQスコア15.4±3.7)。頻繁に咳嗽がみられる頻度は2年間の治療においてCYC群44%、MMF群41%にまで減少した。この減少はGERDやILDの重症度と相関がみられた。

結論:
 SSc-ILD患者では頻繁に咳嗽がみられ、GERDやILDと相関がみられ、治療によって咳嗽の頻度が減少することが分かった。頻繁な咳嗽はSSc-ILDの臨床試験における治療反応性の有用なサロゲートマーカーになるかもしれない。


by otowelt | 2017-01-13 00:42 | びまん性肺疾患

重症急性細気管支炎に対するヘリオックス吸入療法の有効性

e0156318_13444039.jpg ヘリオックスについては色々調べているので参考になりました。

阿部 世紀ら.
小児重症急性細気管支炎に対するheliox吸入療法パイロットスタディ.
日本集中治療医学会雑誌 Vol. 23 (2016) No. 6 p. 633-640


目的:
 小児の重症急性細気管支炎に対してヘリウム酸素混合ガス(heliox)を吸入させることにより,PICU滞在期間を短縮可能か,heliox吸入療法の安全性とともに前方視的に検討した。

方法:
 2012年11月から2014年12月までに急性細気管支炎の疑いでPICUに入室し,人工呼吸管理を受けた2歳未満の患者に,helioxを投与した(H群)。ヒストリカルコントロールとして,2010年4月から2012年3月までの同様の患者を選択した(C群)。

結果:
 H群は10例,C群11例であった。PICU滞在期間はH群4.7±1.1日,C群8.6±2.8日で,H群が有意に短かった(P<0.005)。同様に気管挿管期間は,H群3.8±1.4日,C群7.6±2.8日で,H群が有意に短かった(P<0.005)。バイタルサイン,血液ガス,血液生化学および血液一般検査に異常変動はなく,有害事象もなかった。

結論:
 Heliox吸入療法は,安全に重症急性細気管支炎患者のPICU滞在期間と気管挿管期間を短縮できる可能性がある。


by otowelt | 2017-01-12 00:55 | 気管支喘息・COPD

INPULSIS試験サブグループ解析:日本人IPF患者に対するニンテダニブの有用性

e0156318_7331272.jpg 日本人に対するオフェブ®のサブ解析の結果です。

Azuma A, et al.
Nintedanib in Japanese patients with idiopathic pulmonary fibrosis: A subgroup analysis of the INPULSIS® randomized trials.
Respirology. 2016 Dec 20. doi: 10.1111/resp.12960. [Epub ahead of print]


背景および目的:
 IPFは、慢性の進行性線維性間質性肺炎の一型である。プラセボと比較してニンテダニブは努力性肺活量(FVC)の年間減少率を有意に抑制することが2つのINPULSIS試験において示されている。われわれは、日本人患者におけるニンテダニブの効果と安全性について調べた。

方法:
 われわれは、事前に規定したINPULSIS試験の日本人サブグループ患者においてFVC年間減少率、初回の急性増悪(AE)までの期間、ベースラインからのSGRQスコアの変化、安全性を調べた。

結果:
 登録患者638人中78人がニンテダニブ群の日本人、423人中50人がプラセボ群の日本人だった。日本人患者における結果は、INPULSIS試験全体と変わらなかった。日本人において、補正FVC年間減少率はニンテダニブ群で-135.9 mL/年、プラセボ群で-267.7 mL/年だった(差131.9mL、 95%信頼区間50.7~213.1 mL/年)。初回AEまでの期間についてもINPULSIS試験と同様(ハザード比0.25、95%信頼区間0.06~1.02)、ベースラインからの52週までのSGRQスコアの変化についても同様だった(差-3.87、95%信頼区間-8.51~0.76)。ニンテダニブ群では、下痢と肝障害がもっともよくみられた副作用イベントであったが、用量減量・中断・対症療法によって可逆性がみられた。

結論:
 この研究により、日本人患者におけるニンテダニブの効果と安全性が示され、またINPULSIS試験全体の結果と同程度であった。


by otowelt | 2017-01-11 00:36 | びまん性肺疾患

妊婦が魚油を摂取すると出生時の持続性喘鳴・喘息リスクが減る

e0156318_13444039.jpg ニュースにもなっていますね。

Hans Bisgaard, et al.
Fish Oil–Derived Fatty Acids in Pregnancy and Wheeze and Asthma in Offspring
N Engl J Med 2016; 375:2530-2539


背景:
 n–3系長鎖多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)の摂取不足は、増加している喘鳴性疾患の有病率に寄与している因子と考えられる。われわれは、妊娠女性のn–3系LCPUFA摂取が児の持続性喘鳴および喘息リスクに与える影響を調べた。

方法:
 妊娠24週の女性736人を、n–3系LCPUFA(魚油)を毎日2.4gを摂取する群と、プラセボ(オリーブ油)を摂取する群にランダムに割り付けた。被験者から出生した児でCOPSAC2010コホートを構築して、前向きにフォローアップし、臨床型で分類。割り付けは、フォローアップ期間中初期3年間は担当医に被験者にも知らせず、その後2年間は担当医にのみに知らせなかった。プライマリエンドポイントは持続性喘鳴または喘息とし、セカンダリエンドポイントは下気道感染、喘息増悪、湿疹、アレルギー感作など。

結果:
 被験者から出生した新生児695人を本試験に登録し、全体の95.5%が3年間の二重盲検フォローアップを完遂した。持続性喘鳴または喘息のリスクは、n-3系LCPUFA摂取群で16.9%であったのに対し、プラセボ群では23.7%でだった(ハザード比0.69、95%信頼区間0.49-0.97、P=0.035)。事前に規定したサブグループ解析において、n–3系LCPUFA摂取の持続性の喘鳴と喘息に対する効果は、ランダム化した時のエイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸の血中濃度が試験集団下位3分の1の女性から出生した新生児でもっとも大きかった(摂取群17.5% vs プラセボ群34.1%、ハザード比0.46、95%信頼区間0.25-0.83、P=0.011)。セカンダリエンドポイントについては、n–3系LCPUFA摂取は下気道感染のリスク低下との関連がみられた(31.7% vs 39.1%、ハザード比0.75、95%信頼区間0.58-0.98、P=0.033)。ただし、喘息増悪、湿疹、アレルギー感作については統計学的に有意な関連はなかった。

結論:
 妊娠第3期におけるn–3系LCPUFAの摂取は、出生児の持続性喘鳴または喘息、および下気道感染の絶対リスクの減少に寄与した。

by otowelt | 2017-01-10 00:14 | 気管支喘息・COPD

OSAの二次性高血圧症に対する時間薬物治療(クロノセラピー)

e0156318_13584726.jpg 時間薬物治療(クロノセラピー:Chronotherapy)とは、ヒトの24時間のリズムに合わせ、必要な時に必要な量を送達するという治療法です。

Serinel Y, et al.
Chronotherapy for hypertension in obstructive sleep apnoea (CHOSA): a randomised, double-blind, placebo-controlled crossover trial.
Thorax. 2016 Dec 14. pii: thoraxjnl-2016-209504. doi: 10.1136/thoraxjnl-2016-209504. [Epub ahead of print]


背景:
 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は二次性高血圧症の重要な原因である。夜間高血圧症はOSAでよくみられ、心血管系死亡率の強い予測因子である。本態性高血圧症の患者における研究では、夜間の降圧薬は、日中の血圧を上昇させることなく夜間血圧を改善させることが示されている。われわれは、これがI/II度の高血圧を有するOSA患者に適用できるかどうか検証した。

方法:
 この二重盲検ランダム化プラセボ対照クロスオーバー試験において、中等症~重症OSAおよび呼応血圧を有する患者を6週間の夜間ペリンドプリル、朝のプリンドプリルに割り付け、盲検のためにプラセボ内服を併用した。CPAP療法はペリンドプリル用量相が終わってから8週間適用された(図)。プライマリアウトカムは、線形混合モデルを用いて解析された睡眠時収縮期血圧とした。
e0156318_13495085.jpg
(文献より引用:ランダム化とクロスオーバー)

結果:
 2011年3月から2015年1月までの間に、85人の患者がランダム化され、79人がペリンドプリル用量期間を完遂し、78人がCPAP療法を完遂した(図)。
 睡眠時収縮期血圧は、夜間内服群(-6.9mmHg)でも朝内服群(-8.0mmHg)でもベースラインから有意に低下がみられた。しかし、内服時間による差は観察されなかった(差1.1mmHg、95%信頼区間-0.3 to 2.5)。ただ、起床時収縮期血圧は朝内服群の方が夜内服群よりも有意に低下した(-9.8 mm Hg vs -8.0 mm Hg、差1.8 mm Hg, 95%信頼区間1.1 to 2.5)。
 夜間あるいは朝内服にCPAP療法を加えると、いずれも睡眠時収縮期血圧を減少させたが、差は有意ではなかった(夜-3.2 mm Hg vs 朝-3.3 mm Hg)。
e0156318_13573685.jpg
(文献より引用:睡眠時収縮期血圧)

結論:
 私たちの研究によれば、OSA治療に朝の高血圧内服治療を加える妥当性があると言える。本態性高血圧症とは異なり、夜間の降圧薬の内服が支持されるわけではなかった(少なくともペリンドプリルに関しては)。

by otowelt | 2017-01-06 00:40 | 呼吸器その他

システマティックレビュー:CPAP療法時のリーク増加のリスク因子

e0156318_23181522.jpg リークに着目した珍しい論文です。

Lebret M, et al.
Factors contributing to unintentional leak during CPAP treatment: a systematic review.
Chest. 2016 Dec 13. pii: S0012-3692(16)62581-3. doi: 10.1016/j.chest.2016.11.049. [Epub ahead of print]


背景:
 CPAP療法は中等症~重症の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の第一選択治療である。25%にのぼるOSAS患者がCPAP療法の副反応のため同治療を断念せざるを得ない。意図せぬリークとそれによる不良の結果はCPAP治療の有害事象としてもっともよく報告されている。技術的な改善がなされても、この問題への対処はまだ成功していない。

目的:
 システマティックレビューが行われた。①意図せぬリークにおける技術的な改善点の違いが与える影響を調べること、②意図せぬリークの規定因子として任意の患者特性がすでに同定されているかどうか調べること、が目的である。

結果:
 どのCPAPモダリティも意図せぬリークを減らす上で他のモダリティより優れているということはなく、驚くべきことに、口鼻マスクは意図せぬリークの高さと関連していた。鼻閉塞、高齢者、BMI高値、中枢性肥満、男性、は意図せぬリークのリスク増加と関連していた。
e0156318_11484692.jpg
(文献より引用:Figure 2)

結論:
 意図せぬリークはいまだ重要な問題である。

by otowelt | 2017-01-05 00:34 | 呼吸器その他

貧血、CRP高値、酸素療法中のCOPD患者は入院後3ヶ月アウトカム不良

e0156318_9415066.jpg CATスコアの平均がなかなか高い重症度分類B群をイメージした検討です。多変量解析に用いた因子がかなり多いです。

García-Rivero JL, et al.
Risk Factors of Poor Outcomes after Admission for a COPD Exacerbation: Multivariate Logistic Predictive Models.
COPD. 2016 Dec 16:1-6.


背景および方法:
 この研究の目的は、COPDの増悪によって入院した後の予後不良因子を多変量モデルで同定することである。われわれは、多施設共同観察前向き研究を実施した。COPDで入院した患者をその後3ヶ月追跡した。入院時に信頼性のある臨床的因子を選択した。各因子に対して、予後不良アウトカムを予測する最適なカットオフ値をROC曲線を用いて同定した。最終的にステップワイズロジスティック回帰モデルをおこなった。

結果:
 106人のCOPD患者が登録された(平均年齢71.1±9.8歳)。平均%1秒量は45.2%で、平均CATスコアは24.8±7.1点だった。3ヶ月時点で、39人(36.8%)がアウトカム不良と判断された(死亡2.8%、再入院20.8%、新たな増悪13.2%)。ロジスティックモデルに組み込まれた因子は以下の通り:過去の入院既往、%1秒量45%未満、Charlsonスコア3点以上、ヘモグロビン13g/dL未満、PaCO246mmHg以上、フィブリノゲン554g/L以上、CRP45mg/L以上、白血球数9810×109/L未満、膿性痰、長期酸素療法、入院時CATスコア31点以上。
 最終的なモデルでは、ヘモグロビン13g/dL未満(オッズ比2.46、95%信頼区間1.09-6.36)、CRP45mg/L以上(オッズ比2.91、95%信頼区間1.11-7.49)、長期酸素療法(オッズ比3.07, 95%信頼区間1.07-8.82)はアウトカム不良の頻度を上昇させた(82.4%)。CATスコア31点以上を加えると、91.6%まで上昇(AUC = 0.75; p = 0.001)。

結論:
 COPD患者の36.8%が退院後3ヶ月以内のアウトカムが不良で、ヘモグロビン低値、CRP高値がアウトカム不良のリスク因子であった。入院時CATスコア高値は適中率を上昇させた。

by otowelt | 2017-01-04 00:25 | 気管支喘息・COPD