<   2017年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

気管支結核の小児157例の臨床的検討

e0156318_9552565.jpg 気管支結核の小児をまとめた珍しい報告です。

Jiao AX, et al.
Characteristics and clinical role of bronchoscopy in diagnosis of childhood endobronchial tuberculosis.
World J Pediatr. 2017 Jun 15. doi: 10.1007/s12519-017-0046-1.


背景:
 気管支結核(EBTB)は、小児肺結核でもっともよくみられる合併症である。この研究の目的は、小児EBTBの診断における気管支鏡の臨床的役割を調べることである。

方法:
 後ろ向きに、気管支鏡を受けた157人のEBTB小児を登録した(2006年1月~2014年6月)。

結果:
 登録患児の年齢中央値は3.4歳で、73.2%が5歳未満だった。もっともよく観察されたEBTBのタイプは腫瘍型であった(92.4%)。浸潤気管支を抽出すると、もっとも病変が確認できたのは右中葉だった(21.5%)。続いて、右主気管支(15.4%)だった。5歳未満の小児は、多発性気管支内病変のリスクが高かった(オッズ比2.313、95%信頼区間1.009-5.299、P=0.044)。気管支鏡前に、16人(10.2%)の患児がEBTBを強く疑われていたが、その他はEBTBのない肺結核と考えられていたり、肺炎や異物誤嚥と誤認されていたりした。

結論:
 5歳未満の肺結核小児はEBTBのリスクが高く、多発性の気管支内病変が観察されやすい。もっともよくみられるEBTBのタイプは腫瘍型であり、右中葉が最も侵されやすい気管支である。


by otowelt | 2017-07-14 00:57 | 抗酸菌感染症

アメリカ国内基準より低い濃度のPM2.5とオゾンへの曝露が与える影響

e0156318_1431055.jpgQian D, et al.
Air Pollution and Mortality in the Medicare Population
N Engl J Med 2017; 376:2513-2522


背景:
 大気汚染の長期的な曝露が死亡率を上昇させることはいくつかの研究でわかっている。しかし大気汚染の程度が最新NAAQSより低いときに影響を与えるエビデンスは限られている。過去の研究は都市部の住民を対象としているため、少数集団の健康への影響を推定する統計学的検出力はなかった。

方法:
 2000年~2012 年のアメリカ全土メディケア受給者から構成されるオープンコホート(6092万5443人)を設定し、4億6031万0521人年を追跡。検証済み予測モデルを用いて、PM2.5とオゾン大気中濃度の年平均値を、加入者居住地ごとに推定。PM2.5の「曝露量が10μg/m3増えるごと、またオゾン曝露量が10 ppb増えるごとの死亡リスクを、人口学的特性、メディケイド適格性、地域レベルの共変数について調整。2汚染物質のCox 比例ハザードモデルを用いて推定。

結果:
 全死因死亡率は、PM2.5曝露量が10μg/m3増えるごとに7.3%(95%信頼区間7.1~7.5)上昇し、オゾン曝露量が10ppb増えるごとに1.1%(95%信頼区間1.0~1.2)上昇した。PM2.5曝露量が12μg/m3未満、オゾン曝露量が50ppb未満の人年にしぼった解析だと、死亡リスクはPM2.5曝露量が10μg/m3増えるごとに13.6%(95%信頼区間13.1~14.1)上昇し、オゾン曝露量が10ppb増えるごとに1.0%(95%信頼区間0.9~1.1)上昇した。男性、黒人、メディケイド適格者は、PM2.5曝露関連死亡リスクが対照サブグループよりも高かった。

結論:
 現在のアメリカ国内基準より低い濃度のPM2.5とオゾンへの曝露に関連する有害作用の重要なエビデンスが示された。この影響は、人種的マイノリティや低所得者層で顕著だった。


by otowelt | 2017-07-13 00:56 | 呼吸器その他

小児の肺炎の診断に肺エコーは有用

e0156318_10322082.jpg 僻地の診療では肺エコーが主流になるかもしれませんね。エコーシステムを確立する方がコストは少ないでしょう。

Ellington LE, et al.
Lung ultrasound as a diagnostic tool for radiographically-confirmed pneumonia in low resource settings.
Respir Med. 2017 Jul;128:57-64.


背景:
 肺炎は小児における罹患・死亡の重要な原因であるが、その診断はとくに専門家や標準画像検査が不足した地域では厳しい。われわれは、小児肺炎の診断における肺エコーを放射線学検査と比較した。

方法:
 2012年1月から2013年9月までの間、われわれは生後2~59ヶ月の呼吸器症状を呈して救急部を受診した外来小児患者を登録した(ペルー・リマ)。全患者は、肺エコーを適用された。また、呼吸器症状を呈していない小児も本研究に登録した。呼吸器症状のある小児は胸部レントゲン写真が撮影された。一部の小児には血液検査もおこなった。

結果:
 453人の肺炎の小児、133人の喘息の小児、103人の細気管支炎の小児、143人の上気道炎の小児が登録された。胸部レントゲン写真は、臨床的に肺炎と考えられた453人のうち191人(42%)で診断が可能だった。肺エコーによるコンソリデーションを肺炎のプライマリエンドポイントとした場合、感度88.5%、特異度100%で、AUC0.94(95%信頼区間0.92-0.97)だった。肺エコーで何かしらの異常がみられた場合、感度92.2%、特異度95.2%、AUCは同じく0.94だった(95%信頼区間0.91-0.96)。

結論:
 肺エコーは胸部レントゲン写真で同定された肺炎に対して高い診断能をもつ。小児の肺炎において肺エコーは有用である。


by otowelt | 2017-07-12 00:16 | 感染症全般

肺アクチノミセス症の臨床的検討

e0156318_95584.jpg まれな呼吸器感染症に関する報告は少ないです。

Zhang, M, et al.
Primary pulmonary actinomycosis: a retrospective analysis of 145 cases in mainland China
The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease, Volume 21, Number 7, 1 July 2017, pp. 825-831(7)

目的:
 肺アクチノミセス症について理解を深めること。

方法:
 後ろ向きに中国で145人の症例を抽出した。

結果:
 男女比は2.7:1で、診断時平均年齢は48±12歳だった。主症状は咳嗽(87.6%)、喀痰(40%)、血痰(37.2%)、発熱(26.9%)、胸痛(24.8%)、喀血(16.6%)だた。88人(60.7%)は基礎疾患を有していなかった。5人のみが初期診断が正しく、60人は肺がん、肺結核、肺膿瘍などと誤認されていた。ほとんどの患者は外科的手術や気管支鏡検査で診断がついた。67人の患者はペニシリンGを受け、1人は外科手術のみで抗菌薬投与を受けなかった。抗菌薬の平均治療期間は4.5±3.7ヶ月で、110人(75.9%)が完全に治癒し、4人が死亡した。平均フォローアップ期間は26±32か月だった。

結論:
 肺アクチノミセス症は稀な疾患であり、しばしば肺がんや肺結核と誤認される。ペニシリンGが標準的治療法であるが、適切な治療期間はこれからの検討課題であろう。


by otowelt | 2017-07-11 00:54 | 感染症全般

お知らせ

夏季休暇のため、数日間ブログをお休みさせていただきます。


by otowelt | 2017-07-05 00:50 | その他

1回のCOPD増悪が肺機能にもたらす影響とは

e0156318_135223100.jpg 要は、COPD増悪はよくないよ、ということです。

Halpin DMG, et al.
Effect of a single exacerbation on decline in lung function in COPD.
Respir Med. 2017 Jul;128:85-91.


背景:
 COPD増悪は肺機能低下を加速させるが、それらの因果関係はよく分かっていない。4年間のチオトロピウムによる影響を検討したUPLIFT(Understanding Potential Long-term Impacts on Function with Tiotropium)試験のデータを用いて、1回のCOPD増悪が肺機能の変化に与える影響を評価した。

方法:
 UPLIFT試験において、1回の中等度~重度COPD増悪前後での1秒量と努力性肺活量の年間低下率を非増悪群の変化と比べた。増悪群と非増悪群をマッチして感度解析を行い、年間の低下率を調べた。

結果:
 1回の中等度~重度COPD増悪後に、気管支拡張後肺機能の平均年間低下は増悪前低下率と比べて増えた(1秒量76.5 vs 39.1 ml/年, p=0.003; 努力性肺活量106.5 vs 34.7 ml/年, p=0.011)。非増悪群では試験の前半と後半の低下率に差はなかった(気管支拡張後1秒量38.2 vs 41.8 ml/年, 同努力性肺活量45.3 vs 43.9 ml/年)。COPD増悪群における1回の増悪前の気管支拡張後1秒量と努力性肺活量の低下は、非増悪群の試験前半のそれと同様だった。一方で、1回の増悪後の場合、非増悪群の試験後半の数値より有意に高かった。感度解析でも同様の結果だった。

結論:
 1回のCOPD増悪は肺機能の年間低下率を有意に上昇させる可能性がある。


by otowelt | 2017-07-04 00:15 | 気管支喘息・COPD

5年以上生存したIV期非小細胞肺癌症例の検討

e0156318_8124310.jpg 少し前の論文ですが、調べ物をしていてとても参考になりました。

松崎達ら.
5年以上生存したIV期非小細胞肺癌症例の検討
肺癌 57 (2):88─95,2017


目的:
 5年以上生存したIV期NSCLC症例の臨床背景を調査し,長期生存に寄与する予後因子を検討する.

方法:
 2002年10月1日から2010年9月30日までの期間で,東京歯科大学市川総合病院で診断されたIV期NSCLC 66例を後方視的に調査した.

結果:
 5年以上の長期生存者(long-term survivor;LTS)は8例存在した.全生存期間が5年未満であった(non-LTS)58例と比較して,EGFR遺伝子変異陽性,N0及びN1,遠隔転移臓器が1つである症例が多かった.IV期NSCLC 66例を多変量解析したところ,75歳未満,N0及びN1,肝転移がないことは長期生存に寄与する独立した予後因子であった.LTS群はnon-LTS群と比較して,EGFR-TKIを使用した症例が多く,殺細胞性抗癌剤とEGFR-TKIの病勢制御率はともに高く,無増悪生存期間はともに長かった.

結論:
 IV期NSCLCであっても,75歳未満の症例,N0及びN1症例,肝転移のない症例であれば,長期予後の可能性があり,積極的な治療を検討する際の参考になると考えられた.


by otowelt | 2017-07-03 00:26 | 肺癌・その他腫瘍