関節リウマチによる間質性肺疾患の胸部HRCT分類上の予後の違い

e0156318_1023364.jpg 既知の知見です。

Yunt ZX, et al.
High resolution computed tomography pattern of usual interstitial pneumonia in rheumatoid arthritis-associated interstitial lung disease: Relationship to survival.
Respir Med. 2017 May;126:100-104.

背景:
 関節リウマチによる間質性肺疾患(RA-ILD)はよくみられる病態であり、その後の合併症・死亡と関連しているとされている。しかしながら、死亡を予測する因子については限られたデータしかない。われわれは、RA-ILD患者の胸部HRCTパターンが予後指標として有用かどうか検証した。

方法:
 胸部HRCTでUIPあるいはNSIPと診断されたRA-ILD患者を当該コホートに登録した。158人の患者が研究に組み入れられた。いずれの患者も、超早期にHRCTデータが参照でき、これを独立した2人の胸部放射線科医が読影した。胸部HRCTパターンは、UIP、possible UIP、NSIPに分類され、Kaplan-Meier曲線を作成し生存期間を比較した。

結果:
 100人(63%)がdefinite UIP、23人(15%)がpossible UIP、35人(22%)がNSIPだった。生存期間については、definite UIPとpossible UIPに差はなかったdefinite/possible UIPをまとめて、NSIPと比較すると、前者の方が生存期間は短かった(log-rank p = 0.03)。

結論:
 RA-ILDでは、NSIPよりもdefinite/possible UIPの患者で予後が不良である。


# by otowelt | 2017-05-12 00:13 | びまん性肺疾患

ALI/ARDS治療早期にエラスポール®を用いると予後が改善する

e0156318_21563989.jpg 喧々囂々と専門家が議論されている分野なので、ノーコメントです。

Kido T, et al.
Efficacy of early sivelestat administration on acute lung injury and acute respiratory distress syndrome.
Respirology. 2017 May;22(4):708-713.


背景および目的:
 好中球エラスターゼ阻害薬であるシベレスタットの急性肺傷害(ALI)・急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に対する有効性はいまだ議論の余地がある。われわれは、ALI/ARDS患者に対するシベレスタット7日間の投与によって投与群・非投与群のエンドポイントを比較した。

方法:
 この研究は日本国内で2012年に実施された研究である。シベレスタット群と非シベレスタット群の死亡率を比較した。

結果:
 4276人の患者が本研究に登録され、入院7日までの間に1997人がシベレスタットで治療され、2279人がシベレスタット治療を受けなかった。交絡因子で補正すると、3ヶ月以内の死亡率はシベレスタット群の方が有意に低かった(重みづけハザード比0.83; 95%信頼区間0.75-0.93; P < 0.002)。多変量回帰分析では若年、非癌、血液透析の必要性がない、高用量メチエルプレドニゾロンの非使用、が有意に治療成功と相関していた。

結論:
 後ろ向きおよび観察研究の結果からは、ALI/ARDS発症から7日以内にシベレスタットを投与することで予後が改善する可能性が示唆される。われわれの知る限り、これは、ALI/ARDSに対するシベレスタットの効果を評価したもっとも大規模な研究である。


# by otowelt | 2017-05-11 00:40 | 集中治療

線維性間質性肺疾患患者におけるフレイル

e0156318_9151917.jpg フレイル、最近よく耳にする言葉ですね。重要だとは思いますが、この新しい用語が本当に必要なのかはハテナマークです。サルコペニアもフレイルも、健康と機能障害のはざまを埋める用語として用いられますが、今までも認識されていたことをピックアウトしたに過ぎないと思うからです。臨床医に対するリマインダーとしてはとてもよい概念なのですが。

Milne KM, et al.
Frailty is common and strongly associated with dyspnoea severity in fibrotic interstitial lung disease.
Respirology. 2017 May;22(4):728-734.


背景:
 フレイルは加齢によって筋力や活動が低下している状態(虚弱)を表すものであり、線維性間質性肺疾患(ILD)の患者はILDの罹患、年齢、合併症、薬剤副作用などによってフレイルに陥っているかもしれない。この研究の目的は、線維性ILD患者のフレイルの頻度を調べることである。

方法:
 線維性ILD患者は、ILD専門クリニックから抽出された。膠原病などの二次性ILD患者は除外された。フレイルはフレイルインデックス合併症、症状、機能制限などの複数の欠落の有無によって評価され、これによって0.21点を超えて障害ありと判断されればフレイルと定義した。クロンバックのα係数によってフレイルインデックスの一致性を類推した。呼吸困難はCalifornia San Diego Shortness of Breath Questionnaireを用いて評価された。多変量解析によってフレイルの独立予測因子を同定した。

結果:
 フレイルの定義を満たしたのは129人中50人だった。フレイルインデックスのクロンバックのα係数は0.87だった。フレイルインデックスは努力性肺活量、1秒量、DLCO、性別、年齢、GAPインデックス、生理学的インデックスと呼吸困難スコアの複合アウトカムのいずれとも関連していた。呼吸困難の重症度は、フレイルインデックスの独立予測因子であった(呼吸困難スコア10点の増加ごとにフレイルインデックス0.034点の増加、R2 = 0.37; P < 0.001)。

結論:
 フレイルは線維性ILD患者では頻度が高く、呼吸困難の重症度と独立して関連していた。また、呼吸困難は肺機能よりもフレイルの重要な規定因子であった。


# by otowelt | 2017-05-10 00:01 | びまん性肺疾患

possible UIPパターンは外科的肺生検でUIPパターンであることが多い

e0156318_9301181.jpg 重要な検討です。

Brownell R, et al.
The use of pretest probability increases the value of high-resolution CT in diagnosing usual interstitial pneumonia.
Thorax. 2017 May;72(5):424-429.


背景:
 近年の研究によれば、胸部HRCTで非確定的なパターンであったとしても、IPFに対する外科的肺生検をせずに、事前に高い特異度が得られることがわかっている。この研究の目的は、非確定的HRCTパt-アンの特徴が組織病理学的UIPパターンを同定することができるかどうか調べたものである。

方法:
 生検でILDと診断がついた患者で、非確定的HRCTが実施された2施設の患者を同定した。HRCTパターンを外科的肺生検によるUIPの予測因子として検証した。

結果:
 解析コホートでは、385人中64人(17%)が胸部HRCTでpossible UIPパターン、385人中321人(83%)がinconsistent with UIPパターンだった。また、385人中113人(29%)が組織病理学的UIPパターンであった。
 possible UIPパターンは外科的肺生検によるUIPパターンに対して特異度91.2%(95%信頼区間87.2-94.3%)、陽性適中率62.5%(95%信頼区間49.5-74.3%)だった。年齢、性別、総牽引性気管支拡張スコアを用いるとこの陽性適中率は向上した。inconsistent with UIPパターンは陽性適中率が不良だった(22.7%、95%信頼区間18.3-27.7%)。HRCTパターンの特異度は、検証コホートにおいても理想的なものだった(92.7%、95%信頼区間82.4-98.0%)。当該コホートではUIPパターンの頻度が高く、それがHRCTパターンの陽性適中率を上昇させた。

結論:
 胸部HRCTにおけるpossible UIPパターンは外科的肺生検におけるUIP診断に高い特異度を有すが、陽性適中率はUIPの頻度に高く依存する結果だった。possible UIPに臨床的・放射線学的特徴を加えることで、臨床決定の変更に有用であるほどの組織病理学的UIPパターンの予想が可能かもしれない。


# by otowelt | 2017-05-09 00:40 | びまん性肺疾患

MUSCA試験:重症好酸球性喘息に対するヌーカラ®はプラセボよりも健康関連QOLを改善

e0156318_1736469.jpg かなり興味はあるのですが、個人的にはゾレア®もヌーカラ®の処方はまだ増えていません。

Geoffrey L Chupp, et al.
Efficacy of mepolizumab add-on therapy on health-related quality of life and markers of asthma control in severe eosinophilic asthma (MUSCA): a randomised, double-blind, placebo-controlled, parallel-group, multicentre, phase 3b trial
Lancet Respiratory Medicine, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S2213-2600(17)30125-X


背景:
 抗インターロイキン5モノクローナル抗体であるメポリズマブは、重症好酸球性喘息患者の標準治療に上乗せすることで、プラセボと比較して発作や経口ステロイドの必要性を抑制できることが過去の研究で示されている。われわれは、重症好酸球性喘息の患者に対するメポリズマブの健康関連QOLに対する効果をさらに解析した。

方法:
 18ヶ国146施設で実施されたランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間試験である本研究(多施設共同第IIIb相試験:MUSCA試験)では、高用量ICS+コントロール薬剤を用いているにもかかわらず、少なくとも過去1年で2回以上発作を経験した12歳以上の重症好酸球性喘息患者を登録した。喫煙者は除外している。標準治療を受けている患者はランダムに1:1にメポリズマブ100mgあるいはプラセボの皮下注に割り付けられた(4週ごと24週間[最終投与は20週時])。プライマリエンドポイントはベースラインからの24週時までのSGRQスコアの変化とした(修正ITT集団)。少なくとも1回の治療を受けた患者には安全性解析が行われた。

結果:
 プライマリエンドポイントであるSGRQスコアは、プラセボ群と比較してメポリズマブ群でベースラインから7.7点改善した( −15.6 vs −7.9, p=0.001、反復測定混合モデル)(4.0点以上の改善に臨床的に意義がある)。気管支拡張薬吸入前1秒量はプラセボ群と比較して120mL改善した(p=0.001)。ACQ-5による喘息コントロール指標は、メポリズマブ群で0.4点改善し、これも有意であった(p<0.001)。有害事象は頭痛と鼻咽頭炎が主であったが、両群に差はみられなかった。死亡例は観察されなかった。

結論:
 メポリズマブは重症好酸球性喘息患者において健康関連QOLをプラセボよりも有意に改善した。


# by otowelt | 2017-05-08 00:22 | 気管支喘息・COPD