COPDのincidence rateについての考察


今週のCHESTより。
COPDの疫学は、発見が遅いことから未開拓領域。
そのため、インパクトファクターも甘い傾向にある。

Prevalence, Incidence, and Lifetime Risk for the Development of COPD in the Elderly.Chest February 2009 135:368-377; published ahead of print February 5, 2009, doi:10.1378/chest.08-0684

背景:
 COPDの有病率prevalenceはすでに考察されている論文がいくつかある。
 (Lancet2007の有病率10.1%が有名か?
  ・・・・・・・・・40歳以上の成人の10人に1人がstageⅢ以上)
 
 しかしながら、COPDの発生率incidenceに関しての報告は少ない。

 prevalence: ある一時点においての疾病を有している人の割合
 incidence:ある一定期間における新たなる疾病の発症頻度(人年)


方法:
 prospective population-based cohort studyを
 55歳以上のCOPD患者でおこなった。

結果:
 7,983人の患者が登録され、648症例が平均11年のフォローアップで
 COPDを発症している。overall incidence rate (IR)は9.2/1,000人年。
 [95%CI, 8.5~10.0]
 IRはもちろん、男性の方が多かった。
 ・男性:(14.4/1,000人年; 95% CI, 13.0~16.0)
 ・女性:(6.2/1,000 PY; 95% CI, 5.5 to 7.0)
 また、スモーカーの方が高かったのは言わずもがな。
 そして、このIRは55~59歳の若い女性にも患者群として
 有意に多かったという結果が出た。(7.4/1,000人年; 95%CI, 4.1~12.6)
 

# by otowelt | 2009-02-25 11:47 | 気管支喘息・COPD

ICU敗血症において、ピペラシリンのボーラス投与の方が持続点滴より血清濃度が高い

Critical Care Medicine:Volume 37(3)March 2009pp 926-933
Piperacillin penetration into tissue of critically ill patients with sepsis-Bolus versus continuous administration?


今週のCrit Care Med。
敗血症におけるピペラシリンの投与について、
ボーラス点滴がいいのか持続点滴がいいのかという論文。

目的:
 敗血症におけるピペラシリン投与では、days1、2にボーラスで
 投与することがあり、これが他の投与法より有用であるかどうかはわかっていない。
 Prospective randomized controlled trialで考察。

患者:
 918床ある病院のICU(18床)でおこなわれた。
 13人の患者がピペラシリン/タゾバクタムによる治療が妥当と思われた。
 このデータについて考察。

介入:
 ピペラシリン/タゾバクタムは、持続点滴が6人、ボーラスが7人。
 血清濃度は、day1とday2に測定された。

結果:
 平均ピペラシリン血清濃度(day1, day2)は、ボーラス群で有意に高かった。
 (8.9 vs. 4.9 mg/L; p = 0.078)(16.6 vs. 4.9 mg/L; p = 0.007)
 組織濃度は、day1,day2も特に大きな違いはみられなかった。
 (infusion group 2.4 mg/L vs. bolus group 2.2 mg/L; p = 0.48)
 (infusion group 5.2 mg/L vs. bolus group 0.8 mg/L; p = 0.45)

結果:
 ボーラス点滴のピペラシリンの方が血清濃度が高い。(組織濃度は差がない)


結局MICによるわけだが・・・・

ゾシンのホームページ(http://medical.taishotoyama.co.jp/zosyn/index.html)
4.5g1日3回が実現できたのは大きいかもしれない。重症なら1日4回。
PIPCで12gなので、治療する側としても嬉しいところである。

# by otowelt | 2009-02-24 14:10 | 集中治療

敗血症性多臓器不全に持続的静脈-静脈血液濾過は有用でない


今週のCrit Care Med。
敗血症における多臓器不全に対する血液濾過の有用性について。

Critical Care Medicine:Volume 37(3)March 2009pp 803-810
Impact of continuous venovenous hemofiltration on organ failure during the early phase of severe sepsis: A randomized controlled trial


目的:
 敗血症による多臓器不全に対して持続的静脈-静脈血液濾過を
 おこなうことにはまだ異論がある。この有用性について考察。
 フランスのICUでおこなわれた、ランダム化無作為試験。

患者:
 80人の患者で24時間以内に臓器不全に陥った症例。

介入:
 group 1 (HF), 血液濾過群:25 mL/kg/hrを96時間
 group 2 (C),  通常の治療群

結果:
 プライマリエンドポイントは、14日観察における臓器不全の数、重症度、期間。
 重症度はSepsis-Related Organ Failure Assessment scoreで算定。
 結果的に76人が解析され、臓器不全の数や重症度は
 血液濾過群の方が高かった(p < 0.05)。

結果:
 敗血症による多臓器不全に対して持続的静脈-静脈血液濾過を行うことは
 臓器不全を悪化させる。しかしながら、高用量血液濾過(>35 mL/kg/hr)
 はチャレンジしていない。

# by otowelt | 2009-02-24 13:44

気道熱傷


救命センター併設の病院だと、呼吸器内科医は、ERで気道熱傷の
コンサルトを受けることもしばしばある。

●気道熱傷を疑うポイント
・密室での火災
・咳、痰、くしゃみ、息切れ、嗄声
・黒い痰、焦げた鼻毛
・咽頭浮腫、顔面や頚部の熱傷
・その他の部位の重症熱傷
・ラ音(Crackle、Wheeze)
・意識障害

SpO2がどんなに良くても、必ず10Lリザーバーマスクで酸素投与を行う。

カルボキシヘモグロビンや、メトヘモグロビンがあると、SpO2は
実際の値よりも過大評価をしてしまうため、あまり信用しないほうがよい。


●対処 ABC
1.挿管
・口腔、咽頭内に熱傷や浮腫があるとき
・頚部全周の熱傷やstridorがあるとき
・昏睡状態のとき
             → 挿管
※全身熱傷の場合、大量輸液を行うことで、気道浮腫を起こすことも。
 気道熱傷がなくても、早期の気管挿管が必要

2.高容量酸素投与(COPD患者さんでも迷わずに!)
3.Β2刺激薬使用。
4.20G×2本ライン確保
5.血ガスでCO-Hb、Met-Hbチェック
6.胸部レントゲン
7.心電図(不整脈や心筋虚血が起こりうる)

# by otowelt | 2009-02-24 09:45 | 救急

CRP/neopterin比は細菌・ウイルス感染の鑑別に有用

Diagnostic utility of CRP to neopterin ratio in patients with acute respiratory tract infections. Journal of Infection Volume 58, Issue 2, February 2009, Pages 123-130
目的:
 neopterinとCRPの役割、その比率(C/N)が細菌感染あるいは
 ウイルス感染でどのように異なるか、急性呼吸器感染症への寄与について
 ERで考察。

方法:
 561人の患者で採血。プライマリアウトカムは、細菌orウイルス感染の診断一致。
 group1 :positive bacterial culture and mixed bacterial/viral growth
 group2 :virological aetiology
 group3 :unknown microbiological aetiology
 にカテゴライズして考察。

結果:
 C/N比はウイルスより細菌で10倍高値、健康成人より42倍高値であった。
 カットオフ値を>3とすると、細菌・ウィルスの診断についての
 感度および特異度は79.5%、81.5%であった。

結果:
 CRPおよびneopterinの測定は、細菌感染とウイルス感染の鑑別に有用。


ちなみに・・・・・・・・・・・・ネオプテリンとは
 ネオプテリンは,活性化されたT細胞から分泌されるγ-インターフェロンの
 刺激によりマクロファージから放出が増加することが知られており、
 T細胞-マクロファージ系の活性化の指標とされている

# by otowelt | 2009-02-22 17:30 | 感染症全般