FeNOには人種差がある?

e0156318_224778.jpg 白人のデータよりも同人種のデータを参考にした方がよいかもしれない、という示唆です。

Tamara L. Blake, et al.
Does ethnicity influence fractional exhaled nitric oxide in healthy individuals? A systematic review
Chest. 2017. doi:10.1016/j.chest.2017.02.007


背景:
 呼気一酸化窒素濃度(FeNO)は、好酸球性気道炎症のバイオマーカーとして臨床で使用されている。FeNO値に影響を与える因子を知ることは臨床的に重要である。

方法:
 電子データベースを用いてシステマティックレビューをおこない、人種がFeNOに与える影響を調べた。少なくとも25人の健康な非白人でFeNOが測定された研究を登録し、人種が与える影響を調べた。

結果:
 スクリーニングに該当した62人の研究のうち、12研究が適格基準を満たした。1つの研究は12歳未満の小児を対象としており、6つの研究は小児および青年、4つの研究は成人のみ、1つの研究はそれらの集団の混合であった。16の異なる人種集団が同定され、この人種差が10の研究でFeNOに有意な影響を与えていることが判明した。少なくとも5研究でFeNOが年齢特異的炎症基準値上限を超えていることがわかった。
e0156318_10485158.jpg
(文献より引用抜粋:Table3)

結論:
 FeNOには人種ごとに差があり、これは現行ガイドラインに基づく臨床的解釈に影響を与えよう。 



▼楽天

# by otowelt | 2017-03-23 00:20 | 気管支喘息・COPD

子癇前症は出生児の喘息・湿疹・アレルギーのリスクを上昇させる

e0156318_1471568.jpg 子癇前症という用語は古いようですが、この記事では直訳して子癇前症のまま書きます。

Jakob Stokholm, et al.
Preeclampsia Associates with Asthma, Allergy, and Eczema in Childhood
AJRCCM, DOI: http://dx.doi.org/10.1164/rccm.201604-0806OC


背景:
 子癇前症(妊娠高血圧腎症)は妊娠中の全身性の炎症を起こす病態である。

目的: 
 COPSAC2000コホートにおいて、子癇前症と喘息・アレルギー・湿疹には関連がみられるかどうか調べた。
 
方法:
 COPSAC2000は411人のオランダ人のハイリスク出生児を対象としたコホートである。喘息、アレルギー、湿疹が前向きに診断され、1歳時点および7歳時点での肺機能を測定した。感作は出生6ヶ月時、18か月時、4歳時、6歳時にプリックテストおよびIgE測定によって調べられた。一方、レジストリベースのコホートとして170万人のオランダ人小児を対象とした35年の大規模コホートを用いた。
 これらコホートにおいて、子癇前症のある母親から出生した小児について喘息・アレルギー・湿疹リスクを解析した。

結果:
 COPSAC2000コホートでは、5.6%(23人)が子癇前症と診断された。子癇前症は7歳時の吸入ステロイド使用のリスクを増加させ(補正オッズ比4.01、95%信頼区間1.11-14.43、 P = 0.0337)、メサコリンによる気道過敏性を増加させ(補正回帰係数 log-μmol -0.80、95%信頼区間-1.55 to -0.06、P = 0.0348)、アレルギー性鼻炎のリスクを増加させた(補正オッズ比4.83、95%信頼区間1.58-14.78、P = 0.0057)。さらに、大気中アレルゲンおよび食物アレルゲンの両方の感作リスクが増加し、総IgEレベルも小児期で高値を示していた。
 レジストリベースのコホートでは、3.7%(62728人)が子癇前症の母親から出生していた。子癇前症は、喘息・湿疹・大気中アレルゲンと食物アレルゲンに対するアレルギーと関連しており、特に子癇前症が14日以上続いた場合に明白な関連がみられた。また、母親の喘息は子癇前症のリスクを増加させた。

結論:
 子癇前症は、新生児に対する喘息・湿疹・アレルギーのリスクである。




▼楽天

# by otowelt | 2017-03-22 00:49 | 気管支喘息・COPD

ARDSリスクのある患者に対する早期ICS/LABAは酸素化を改善する

e0156318_13444039.jpg ARDSリスクのある患者さんに、シムビコート®を吸ってもらった、ということですね。

Festic, Emir, et al.
Randomized Clinical Trial of a Combination of an Inhaled Corticosteroid and Beta Agonist in Patients at Risk of Developing the Acute Respiratory Distress Syndrome.
Crit Care Med, February 24, 2017


目的:
 ARDS患者における肺傷害に直接作用する呼吸器系薬剤の効果についてはよくわかっていない。吸入ステロイド薬+β刺激薬の早期治療は、ARDS進行を抑制するかもしれない。

方法:
 アメリカにおける5つの教育医療センターでおこなわれた、二重盲検ランダム化比較試験。患者は救急部を通じて入院したARDSリスクのある患者である。エアロゾル化されたブデソニド/ホルモテロールあるいはプラセボを1日2回5日間継続した。
 プライマリアウトカムは、5日時点でのSaO2/FiO2()S/F比)の変化とした。わたわれわれは、20%を超えるS/F比の定性的変化を解析した。他のアウトカムとして、人工呼吸器の必要性、ARDSの発症を含めた。

結果:  
 61人の患者が2013年9月3日から2015年6月9日まで登録された。受診から初回投薬までの時間の中央値は9時間以内だった。コントロール群の多くの患者が登録時ショックを呈していた(14人 vs 3人)。S/F比の上昇は治療群で大きく(p = 0.02)(図)、これはベースラインのショックの存在(p = 0.04)、LIPSスコア(p=0.001)、年齢(p=0.001)とは独立していた。定性的な解析(20%を超える変化)でもS/F比は改善した(p = 0.01)が、これはショックの有無で補正をしていない解析結果である(p = 0.15)。プラセボ群の多くの患者はARDSを発症し(7人 vs 0人)、人工呼吸を要した(53% vs 21%)。
e0156318_12154674.jpg
(文献より引用:S/F比[Figure2])

結論:
 ARDSのリスクがある患者に早期の吸入ブデソニド/ホルモテロールを用いることは、良好なアウトカムをもたらし、酸素化を改善する。



▼楽天

# by otowelt | 2017-03-21 00:58 | 集中治療

システマティックレビュー:抜管前の予防的ステロイド投与は抜管後気道イベントや再挿管を減らす

e0156318_21563989.jpg 倉敷中央病院からの報告です。

Akira Kuriyama, et al.
Prophylactic corticosteroids for prevention of post-extubation stridor and reintubation in adults: a systematic review and meta-analysis
Chest. 2017. doi:10.1016/j.chest.2017.02.017


背景:
 抜管後stridorや再挿管を予防するために、選択的抜管前にステロイドを投与することがある。われわれは、選択的抜管前の予防的ステロイドによってどの患者が利益を受けるか同定するべく、システマティックレビューをアップデートした。

方法:
 PubMedなどの電子データベースを検索し、2016年2月29日までの妥当な文献を抽出した。適格文献は、選択的抜管前に予防的ステロイド投与を行う効果と安全性を人工呼吸器を装着した成人患者において検証したランダム化比較試験とした。DerSimonian-Laird法ランダム効果モデルを用いた。

結果:
 11の試験、2492人の患者が解析に組み込まれた。予防的ステロイドは、プラセボや無治療と比較して抜管後気道イベントの発生の減少と関連していた(リスク比0.43、95%信頼区間0.29-0.66)。また再挿管の減少とも関連していた(リスク比0.42、95%信頼区間0.25-0.71)。この関連性は抜管後気道合併症のハイリスク患者で顕著であった(抜管後気道イベント発生:リスク比0.34、95%信頼区間0.24-0.48、再挿管:リスク比0.35、95%信頼区間0.20-0.64)。リスク患者はカフリークテストで同定した。有害事象はまれであった。

結論:
 選択的抜管前に予防的ステロイドを投与することで、抜管後の気道イベントや再挿管のリスクを減らすことができる。



▼楽天

# by otowelt | 2017-03-17 00:35 | 集中治療

EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺癌は免疫チェックポイント阻害薬が効きにくい?

e0156318_12291546.jpg Lee CK, et al.
Checkpoint Inhibitors in Metastatic EGFR-Mutated Non-Small Cell Lung Cancer-A Meta-Analysis.
J Thorac Oncol. 2017 Feb;12(2):403-407. doi: 10.1016/j.jtho.2016.10.007. Epub 2016 Oct 17.


背景:
 EGFR遺伝子変異のある進行非小細胞肺癌(NSCLC)の二次治療として免疫チェックポイント阻害薬を用いる役割を調べるため、メタアナリシスを実施した。

方法:
 化学療法と免疫チェックポイント阻害薬の効果を比較したランダム化比較試験を同定した。ITT集団およびEGFR陽性集団の全生存期間(OS)のハザード比および95%信頼区間を算出。固定効果モデルを用いて、治療効果を類推した。

結果:
 3つの臨床試験が組み込まれた(ニボルマブ292人[Checkmate 057試験]、ペムブロリズマブ691人[Keynote 010試験]、アテゾリズマブ144人[POPLAR試験])。比較レジメンはドセタキセル(776人)。
 免疫チェックポイント阻害薬は有意にOSをドセタキセルよりも改善した(1903人, ハザード比0.68, 95%信頼区間0.61-0.77, p < 0.0001)。EGFR野生型では有意な改善だったが(1362人, ハザード比0.66, 95%信頼区間0.58-0.76, p < 0.0001)、EGFR陽性群(186人、ハザード比1.05, 95%信頼区間0.70-1.55, p < 0.81; 治療-遺伝子変異interaction p = 0.03)。

結論:
 EGFR遺伝子変異陽性進行NSCLCにおいて、免疫チェックポイント阻害薬はドセタキセルと比較したOSを改善しなかった。



▼楽天

# by otowelt | 2017-03-16 00:21 | 肺癌・その他腫瘍