気管支鏡のリスクを詳しく説明することは不安リスク上昇

e0156318_1665639.jpg
そりゃそーだろ、という論文。
これはどういう意図で発表されたのか…?

Randomised controlled trial of the effect of standard and detailed risk disclosure prior to bronchoscopy on peri-procedure anxiety and satisfaction. Thorax 2009;64:224-227

背景:
 気管支鏡にはリスクがつきものだが、
 このリスクを詳しく説明した場合と、
 シンプルに説明した場合で
 不安や満足度に違いが出るかを研究する。

方法:
 100mm不安ビジュアルアナログスケール(VAS)および
 改訂アムステルダム術前不安スケール(APAIS)が主な評価ツールである。
 気管支鏡のあとには、さらに満足度のアンケートもおこなわれた。

結果:
 142人の患者のうち、122人(86%)がスタディを完遂した。
 (平均年齢57.8歳、53%が男性)
 よりリスクを詳しく説明された場合、シンプルな場合においてより不安度が増した。
 それはVASでもAPAISでも同様であった。
 VAS (平均14.0(95%CI 10.1-17.9) vs 平均2.5(95%CI 1.4-6.4), p<0.001)
 APAIS (1.73 (95%CI 1.19-2.26) vs 0.57 (95%CI 0.05-1.10), p<0.001)
 詳しくリスクを説明された患者は、詳しすぎる説明に
 気管支鏡に対する不安が強くなった。

結論: 
 より詳しい気管支鏡のリスクの説明によって、患者の不安が強くなる。

# by otowelt | 2009-03-25 02:56 | 気管支鏡

イマチニブ1日400mg服用した患者の98%で、GIST術後1年間の再発がみられなかった

e0156318_16244393.jpg
グリベック。
STI571、メシル酸イマチニブ。
私が医師国家試験を受けた時には
分子標的薬といえばコレだった。

この分子標的薬が消化管間質腫瘍(GIST)術後
の再発リスクを大幅に抑制することがわかった。

●GISTとは
 消化管間質腫瘍(GIST)は、通常は消化管から発生する軟部肉腫
 と呼ばれる粘膜下腫瘍の一種であり、もっとも多い発生部位は胃、
 ついで小腸。EUでは推定で年間5,000例以上が新規に発症するとされ、
 そのうち約95%がKIT陽性である。外科切除後の再発までの期間は約2年。
 KITはCD117としても知られており、変異すると、GIST発症の主因の
 1つになることが確認されている蛋白質である。
 イマチニブ(グリベック)はKITを含む数種のタンパクの活性を阻害する。

Adjuvant imatinib mesylate after resection of localised, primary gastrointestinal stromal tumour: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial. The Lancet. Published online March 19, 2009. Accessed March 2009.

デザイン:
 アメリカとカナダで行われた二重盲検・無作為化・多施設協同の試験

方法:
 GIST(最低でも3cm以上)の切除がなされ、KIT陽性の症例をeligibleとした。
 外科切除の手術を受けたGIST患者713名を対象とし、1年間
 イマチニブ400mg/日の投与を受けた群(n=359)または
 プラセボ投与群(n=354)のGIST患者の無再発生存率(RFS)をITT解析。

結果:
 平均フォローアップ期間は19.7か月。
 術後1年間の無再発生存率は、プラセボ群の患者の約83%に対し、
 イマチニブ投与群の患者では98%であった(P<0.0001)。
 アジュバントのイマチニブは忍容性もあり、
 有害事象としては皮膚炎が最もよくみられ、(11 [3%] vs 0)
 次いで腹痛(12 [3%] vs 6 [1%])、下痢(10 [2%] vs 5[1%])など。

結論:
 イマチニブ1日400mg服用した患者の98%で、
 GIST術後1年間の再発がみられなかった。

# by otowelt | 2009-03-24 05:21 | 肺癌・その他腫瘍

抗癌剤投与なく転移性乳癌で死亡する患者は多い

e0156318_1652455.jpg
乳癌が肺転移した患者さんも何人か受け持って
いるのだが、若いのに結構ステージが
進んでしまっているケースをよくみかける。
やはりできる場所がデリケートな
部位だからか・・・???

ついこの間も33歳の乳癌の
患者さんを天国へ見送った。
全身に転移し、塩酸モルヒネの
タイトレーションをおこなう
時間すら与えられず、非常にシビアな最期を迎えた。

oncologyから以下の論文。
化学療法を受けることなく、亡くなっていく
乳癌の患者さんが意外に多かったという報告。
おそらく日本でも同様の数字だと思う。

Systemic therapy of metastatic breast cancer:the truth beyond the clinical trials.
Oncology 2009;76:247-253.


目的:
 転移性乳癌のコホート研究における緩和療法の経過を追う。

方法:
 1990年から2006年までに乳癌の遠隔転移が診断され
 最終的にこれにより死亡した242例の患者の治療法と経過を比較。
 乳癌の転移が診断された年代により患者を2群にわけた。
 A群:1998~2006年
 B群:1990~1997年

結果:
 一般的な治療の種類および治療の回数は2群で有意な差はなかった
 全身療法なし:A群12.9% VS B群13.7%、p=0.848
 ホルモン療法単独:A群20.4% VS B群25.2%、p=0.430
 化学療法単独:A群18.4% VS B群16.9%、p=0.735
 ホルモン療法/化学療法/trastuzumabを含む順次併用療法:
     A群46.9% VS B群44.2%、p=0.694
 治療回数中央値:2回
 
 化学療法が投与された症例における治療回数は高齢と若年で差はなし。
 (中央値2回、≧70歳 VS <70歳;p=0.269)
 転移性乳癌特異的生存期間は1990~1997年の16か月に対し
 1998~2006年では21か月に延長していた(p=0.062)。

結論:
 どのような抗癌剤の投与も受けることなく転移性乳癌で死亡した
 患者数は10%以上と予想外に多い。
 化学療法は高齢患者にも実施可能な治療法と考えられる。

# by otowelt | 2009-03-23 16:51 | 肺癌・その他腫瘍

CMVワクチンは先天性CMV感染を減らす

e0156318_16553211.jpg
サイトメガロウイルスは母親の胎盤を
介して胎児に移行し、新生児に
精神遅滞や難聴を引き起こす。
このような先天性サイトメガロウイルス
感染は、ダウン症に次いで2番目に
精神遅滞の原因となっている。



TORCH 症候群のひとつとして広く知られている先天性CMV感染症は
日本人では90%を超える成人が抗体を保有していたため
問題にならなかった。近年、日本人の若年層の抗体保有率の低下が
指摘され、妊婦の抗体保有率も80 %程度へ減少傾向を示している。
特に若年妊婦の抗体保有率の低下は著しい。
妊婦のCMV初感染の殆どは不顕性感染であり、症状が認められる
場合でも発熱、発疹などの非特異的な症状を呈するのみであり、
感染に気づかれないことも多い。
妊婦のCMV 初感染では再感染に比較して、胎児・新生児期は
子宮内胎児発育遅延、肝脾腫、出血斑、脳内石灰化、側脳室拡大、
網脈絡膜炎、黄疸などの重篤な症状を起こすことが多いとの報告があり、
周産期におけるCMV感染の管理は重要性を増す。
 J Med Virol 1992;326:663-667

NEJMから、サイトメガロウイルスワクチンについてのレポート。
予防接種後3年半で50%感染リスクを減らした。
母体感染防止は非常に難しいだろうと思われているため、
このNEJMの論文は驚くべき結果だと思う。

Vaccine Prevention of Maternal Cytomegalovirus Infection.
NEJM March 19, 2009, Volume 360:1191-1199


背景:
 先天性のサイトメガロウイルス感染症は聴力、認知能力、運動の
 側面で新生児にとっては大きな問題となる。
 これを予防するワクチンについて吟味。

方法:
 これはプラセボ対照無作為化二重盲検の第II相試験である。
 遺伝子組換えCMVワクチンをプラセボと比較したものである。
 CMVワクチンあるいはプラセボを生後0ヶ月、1ヶ月、6ヶ月に投与した。
 対象はCMVが血清学的に陰性である妊婦。(1年以内の出生をしていない人に限る)
 感染はウイルス培養あるいは免疫ボトルで行われた。
 プライマリエンドポイントは、CMV感染が同定されるまでの期間とした。

結果:
 40才以下で出産歴がありCMVに感染していない464人の女性を登録した。
 ランダムに234人のCMVワクチンを受けた患者と230人のプラセボワクチンを
 受けた患者に分けた。最低1年以上のフォローアップをおこない、49のCMV感染を
 確認した。18がワクチングループで、31人がプラセボグループだった。
 Kaplan–Meier曲線は、明らかにCMVワクチン群で42ヶ月フォローでの感染率が
 有意に低かった。(P=0.02)
 ワクチンのefficacyは50%であった。(95%CI, 7 to 73)
 また、局所反応や全身反応はワクチン群で多かった。

結論:
 CMVグリコプロテインBワクチンは先天性CMV感染を減らすことができる。

# by otowelt | 2009-03-22 22:31 | 感染症全般

PS不良NSCLC/EGFR+群にゲフィチニブは有用


イレッサに関する興味深い論文がJCOから発表されていた。
ここでまずイレッサに関する復習から。

●INTEREST試験 2nd-line イレッサ=DOC
1~2レジメンの化学療法(少なくとも1つは白金製剤を含むレジメン)を受けた
後、進行もしくは再発した、局所進行、転移性NSCLC患者を対象に行われた。
患者は無作為にゲフィチニブを1日当たり250mg投与する群と、3週間おきに
ドセタキセル75mg/m2を静脈内投与する群に割り付けられた。
24カ国149施設で1466人の患者が登録され、ゲフィチニブ群は733人、
ドセタキセル群も733人となった。1466人のうち323人がアジア人だった。
試験の結果、全生存期間の中央値は、ゲフィチニブ群が7.6カ月に対して
ドセタキセル群が8.0カ月、1年生存率はゲフィチニブ群が32%で
ドセタキセル群が34%だった。全生存期間の評価対象はゲフィチニブ群が
723人、ドセタキセル群が710人で、イベント数はゲフィチニブ群が593、
ドセタキセル群が576だった。HRは1.020(96%CI 0.905-1.150)で、
ゲフィチニブがドセタキセルに非劣性であることが明らかとなった。

●IPASS試験 1st-line EGFR+ イレッサ>カルパク
IPASS試験は、アジア人の化学療法治療歴のない進行
非小細胞肺癌(NSCLC)患者で、組織型は腺癌、かつ喫煙歴がないか
軽度の喫煙歴(10pack yaer以下で少なくとも15年以上禁煙している)が
ある患者が対象になっている。日本人は233人参加しており、
ゲフィチニブ群114例、カルボプラチン/パクリタキセル(PC)群は119例。
試験の結果、ゲフィチニブはPCに対して優れていることが明らかとなった
(HR0.741、95%CI:0.651-0.845、p<0.0001)。
ただし、無増悪生存について、最初の6カ月間はPC群の方が上回っており、
次の16カ月はゲフィチニブ群が上回ったという結果だった。
EGFR変異の有無でサブ解析を行った結果では、EGFR変異陽性群で
HR0.48(95%CI:0.36-0.64、p<0.0001)でゲフィチニブ群が
有意にPFSを延長し、EGFR変異陰性群ではHR2.85
(95%CI:2.05-3.98、p<0.0001)でPC群の方が有意にPFSを延長した。


First-Line Gefitinib for Patients With Advanced Non–Small-Cell Lung Cancer Harboring Epidermal Growth Factor Receptor Mutations Without Indication for Chemotherapy.JCO Mar 2009: 1394–1400.

North East Japan Study Groupa:東北大学からの論文。
PSが悪いEGFR mutationポジティブの症例に イレッサを投与するというもの。

目的:
 このmulticenter phase II studyは、進行NSCLCのEGFR mutationが
 ポジティブの 症例に対して、化学療法が適応とならないようなPS不良の
 患者に対して、どのような効果と安全性があるかを調べた試験である。

患者および方法:
 化学療法ナイーヴで、PS不良(20~74歳でPS 3~4, 75~79歳でPS 2~4,
 80歳以上でPS 1~4)のEGFR mutationがポジティブの症例。
 この患者群にgefitinib (250 mg/d)単剤で治療を開始した。

結果:
 2006年2月から2007年5月までに、30人の患者が登録された。
 うち22人はPS3~4だった。
 RRは66% (90% CI, 51% to 80%)であり、DCRは90%だった。
 PSの改善は79%にみられた (P < .00005)。median PFSは6.5ヶ月、
 median 生存期間は17.9ヶ月、1年生存率は63%であった。
 治療関連死亡はみられなかった。

結論:
 EGFR mutationポジティブのPS不良症例における
 イレッサの効果を示した初めての論文である。
 こういった生命予後の悪い患者におけるスタンダードの治療はBSCしかなく、
 このイレッサの試験は今後のPS不良群における治療に一石を投じるであろう。

# by otowelt | 2009-03-22 13:44 | 肺癌・その他腫瘍