特発性f-NSIPにおけるKL-6とSP-D

e0156318_1543237.jpg IPAF f-NSIPの勉強になりました。

Yamakawa H, et al.
Evaluation of changes in the serum levels of Krebs von den Lungen-6 and surfactant protein-D over time as important biomarkers in idiopathic fibrotic nonspecific interstitial pneumonia
Respiratory Investigation, https://doi.org/10.1016/j.resinv.2019.03.006


背景:
 特発性f-NSIPの患者の一部は、特発性肺線維症と同様に進行性の経過をたどる。しかしながら、患者アウトカムの不良を予測することは難しい。この研究では、KL-6およびSP-Dの経時的変化が疾患増悪を予測することができるかどうか評価するものである。

方法:
 経過中に膠原病を発症した患者は除外された。われわれは後ろ向きに特発性f-NSIP患者75人の診療録を解析した。疾患経過を長期的な肺機能検査の変化によって2群に分類した。すなわち、進行型(年5%以上の努力性肺活量減少や年7.5%以上の%DLCO減少がみられる群)と安定型の2つである。KL-6およびSP-Dの測定、肺機能検査は並行して実施され、線形混合効果モデルを用いて解析された。

結果:
 安定型62人、進行型13人が比較された。これらの患者のうち、50人がIPAFの診断基準を満たした。ベースラインの血清KL-6とSP-Dは2群で有意差はなかった。これらのいずれもが%DLCOと逆相関していたが、努力性肺活量とは関連していなかった。これらのバイオマーカーは疾患進行とは関連していなかった。KL-6およびSP-Dが遷延して高値を示す場合、非IPAF f-NSIPにおいて進行型と相関がみられた。IPAF f-NSIPでは、いずれのマーカーも安定型と進行型で有意な差はなかった。
e0156318_1445295.png
(文献より引用)

結論:
 特発性f-NSIP、特に非IPAF fNSIP治療中の患者では、血清KL-6およびSP-Dの変化は疾患動態の予測に対して有用な情報を与えてくれるかもしれない。





# by otowelt | 2019-04-21 00:46 | びまん性肺疾患

呼吸器内科医の勤務環境の現状

e0156318_14441648.jpg 呼吸器内科医はマストリード!それにしても10人に1人が年収2000万円以上って本当でしょうか・・・。

山谷睦雄ら.
呼吸器内科勤務医の勤務環境の現状:平成21年度調査との比較
日呼吸誌, 8(2): 81-90, 2019


背景:
日本呼吸器学会将来計画委員会は,呼吸器内科勤務医の地域間の偏在や夜間・休日の長時間勤務,拘束待機,当直翌日の通常勤務の常態化などの勤務状況を指摘してきた。

方法:
 日本呼吸器学会会員および認定施設等の施設長から呼吸器内科勤務医の勤務環境を調査した.

結果:
 1 施設あたりの呼吸器内科医数は全体の平均値で6.2 人,専門医数は平均3.8 人で,病床数に比例して増加の傾向にあり,施設間で格差が大きい特徴があった.施設長の判断による自施設の適正と思われる呼吸器内科医数は7.9人,専門医数は4.8 人であり,実際に勤務している医師数は,適正数に比べてそれぞれ1.7 人,1.0 人不足していた。
 女性支援策は82%の施設でとられ,産前産後休暇が20%,育児休暇が19%,院内保育所16%,短時間正規雇用制度12%,当直の減免17%などであった。
 平日平均勤務時間は週40 時間(1 日8 時間) 以上が67%(2,715 人中1,808 人)であった。.「当直の翌日勤務有り」が98%であり,そのうち85%は通常勤務であった。
 年収は1,000万円未満が減少し(前回31.4%,今回22.8%),2,000万円以上の割合が増加した(前回2.7%,今回10.9%)。
 6割の会員は仕事に対する満足感を示した.

結論:
 呼吸器内科が魅力ある診療科として発展するために,チーム医療による勤務医の負担軽減が求められる.呼吸器内科医の増加が根本的な解決法であり,当委員会の主導で学会を挙げて取り組んでいる.


# by otowelt | 2019-04-19 00:31 | 呼吸器その他

実臨床におけるLTBIの意義

e0156318_1302985.jpg 学会誌の論文を2連発で紹介しますが、めちゃくちゃ重要な知見です。LTBIやるとやらないの発病率の差がかなり参考になりますね。

松本 健二ら.
接触者健診における二次患者の発生状況とLTBI治療成績
Kekkaku Vol. 94, No. 2 : 21_26, 2019


目的:
 接触者健診における二次患者の発生と潜在性結核感染症(LTBI)治療成績を検討する。

方法:
 2011~2015 年,大阪市保健所が実施した接触者健診のQFT-3G(QFT)陽性例を対象とした。二次患者の発生とLTBI 治療適用の有無を検討し,LTBI 治療適用例は治療成績と発病の有無を検討した。

結果:
 QFT 実施は6486 例でQFT 陽性は871 例。LTBI 治療適用ありは697 例で,治療成績は完了480 例,中断73 例,未治療81 例であった。2 年以内の発病率は完了0.8%,中断2.7%,未治療8.6% であり,治療成績と発病率に有意差が認められた(p<0.01)。LTBI 治療適用なしは174 例で,理由はQFT陽性判明と同時期に発病判明70 例,既感染と診断13 例等であった。二次患者は84 例で,発病を認めなかったQFT 陽性例に比べ,初発患者の咳の期間3 カ月以上と有空洞の割合が有意に高かった(p<0.05)。

結語:
 二次患者は初発患者の感染性が高く,その発見はQFT 陽性判明と同時期が多く,LTBI治療の時機を逸していたが,LTBI 治療完了例では発病率が有意に低かったため早期発見が重要と考えられた。





# by otowelt | 2019-04-18 00:09 | 抗酸菌感染症

喀痰以外の検体における結核菌LAMP

e0156318_1302985.jpg 実臨床的な報告です。

吉多仁子ら.
胃液・気管支鏡・胸水などの検体を用いた核酸増幅検査Loopamp 結核菌群検出試薬キット(TB-LAMP)の検討
Kekkaku Vol. 94, No. 2 : 15_20, 2019


目的:
 喀痰以外の検体を用いた核酸増幅検査Loopamp 結核菌群検出試薬キット(TB-LAMP)を検討したので報告する。

対象:
 2014 年8 月から2018 年3 月の間にTB-LAMP を実施した喀痰以外の検体は996 検体。このうちMGIT が結核菌群(結核菌)陽性の胃液29 検体,気管支鏡検体(BAL)10 検体,胸膜組織3 検体,肺組織2 検体,胸水6 検体,腹水2 検体,膿3 検体,耳漏1 検体の計56 検体と,TB-LAMP 陽性・MGIT 陰性の胃液1 検体,胸水2 検体,膿4 検体,肺組織1 検体の計8 検体を対象とした。

結果:
 MGIT 陽性56 検体中のTB-LAMP の陽性率は83.9%(47/56 検体),平均陽性検出時間は18分55秒。塗抹別では塗抹陽性が陽性率100%(12/12検体),平均陽性検出時間は14分51秒。塗抹陰性陽性率は79.5%(35/44 検体),平均陽性検出時間は19 分41 秒。MGIT 培養陰性8 検体の平均陽性検出時間は17 分05 秒で活動性結核と診断された患者からの検体であった。

まとめ:
 TB-LAMPは喀痰以外の検体に対しても有用であることが分かった。





# by otowelt | 2019-04-17 00:38 | 抗酸菌感染症

NPPVのマスクにかかる圧の測定

e0156318_21563989.jpg NPPVのときのマスクの圧に関する実臨床的な報告。面白いです。

Brill AK, et al.
Mask pressure effects on the nasal bridge during short-term noninvasive ventilation.
ERJ Open Res. 2018 Apr 9;4(2). pii: 00168-2017. doi: 10.1183/23120541.00168-2017. eCollection 2018 Apr.


目的:
 この研究の目的は、非侵襲性換気(NIV)中にマスクから鼻梁にかかる圧が、マスクの種類、換気設定、体位によって受ける影響および快適性について調べることである。

方法:
 われわれは18歳以上の健常人20人(男性12人、女性8人)に4つの異なるNIVマスクを装着してNIVを受けてもらい(3つは口鼻マスク[Hospital Fullface、Quattro Air、Comfort Gel Full]、1つは鼻マスク[Easylife])、3種類の換気設定を用いて坐位(IPAP:15, 20, 25 cm H2O)で、またはIPAP20cm H2Oで仰臥位で換気し、鼻梁にかかる圧を測定した。EPAPは5cmH2Oを維持した。客観的な圧測定は、I-Scan pressure-mapping systemを用いた(写真)。主観的なマスクフィットの快適性は、100mmVASで評価した。
e0156318_2335758.png
(写真. I-Scan™)

結果:
 健常者の平均年齢は36±11歳、平均BMIは25.1±3.3 だった。マスクによって鼻梁に平均47.6±29 mmHg~91.9±42.4 mmHgの圧がかかった。全マスクにおいて仰臥位時の圧が低かった(仰臥位:57.1±31.9 mmHg vs 坐位:63.9±37.3 mmHg、p<0.001)。口鼻マスクでは吸気時気道陽圧(IPAP)は鼻梁の圧に影響を与えなかった。主観的な不快感は高IPAPと関連しており、皮膚に対する圧と正の相関をしていた。試験中に合併症はみられなかった。

結論:
 マスクフィット時の皮膚に対する圧を客観的に測定することは、マスク選択の一助となりうる。仰臥位のマスクフィットが、臨床においてルーチンに考慮されるべきである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】【本】集中治療,ここだけの話 田中竜馬/編
価格:5400円(税込、送料無料) (2019/3/19時点)



# by otowelt | 2019-04-16 00:56 | 集中治療