関節リウマチ関連肺疾患における病態別の生存

当たり前の結果だが…。

Lung diseases directly associated with rheumatoid arthritis and their relationship to outcome
Eur Respir J 2011; 37: 1411–1417


背景:
 関節リウマチ関連肺疾患(RA-LD)の臨床的アウトカムと死因は
 よくわかっていない。

方法:
 レトロスペクティブスタディがRA-LD患者144人に施行された。
 最初の呼吸器的検査の受診からフォローアップ中央値は4.5年であった。

結果:
 臨床、画像、病理学的に以下のように分類。
 合計57人の患者がUIP、31人が気管支拡張症、16人がNSIP、
 11人が細気管支炎、5人がOP、5人がDAD、19人が混合型の肺病変だった。
 5年生存率はUIPで36.6%、気管支拡張症で87.1%、NISPで93.8%、
 細気管支炎で88.9%、OPで60%、DADで20%であった。
 DADの生存は、UIPに比べて悪かった。
 全生存率についてUIPは、気管支拡張症、NISP、細気管支炎より悪かった。
 144人中71人(49.3%)が死亡、うち58人(81.7%)が呼吸器的原因で死亡。
関節リウマチ関連肺疾患における病態別の生存_e0156318_10383469.jpg
結論:
 RA-LD患者において、DADは最も高い死亡率であり
 UIPはNSIPなどの患者よりも全生存が悪い。
by otowelt | 2011-06-03 05:17 | びまん性肺疾患

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31