TBNA時に迅速細胞診を併用しても診断精度は向上しないが穿刺回数は減る

e0156318_9511053.jpg 穿刺回数が減るだけでも十分ですが、診断精度そのものは不変のようです。


Sehgal IS, e al.
Impact of rapid on-site cytological evaluation (ROSE) on the diagnostic yield of transbronchial needle aspiration during mediastinal lymph node sampling: systematic review and meta-analysis.
Chest. 2017 Nov 15. pii: S0012-3692(17)33072-6

背景:
 迅速細胞診(ROSE)を用いることで経気管支針生検(TBNA)の診断精度が向上するかは不明である。ここでは、過去TBNA時にROSEを用いた研究のシステマティックレビューをおこなった。

方法:
 電子データベースから、悪性縦隔リンパ節腫大に対するTBNAあるいはEBUS-TBNAをおこなったランダム化比較試験をROSEの有無を問わず抽出した。

結果:
 5研究(618人、2研究がEBUS-TBNA、2研究が通常TBNA、1研究が両方)が同定された。
 EBUS-TBNAと通常TBNAの診断能には差はみられず、ROSEの上乗せ効果は観察されなかった。ROSEの使用によって、EBUS-TBNAの穿刺回数が有意に減った(平均差マイナス1.1回、95%信頼区間0.005~2.2回、p<0.001)。手技時間については特に差はみられなかった。追加穿刺の必要性が少ないため、通常TBNAではROSE群の方が合併症の頻度が有意に少なかった(オッズ比0.26、95%信頼区間0.10-0.71、p=0.009)。通常TBNAでは明らかな異質性がみられたが、EBUS-TBNAでは観察されなかった。出版バイアスはなかった。

結論:
 TBNAにおいてROSEを用いても診断精度は向上しないが、穿刺回数は減る。


by otowelt | 2017-12-05 00:50 | 気管支鏡

<< 外傷性気胸の90%以上は保存的... 効果的な胸膜癒着術のタイミングと手法 >>