Dr.倉原の“俺の本棚”

e0156318_11483389.jpg


Dr.倉原の“俺の本棚”


ケアネットで新しい連載が始まりました。
臨床で困ったらすぐに医学書に飛びつく永遠の若手医師Dr.倉原が、毎月1冊紹介するコーナー。
その名も「Dr.倉原の“俺の本棚”」。

「先生の本棚って医学書多くないっすか?」とたまに研修医に言われるんですが、確かに多い。ふっふっふ、しかし自宅には職場の2~3倍は医学書が置いてあるんだぜ。嫁さんにこっそりブックオフに持っていかれたこともある。

ホコリをかぶってインテリアになっている分厚い医学書から、使い過ぎてクタクタになったマニュアル本まで、このコラムでは有用な本を惜しまず紹介したいと思います。

コーナー名の由来については、ドンタッチミーでお願いします。



by otowelt | 2018-01-16 11:46 | その他

<< 気管チューブカフインフレータは... CTガイド下針生検後の気胸のリ... >>