M. aviumとM. intracellulareの臨床的・疫学的な違い

e0156318_13334416.jpg 上司の論文です。このブログ、タイトルがイタリック(斜字)にできないんです。

Suzuki K, et al.
Clinical significance and epidemiologic analyses of Mycobacterium avium and Mycobacterium intracellulare lung disease from post-marketing surveillance.
Respir Investig. 2018 Jan;56(1):87-93.


背景:
 日本において肺非結核性抗酸菌症(NTM)の多くはMACであるが、その2病原菌の臨床的特徴についてはまだよく分かっていない。

方法:
 クラリスロマイシンが市場に流通した後の130施設におけるデータを解析した。M. avium感染症患者とM. intracellulare感染症患者を比較した。

結果:
 368人の患者を解析したところ、67.4%がM. avium感染症、32.6%がM. intracellulare感染症だった。層別化解析で、両病原菌で性別、疾患タイプ、合併症、既往歴、喫煙歴に差は観察されなかった。しかしながら、M. intracellulare感染症は肺に基礎疾患を有している患者に多かった(p=0.0217)。M. intracellulare感染症の患者は、高齢であるほどその感染率が増えていった(p = 0.0296)。年齢に関連した変化は女性に顕著だった(p = 0.0018)。
e0156318_177257.jpg
(文献より引用)

 中国四国地方および九州地方ではM. intracellulare感染症が多く、M. avium感染症はそれ以外の地方に多かった。
e0156318_1771268.jpg
(文献より引用)

結論:
 このサーベイにより、M. avium感染症患者とM. intracellulare感染症の臨床的・疫学的差異が明らかとなった。


by otowelt | 2018-02-28 00:43 | 抗酸菌感染症

<< メタアナリシス:気胸に対するピ... 患者さんに伝わりにくい医学用語... >>