リウマチ性疾患に対するST合剤によるPCP発症予防

e0156318_20444355.jpg やはりステロイド投与量が多いほど、PCP発症が多いですね。

Park JW, et al.
Prophylactic effect of trimethoprim-sulfamethoxazole for pneumocystis pneumonia in patients with rheumatic diseases exposed to prolonged high-dose glucocorticoids.
Ann Rheum Dis. 2018 May;77(5):644-649.


目的:
 リウマチ性疾患に対して高用量ステロイドを投与されている患者の、ニューモシスチス肺炎(PCP)の予防としてのST合剤の効果と安全性を調べること。

方法:
 12年を超える期間において、1092人の患者で高用量ステロイド(プレドニゾン≧30mg/日相当)を4週間以上投与された1522回の治療エピソードが登録された。これらのうち、262回の治療でST合剤による予防があった。Cox回帰を用いてST合剤によるPCP発症の頻度と死亡率の差を類推した。ベースラインの不均衡を最小限にするため、傾向スコアマッチを用いた(年齢、ベースライン以前のステロイド積算量、免疫抑制剤の有無などをマッチ)。

結果:
 1474.4人年のうち、30人のPCP症例が同定され、死亡率は36.7%だった。ST合剤予防群で発症したのは1例のみだった(当該患者は生存)。ST合剤は1年間のPCP発症率(補正ハザード比0.07、95%信頼区間0.01 to 0.53)、死亡(補正ハザード比0.08、95%信頼区間0.0006 to 0.71)を有意に減少させた。ST合剤による有害事象は100人年あたり21.2だった。2人のみが重篤な有害事象を起こし、1人はStevens-Johnson症候群だった。ST合剤によるPCP予防のためのNNTは52であり、重篤な有害事象のNNH131より低かった。初期ステロイドの用量が多いほど、NNTは低くなった。
e0156318_1751477.png
(文献より引用:ステロイド用量別のPCP発症)

結論:
 リウマチ性疾患で高用量ステロイドを長期に投与されている患者におけるST合剤は有意にPCPの発症を減らし、安全性プロファイルも良好だった。


by otowelt | 2018-05-02 00:29 | 膠原病

<< システマティックレビュー:肺M... マイコプラズマ肺炎と胸部HRC... >>