FLASH試験:中等症~重症COPDに対するアドエア®からウルティブロ®へのスイッチ

e0156318_1633480.jpg ICS/LABAからLAMA/LABAへのスイッチなので、まぁ当然だとは思いますが・・・。

Peter A. Frith, et al.
Efficacy and safety of the direct switch to indacaterol/glycopyrronium from salmeterol/fluticasone in non‐frequently exacerbating COPD patients: The FLASH randomized controlled trial
Respirology, First published: 03 August 2018


背景および目的:
 COPDにおいてLAMA/LABAはICS/LABAよりもすぐれた臨床アウトカムであるが、ICS/LABAを直接LAMA/LABAにスイッチするランダム化比較試験のデータは不足している。本研究は、ウォッシュアウト期間をもうけずに、フルチカゾン/サルメテロール(SFC)からインダカテロール/グリコピロニウム(IND/GLY)にスイッチした際、肺機能や忍容性をみることが目的である。

方法:
 12週間の他施設共同二重盲検試験において、中等症~重症COPD患者(過去1年で1回以下の増悪歴まで許容)でSFCを3ヶ月以上用いている患者をSFC継続あるいはIND/GLYスイッチ群にランダムに割り付けた。プライマリエンドポイントは、12週時の気管支拡張前トラフ1秒量とした。

結果:
 合計502人が1:1にランダム化された。IND/GLYにスイッチした患者はトラフ1秒量がSFC継続よりも有意に高かった(差45mL、p=0.028)。IND/GLYは優位に努力性肺活量も改善させた(差102mL、p=0.002)。TDIも改善させた(差0.46点、p=0.063)。レスキュー使用やCATスコアは両群同等だった。安全性プロファイルも両群同等だった。

結論:
 FLASH試験によれば、中等症~重症COPD患者においてSFCからIND/GLYにスイッチすることで気管支拡張前トラフ1秒量や努力性肺活量が有意に改善した。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

呼吸器内科実践NAVI “近中”の極意 [ 林 清二 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)



by otowelt | 2018-09-04 00:44 | 気管支喘息・COPD

<< 細径アスピレーションキットは気... メタアナリシス:GERDとIP... >>