NVALT-11/DLCRG-02試験:病期III期NSCLC治療後PCIは有症状脳転移の発生を減少させる

e0156318_848424.png NNT4.95なので、かなり効果的な治療ではあります。ただ、「目に見える問題」を先送りにしているだけなのかどうかが気になります。

De Ruysscher D, et al.
Prophylactic Cranial Irradiation Versus Observation in Radically Treated Stage III Non-Small-Cell Lung Cancer: A Randomized Phase III NVALT-11/DLCRG-02 Study.
J Clin Oncol. 2018 Aug 10;36(23):2366-2377.


目的:
 この研究の目的は、予防的全脳照射(PCI)が病期IIIの非小細胞肺癌(NSCLC)において有症状脳転移を減少させるかどうか調べることである。

患者および方法:
 病期IIIのNSCLC患者が化学放射線治療±外科手術のあと、ランダムに経過観察群あるいはPCI群に割り付けられた。プライマリエンドポイントは、24ヶ月時点の有症状脳転移の発生とした。有害事象、生存、QOLなどが調べられた。

結果:
 2009年~2015年に175人の患者が登録された(腺癌41%、扁平上皮癌36%、大細胞癌18%、WHO PS0:38%、PS1:57%、病期IIIA:53%、IIIB:46%)。87人がPCI群、88人が経過観察群に割り付けられた。PCI線量は、38人が30Gy/12Fr、34人が30Gy/10Fr、3人が25Gy/10Frだった。追跡期間中央値は48.5ヶ月(95%信頼区間39-54ヶ月)だった。PCI群86人のうち6人(7.0%)、経過観察群88人のうち24人(27.2%)が有症状脳転移を発生した(p=0.001)。PCIは有意に有症状脳転移の発生を減らした(ハザード比0.23、95%信頼区間0.09-0.56、p=0.0012)。NNTは4.95だった。
e0156318_173032.jpg
(文献より引用:有症状脳転移の発生)

 わずかにPCI群の方が全生存期間が長かったものの、統計学的に有意な差はなかった(PCI群24.2ヶ月 vs 経過観察群21.9ヶ月、p=0.56)。Grade 1および2の記憶障害は有意にPCI群で多かった。
e0156318_17342069.jpg
(文献より引用:全生存期間)

結論:
 病期IIIのNSCLC治療後PCIは有症状脳転移の発生を有意に減らす。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

末梢病変を捉える気管支鏡“枝読み”術 [ 栗本典昭 ]
価格:12960円(税込、送料無料) (2018/7/11時点)



by otowelt | 2018-09-10 00:15 | 肺癌・その他腫瘍

<< ベンラリズマブが効きやすい因子 EBUS-TBNAによるPD-... >>