MUC5B遺伝子プロモーター多型は関節リウマチ関連間質性肺疾患と関連

MUC5B遺伝子プロモーター多型は関節リウマチ関連間質性肺疾患と関連_e0156318_1023364.jpg 強皮症なんかでは、ILD合併例でもこのMUC5Bの変異とは有意に関連していないと言われています(PLoS One 2013; 8(8): e70621.)。関節リウマチでは、MUC5B遺伝子という窓を通じてIPFとつながっている部分があるようです。

Juge PA, et al.
MUC5B Promoter Variant and Rheumatoid Arthritis with Interstitial Lung Disease.
N Engl J Med. 2018 Oct 20. doi: 10.1056/NEJMoa1801562.


背景:
 関節リウマチ関連間質性肺疾患(RA-ILD)と特発性肺線維症(IPF)の間には同様の遺伝子フェノタイプがみられ、われわれはIPFの発展の強力なリスク因子である、MUC5B遺伝子プロモーター多型であるrs35705950が、RA患者のILDリスクに寄与しているのではないかと仮説を立てた。

方法:
 discovery populationおよび複数のvalidation populationを用いて、われわれはMUC5B遺伝子プロモーター多型rs35705950をRA-ILD620人、RA-非ILD614人、影響のないコントロール者5448人で調べた。

結果:
 discovery populationの解析では、RA-ILD群とコントロール群を比較すると、MUC5B遺伝子プロモーター多型のマイナーアレルとRA-ILD群には関連がみられた(補正オッズ比3.8; 95%信頼区間2.8-5.2; P=9.7×10-17)。MUC5B遺伝子プロモーター多型はまた、コントロール群と比較するとRA-ILD群では過剰発現が、多民族ケースシリーズ(補正オッズ比5.5; 95%信頼区間4.2-7.3; P=4.7×10-35)、discovery populationと多民族ケースシリーズの統合(補正オッズ比4.7; 95%信頼区間3.9-5.8; P=1.3×10-49)で有意に観察された。加えて、MUC5B遺伝子プロモーター多型は、RA患者でILDのリスク上昇と関連していた(統合解析の補正オッズ比3.1; 95%信頼区間1.8-5.4; P=7.4×10-5)。とりわけ、胸部HRCTでUIPパターンがみられた患者では顕著だった(統合解析の補正オッズ比6.1; 95%信頼区間2.9-13.1; P=2.5×10-6)。しかしながら、MUC5B遺伝子プロモーター多型はRA単独診断とは関連性がみられなかった。
MUC5B遺伝子プロモーター多型は関節リウマチ関連間質性肺疾患と関連_e0156318_22521690.jpg
(文献より引用)

MUC5B遺伝子プロモーター多型は関節リウマチ関連間質性肺疾患と関連_e0156318_22523499.jpg
(文献より引用)

結論:
 MUC5B遺伝子プロモーター多型は、RA-ILDと関連していることがわかった。とくに、胸部画像でUIPパターンがみられた場合に顕著であった。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

膠原病徹底考察ガイド 難治症例とその対策 [ 山下裕之 ]
価格:7992円(税込、送料無料) (2018/11/2時点)



by otowelt | 2018-11-05 00:21 | びまん性肺疾患

<< 喀血に対するトラネキサム酸ネブ... 本の紹介:肺癌薬物療法のエビデ... >>