日本の肺NTM症の疫学

日本の肺NTM症の疫学_e0156318_10555091.png APSRでNTMの疫学について、結構話題になったと伺いました。ICD-10と処方履歴から抽出した肺NTM症であるため、微生物学的な定義とどのくらいマッチしているかは判断が難しいです(おそらく本研究のほうが過小になるはずですが)。

Izumi K, et al.
Epidemiology of Adults and Children Treated for Nontuberculous Mycobacterial Pulmonary Disease in Japan.
Ann Am Thorac Soc. 2018 Oct 19. doi: 10.1513/AnnalsATS.201806-366OC.


背景:
 肺非結核性抗酸菌症(NTM-PD)の疫学的ステータスは、日本を含む主要国でもまだ不透明である。

目的:
 日本国内における発症と罹患を算出し、患者特性や地理的差異を記述すること。

方法:
 この横断研究において、われわれは2009年から2014年までの日本国内データベースからNTM-PDに対するレセプトデータを抽出し解析した。NTM-PD患者は、少なくとも1回NTM-PDに関連したICD-10コード対象と抗菌薬併用処方のレセプトにより同定した。われわれは、2011年のNTM-PDの発症数と罹患数を、性別、年齢グループ、地理地域、合併症評価に応じて算出した。

結果:
 2011年のNTM-PDの発症と罹患はそれぞれ11,304人(10万人年あたり8.6人、95%信頼区間8.5-8.8人)、37,063人(10万人年あたり29.0人、95%信頼区間28.7-29.3人)だった。発症例の平均年齢は69.3±12.3歳で、69.6%が女性だった。50歳を超える年齢層では男女ともに発症率が急峻に増加し、80歳を超える年齢層を除くと全年齢層で女性優位だった。男性患者は高齢での発症率が高いという特徴があり、年齢とともに合併症も急激に増えた。もっともよくみられた合併症は女性では気管支拡張症で、男性ではCOPDだった。日本の最南の島である沖縄を除いて、南西地域のほとんどで高い発症率が観察された。

結論:
 本研究では、治療歴に基づいてNTM-PD症例を保守的に定義しているにもかかわらず、世界的に高い発症率と罹患率を有することが明らかになった。合併症を伴う長期罹病により、高い罹患率となったのだろう。高齢者と女性で特に高いNTM-PDリスクがみられたが、合併症のある高齢男性ではより注意が必要である。地理的差異をもたらす因子を調べるため、さらなる研究が必要である。





by otowelt | 2018-12-17 00:47 | 抗酸菌感染症

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31