自然気胸に対する1ポート胸腔鏡下手術

自然気胸に対する1ポート胸腔鏡下手術_e0156318_14441648.jpg  胸腔鏡下手術は、胸腔鏡と手術操作器具を挿入するためのポートを通常3ポート入れます。

Nachira D, et al.
Uniportal vs. triportal video-assisted thoracic surgery in the treatment of primary pneumothorax-a propensity matched bicentric study.
J Thorac Dis. 2018 Nov;10(Suppl 31):S3712-S3719.

背景:
 3ポートを用いた胸腔鏡下手術(VATS)の役割は、原発性自然気胸(PSP)の治療に広く認識されている。この研究の目的は、3ポートのVATSと比較したPSP治療に対する1ポートのVATS(U-VATS)の潜在的なアトバンテージと有効性をアセスメントすることである。

方法:
 2つの大学病院において、104人が3ポート(39人)および1ポート(65人)のVATSをPSP治療に対して受けた。前向きに収集された術後アウトカムのデータを後ろ向きにレビューし、1:1の傾向スコアマッチング解析によって2つのVATSアプローチを比較した。

結果:
 術後に主要な有害事象はみられなかった。3ポートのVATSと比較すると、U-VATSは再発リスク(両群ともにゼロ)、術後合併症(p=1.000)、手術時間(66.04±16.92分 vs. 74.57±21.38分, P=0.141)という観点からは同様の効果だった。しかしながら、U-VATSのほうが、追加アクセスの必要性[0 vs. 7 (30.4%), P=0.004]、胸腔ドレーン留置期間(4.39±1.41日 vs. 6.32±0.94日, P<<0.001)、術後入院期間(4.78±1.31日 vs. 6.61±1.67日, P<<0.001), 24時間時点での疼痛VAS(3.45±1.41 vs. 6.44±2.45, P<0.001)、胸腔ドレーン抜去後の疼痛を訴えた患者数[1人(4.3%) vs. 16人(69.6%), P<0.001]、胸腔ドレーン抜去後の疼痛VAS (0.11±0.47 vs. 2.74±2.25, P<0.001)、術後疼痛期間(2.50±1.20日 vs. 14.82±37.41日, P<0.001)、陳地位補助薬内服期間(0.75±1.06日 vs. 7.53±3.96日, P=0.001)、慢性感覚異常(レベルスケール0~2: 0 vs. 0.52±0.66, P<0.001)、慢性神経痛(0 vs. 0.43±0.59, P<0.001)、美容面での懸念(レベルスケール0~3: 2.91±0.28 vs. 2.00±0.77, P<0.001)という観点では良好だった。

結論:
 PSPに対する3ポートのVATSと同様にU-VATSは良好で安全におこなえ、術後疼痛、感覚異常、入院期間、美容面での懸念の軽減という効果から、より低侵襲と言えるかもしれない。





by otowelt | 2018-12-27 00:48 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優