クリスマスBMJ2018:アメリカの男性医師はゴルフにご執心?

クリスマスBMJ2018:アメリカの男性医師はゴルフにご執心?_e0156318_938222.png ちなみに私は腰椎椎間板ヘルニアもちなのでゴルフをやったこともやるつもりもありません。

Gal Koplewitz, et al.
Golf habits among physicians and surgeons: observational cohort study
BMJ 2018; 363 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.k4859


目的:
 医師の間でのゴルフの活動パターン(普段からゴルフをしている、専門家間におけるゴルフプラクティスの違い、最良のゴルファーだった専門家、男女医師におけるゴルフプラクティスの差)を調べること。

デザイン:
 観察研究。

セッティング:
 アメリカの包括医師データベースと、アメリカゴルフ協会のアマチュアゴルファーデータベースをリンクさせた。

被験者:
 2018年8月1日時点でのアメリカゴルフ協会データベースにおける、積極的にラウンドした41692人のアメリカ人医師。

アウトカム:
 ゴルフプレイをする医師の頻度、ゴルフのパフォーマンス(ゴルフハンディキャップインデックスを用いた)、ゴルフの頻度(過去6ヶ月でのプレイ数)。

結果:
 1029088人の医師のうち、41962人(4.1%)が積極的にアメリカゴルフ協会の「アマチュアゴルファーデータベースでゴルフスコアを記録していた。男性は医師ゴルファーの89.5%にのぼった。男性医師のうち、5.5%(37309人/683297人)がゴルフをおこない、女性医師の1.3%(4383人/345489人)よりも多かった。専門分野によってゴルフの頻度に差がみられた。もっともよくゴルフをしているのは整形外科(8.8%)、泌尿器科(8.1%)、形成外科(7.5%)、耳鼻咽喉科(7.1%)で、頻度が低かったのは内科および感染症科(<3.0%)だった。胸部外科、血管外科、整形外科の医師は、内分泌科医、皮膚科医、腫瘍科医の専門家よりも約15%優れたゴルフのパフォーマンスを発揮するベストゴルファーだった。
クリスマスBMJ2018:アメリカの男性医師はゴルフにご執心?_e0156318_9442897.png
(文献より引用)

結論:
 特に外科領域において、アメリカの男性医師の間ではゴルフは定着している。ゴルフと患者アウトカム、ケアコスト、医師の幸福との関連性は不明である。





by otowelt | 2018-12-11 12:20 | その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31