クリスマスBMJ2018:クリスマスと夏季休暇の心筋梗塞リスクは高い

クリスマスBMJ2018:クリスマスと夏季休暇の心筋梗塞リスクは高い_e0156318_938222.png クリスマスイブの夜にみられるリスク上昇については、言葉を濁しているようです。

Moman A Mohammad, et al.
Christmas, national holidays, sport events, and time factors as triggers of acute myocardial infarction: SWEDEHEART observational study 1998-2013
BMJ 2018; 363 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.k4811


目的:
 心筋梗塞のトリガーとして、概日リズムの側面、祝日、および主要なスポーツイベントを調査すること。

デザイン:
 国内CCUレジストリであるSWEDEHEARTを用いた後ろ向き観察研究。

セッティング:
 スウェーデン。

参加者:
 1998年~2013年のSWEDEHEARTコホートで報告された心筋梗塞283014例。全例で症状発現日が記録され、88%は分単位でデータが得られた。

介入:
 クリスマス/新年、イースター、夏期休暇における心筋梗塞の発症を同定した。同様に、FIFAワールドカップ、UEFAヨーロッパ選手権、冬季・夏季オリンピックにおける発症も同定した。休日の前後2週間をコントロール期間とし、スポーツイベントに関してはトーナメントの1年前・1年後の同じ日をコントロール期間とした。日内および週内リズムの解析は日曜日の24時におこない、これをその他の日時と比較する対照とした。カウント回帰モデルを用いて心筋梗塞の罹患率比を算出した。

主要アウトカム:
 日ごとの心筋梗塞の発症。

結果:
 クリスマスと夏季休暇は心筋梗塞の高いリスクと関連していた(クリスマス:罹患率比1.15、95%信頼区間1.12-1.19, P<0.001, 夏季休暇:罹患率比1.12、95%信頼区間1.07-1.18, P<0.001)。最も高いリスクと関連していたのはクリスマスイブだった(罹患率比1.37, 95%信頼区間1.29-1.46, P<0.001)。クリスマスイブの1日をみてみると、早朝や午後2時頃のリスクは高くなかったが、午後7時以降に急速に高くなり、午後10時頃にリスクのピークがみられた。イースターやスポーツイベントにおいてリスク上昇は観察されなかった。心筋梗塞には週内および日内変動が観察され、早朝と月曜日のリスクが高かった。結果は、75歳以上の患者、糖尿病や冠状動脈疾患の病歴を有する患者において顕著だった。
クリスマスBMJ2018:クリスマスと夏季休暇の心筋梗塞リスクは高い_e0156318_1773481.png
(文献より引用:罹患率比)

結論:
 分単位で心筋梗塞の症状発現を記録した16年の同入院をカバーする国内のリアルワールド研究において、クリスマスと夏季休暇は心筋梗塞の高いリスクと関連していた。特に高齢者や疾患を持つ患者で顕著であり、脆弱な個人における外的トリガーの役割を持つことがわかった。





by otowelt | 2018-12-13 16:38 | その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優