出版のお知らせ:その呼吸器診療 本当に必要ですか?

 2019年1月21日に「その呼吸器診療 本当に必要ですか?: あるのかないのかエビデンス」という本を医学書院から出版します。若手の内科医あるいは呼吸器科医の層を意識して書きました。

出版のお知らせ:その呼吸器診療 本当に必要ですか?_e0156318_1132399.png

発売日:2019年1月21日
単行本 : 336ページ
価格 : 4,200円 (税別)
出版社 : 医学書院
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央呼吸器センター内科)

出版のお知らせ:その呼吸器診療 本当に必要ですか?_e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する 

 私は、EBM黎明期に研修医をしていたので、エキスパートオピニオンがまだ臨床に半分くらい根付いている中で育ちました。難治性の喘息発作に対して「喘鳴とれないならラシックス®かませとけ!」と指示されたこともあります。

 そのため「エビデンスはありつつもエキスパートとしてはこう考える」という見解にはそれなりに寛容だと自覚しています。しかし、今の若手医師は、なかなか首を縦に振ってくれません。ここ最近、「それって何かエビデンスがあるんですか?」と若手医師から曇りなき眼(まなこ)で問われることが増えました。

 臨床試験の結論とエキスパートの意見が共存する呼吸器診療のテーマを1つずつ挙げていき、私なりに1つの回答を提示してみました。決して誤解しないでいただきたいのは、私は他者の診療を批判するつもりは毛頭なく、あくまで私自身の中で自問自答していることを文章化しただけにすぎないということです。満点の回答など存在しないテーマばかりです。見る人が見たら、私なんて赤点かもしれません。

 10年以上がむしゃらに呼吸器内科医をやってきて、教科書に書かれてあったりネットで入手できたりする知見を書くのではなく、Pros/Consのあるテーマに突撃するフェーズと腹をくくりました。

 装丁のデザインは、中学・高校6年間をともに学んだクラスメイトであり、世界を舞台に活躍するテキスタイルデザイナー・アーティストの谷川幸さん(下写真:C.a.w Design Studio代表)にお願いしました。彼女にデザインしてもらうのは、私の書籍では3冊目になります。
出版のお知らせ:その呼吸器診療 本当に必要ですか?_e0156318_1141663.jpg
 






by otowelt | 2019-01-17 00:41 | その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31