慢性肺アスペルギルス症に対する気管支動脈塞栓術後の再喀血の検討

e0156318_16563255.png 喀血診療のメッカ、国立病院機構東京病院からの報告です。当院でもBAEチームが稼働しております!

Ando T, et al.
Exacerbation of chronic pulmonary aspergillosis was associated with a high rebleeding rate after bronchial artery embolization
Respiratory Investigation, In Press, Corrected Proof, Available online 25 January 2019

背景:
 喀血は慢性肺アスペルギルス症(CPA)によくみられる症状である。外科手術は喀血に対する第一選択であるが、CPAは呼吸機不全や肺機能低下といった合併症を有しやすいため、外科手術はしばしば避けられる。気管支動脈塞栓術(BAE)は、このような患者の大量および遷延性喀血の治療選択肢の1つとして考慮されてもよいかもしれない。

方法:
 われわれは日本の東京にある国立病院機構東京病院において、2011年1月から2016年12月までに喀血で入院した323人の患者のうち、CPAだった62人を同定した。そのうち、当院で追跡しえなかった15人とBAE後に外科手術を受けた6人をのぞく、手術不能でBAEを受けた喀血合併CPA患者41人の患者診療録を後ろ向きに調べた。

結果:
 この研究に登録された41人(平均年齢64.6±11.9歳、男性78%、平均BMI18.4±3.3)のうち、出血時に少なくとも6ヶ月の抗真菌薬をすでに継続していたのは22人(53.7%)である。8人(19.5%)は喀血を契機に抗真菌薬治療が開始された。
 21人(51.2%)がBAE後、平均追跡期間24ヶ月以内に再出血を起こした。BAE後1ヶ月以内に出血がなかったのは92.7%であり、1年以内に出血がなかったのは65.8%、3年以内に出血がなかったのは47.9%だった。
 再出血を起こした患者は、起こさなかった患者と比較すると、非気管支動脈の体循環動脈が責任血管になっている数が有意に多かった(平均2.55本 vs 4.86本, p=0.011)。放射線学的所見が安定あるいは改善している患者は、悪化している患者よりも出血率が低かった(p<0.001)。再出血を起こさなかった患者は、再出血した患者よりも生存率が有意に高かった(5年:79.7% vs 39.9%、p=0.046)。
e0156318_1782214.png
(文献より引用:再喀血)

結論:
 BAEは、特に外科的切除ができないCPA患者の喀血をコントロールする上で効果的である。しかしながら、BAE後の再出血を予防して生存を改善させるためには、CPAの長期的疾患コントロールが重要である。
 








by otowelt | 2019-02-20 00:29 | 呼吸器その他

<< オピオイドと市中肺炎リスク ブデホル®製造販売承認 >>