COPDにおけるヒアルロン酸および分解酵素の役割

e0156318_1633480.jpg ヒアルロン酸といえば呼吸器内科領域では悪性胸膜中脾腫ですが、COPD増悪時にも有用かもしれません。ただ、そこまで必要性が高いバイオマーカーとは言えません。

Papakonstantinou E, et al.
Serum levels of hyaluronic acid are associated with COPD severity and predict survival.
Eur Respir J. 2019 Jan 31. pii: 1801183. doi: 10.1183/13993003.01183-2018.


背景:
 ヒアルロン酸(HA)とその分解生成物は、COPDにおける肺の病態生理および気道リモデリングにおいて重要な役割を果たしている。

方法:
 HAとその分解酵素ヒアルロニダーゼ-1(HYAL-1)がCOPDの重症度と転帰に関連しているかどうか調べた。血清HAは、安定期および増悪にあるCOPD患者80人のdiscovery cohortで測定された。HA、HYAL-1、HYAL-1酵素活性が安定期、増悪および増悪4週間後に評価された。validation cohortにはPROMISE試験から638人が登録された。

結果:
 discovery cohortにおいて、血清HAは安定期と比較して増悪時に上昇していた(p=0.015)validation cohortでは、HAはベースラインより中等症および重症増悪時に高く(p<0.001)、ぞ悪4週間後も高値のままだった(p<0.001)。
e0156318_1522969.png
(文献より引用:血清ヒアルロン酸値)

 HAは、補正Charlsonスコア、年間増悪率およびBODE指数とは関係なく、死亡までの期間と関連しており(p <0.001)、全生存の強い予測因子だった。血清HYAL-1は中等症増悪(p=0.004)および重症増悪(p=0.003)で上昇していたが、増悪4週間後には減少した(p<0.001)。HYAL-1酵素活性は、安定期において%予測1秒量(p=0.034)および生存期間(p=0.017)と逆相関していた。
e0156318_15243226.png
(文献より引用:HYAL-1活性とアウトカム)

結論:
 血清HAはCOPD重症度と関連しており、全生存を予測する。HAの酵素分解は気流制限と肺機能障害に関連している。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dr.倉原の 呼吸にまつわる数字のはなし ナース・研修医のための
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/1/10時点)



by otowelt | 2019-02-28 00:00 | 気管支喘息・COPD

<< LAMAを使用する高齢COPD... BOLDコホート解析:COPD... >>