免疫チェックポイント阻害剤投与後のhyperprogressive disease (HPD)

免疫チェックポイント阻害剤投与後のhyperprogressive disease (HPD)_e0156318_1424077.png 話題のHPDについてです。

Kim CG, et al.
Hyperprogressive disease during PD-1/PD-L1 blockade in patients with non-small-cell lung cancer.
Ann Oncol. 2019 Apr 12. pii: mdz123. doi: 10.1093/annonc/mdz123.


背景:
 PD-1/PD-L1阻害剤による免疫チェックポイント阻害は、さまざまな悪性腫瘍に効果的であり、非小細胞肺癌(NSCLC)の患者の標準治療モダリティに位置づけられている。しかしながら、PD-1/PD-L1阻害剤がhyperprogressive disease (HPD)、すなわち予後不良に直結するフレアアップを起こしうることが示されている。

患者および方法:
 2014年4月~2018年11月までにPD-1/PD-L1阻害剤によって治療された再発性・転移性NSCLCの患者を登録した。同治療を受けたNSCLC患者において、臨床病理学的因子、腫瘍増大の過程、治療アウトカムが解析された。HPDは、腫瘍増大速度(TGK)、腫瘍増大率(TGR)、治療打ち切りまでの期間(TTF)によって定義された。HPDの潜在的予測バイオマーカーを探索するため、末梢血CD8陽性Tリンパ球の免疫フェノタイピングが実施された。

結果:
 合計263人の患者が解析された。HPDは、TGK、TGR、TTFの定義では55人(20.9%)、54人(20.5%)、98人(37.3%)が該当した。TGKおよびTGR基準を満たしたHPDは、HPDのなかった病勢進行と比較して無増悪生存の悪化(ハザード比4.619、95%信頼区間2.868-7.440)、全生存の悪化(ハザード比率5.079、95%信頼区間3.136-8.226)と関連していた。臨床病理学的因子とHPDに明らかな関連はなかった。末梢血CD8陽性Tリンパ球を用いた探索的バイオマーカー解析では、エフェクター/メモリーサブセット(CD8陽性T細胞のうちのCCR7陰性・CD45RA陰性T細胞)およびT細胞の高度"疲弊(exhausted)"がある集団(PD-1陽性・CD8陽性T細胞のうちのTIGIT陽性T細胞)はHPDおよび生存率低下と関連していた。

結論:
 HPDはPD-1/PD-L1阻害剤で治療されたNSCLC患者でよくみられる。合理的に設定された分析によるバイオマーカーを用いることで、HPDと転帰不良をうまく予測できるかもしれないため、さらなるHPDの研究が望まれる。





by otowelt | 2019-04-30 00:15 | 肺癌・その他腫瘍

<< 術後6週のCRPは肺癌の予後予... NTM診断における気管支鏡の役割 >>