この20年で受動喫煙はどうなったか?

e0156318_23175684.jpg 世界的にはやはり減っているようです。

Pelkonen MK, et al.
The relation of environmental tobacco smoke (ETS) to chronic bronchitis and mortality over two decades.
Respir Med. 2019 Jun 10;154:34-39.


背景:
 我々の目的は、受動喫煙(ETS)に曝露された人が、フィンランドにおいて1992年から2012年の間にどのように有病率が変化したかを記述することである。われわれは、ETSと慢性気管支炎の関連性、疾患特異的死亡および総脂肪について調べた。

方法:
 1992年~2012年の間に、25~74歳の38494人が国内FINRISK研究に登録された。各サーベイにおいてETS曝露に対する標準化質問票、慢性気管支炎症状、喫煙嗜好、その他リスク因子、研究施設における臨床測定データが得られた。死亡データは、国内死因登録データから得た。

結果:
 2012年では、5%の患者がETSに曝露され、1992年の25%と比べると少なかった。1992年と比較した2012年のETS曝露の補正オッズ比は0.27だった(p<0.001)。ETS曝露は、女性のほうがより多く、また喫煙者のほうが非喫煙者よりも多かった。ETS曝露は、慢性気管支炎と関連しており(オッズ比率1.63、95%信頼区間1.49-1.78)、職場(オッズ比1.36)と自宅(オッズ比1.69)でも認められた。ETS曝露者は、総死亡リスク(ハザード比1.15、95%信頼区間1.05-1.26)、心血管系死亡リスク(ハザード比1.26、95%信頼区間1.07-1.47)が有意に高かった。しかしながら、喫煙歴で層別化すると、ETSは喫煙者においてのみ総死亡リスクと関連していた(ハザード比1.31、95%信頼区間1.15-1.48)。
e0156318_9264821.png
(文献より引用:累積生存率)

結論:
 研究期間を通じてETS曝露者の比率は減少したが、ETS曝露は慢性気管支炎と関連しており、総死亡および心血管系死亡リスクを上昇させた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今日の治療薬2019 解説と便覧 [ 浦部 晶夫 ]
価格:4968円(税込、送料無料) (2019/6/20時点)



by otowelt | 2019-07-16 00:59 | 呼吸器その他

<< 2型糖尿病患者におけるビクトー... Clara細胞の発見者:Max... >>