メタアナリシス:安定期COPDに対する長期低用量マクロライドは増悪リスクを減らす

e0156318_1312221.png 個人的にはあまり使いたくないなと思います。DPBのエビデンスもあってか、エリスロシンは呼吸器内科ではやや濫用されがちです。
 アジスロマイシンのエビデンスが蓄積されつつありますが、先日喘息に対して用いることで耐性菌が増加するという報告がオーストラリアの研究グループからありました(Am J Respir Crit Care Med. 2019 Aug 1;200(3):309-317.)。

Cao Y, et al.
Effects of long-term macrolide therapy at low doses in stable COPD.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2019 Jun 12;14:1289-1298.


背景:
 COPDは現在世界で4番目に多い致命的疾患であり、そして2020年までに3位に上昇すると予想されている。頻繁な急性増悪は死亡率の増加をもたらす。COPD増悪の予防におけるマクロライドの予防的使用について提案があるが、どの標的集団に用いるか、治療レジメン、用量など、取り組むべき課題がまだある。

目的:
 探索的メタアナリシスを通して、安定期COPDにおける長期低用量マクロライド療法の効果を評価すること。

方法:
 2019年5月28日までのシステマティックな文献検索をPubMed, Embase, Cochraneデータベースでおこなった。COPDの予防的長期低用量マクロライド(エリスロマイシン、アジスロマイシン、クラリスロマイシン)について報告したランダム化比較試験が適格となった。

結果:
 本研究には10の臨床試験が登録された。合計1521人のマクロライド治療群患者と1418人のプラセボ群患者が解析対象となった。治療期間は3~12ヶ月だった。10試験のうち3試験が非盲検下でおこなわれたものだった。
e0156318_1322499.png
(登録試験:文献より引用)

 マクロライドを投与された患者はプラセボを投与された患者よりもCOPD増悪の相対リスクが23%低かった(P<0.01)。初回増悪までの期間の中央値は、マクロライドを投与された患者のほうがプラセボを投与された患者よりも効果的に延長した(p<0.01)。
e0156318_1372918.png
(COPD増悪:文献より引用)

 サブグループ解析では、エリスロマイシンがより有効であり、高齢者はマクロライドに対する反応性が低いことが示された。

結論:
 長期低用量マクロライドは、COPDの急性増悪の頻度を有意に減少させることができる。治療は忍容性があり、有害反応が少ないが、高齢者には向かない。この治療レジメンは、急性増悪や死亡のリスクが高いであろうGOLD CあるいはDの患者に推奨される。12ヶ月以上継続すべきかどうかについてはさらなる議論が必要である。






by otowelt | 2019-08-11 00:06 | 気管支喘息・COPD

<< ブログお盆休み TOMORROW試験・INPU... >>