TRIMARAN試験・TRIGGER試験:コントロール不良喘息におけるトリプル吸入療法

e0156318_9473145.png 喘息に対するトリプル吸入療法の大規模臨床試験。Chiesiの資金提供を受けているため、COPDではTRILOGY試験が兄弟分になりますね。
 TRIGGER試験のほうは、スピリーバ®も比較対照に加えた3群比較です。
 ベクロメタゾン/ホルモテロール/グリコピロニウムは、海外でTrimbow®という商品名で発売されています。日本には入ってこないでしょう。

e0156318_16144585.png
写真. Trimbow®

Virchow JC, et al.
Single inhaler extrafine triple therapy in uncontrolled asthma (TRIMARAN and TRIGGER): two double-blind, parallel-group, randomised, controlled phase 3 trials.
Lancet. 2019 Sep 30. pii: S0140-6736(19)32215-9. doi: 10.1016/S0140-6736(19)32215-9.


背景:
 これまで、喘息に対するトリプル吸入治療の効果はほとんど検証されてこなかった。そこで、われわれは、単一吸入デバイスを用いたベクロメタゾンプロピオン酸エステル(BDP)、ホルモテロールフマル酸塩(FF)、グリコピロニウム(G)の吸入を、BDP+FFのダブル吸入療法と比較した研究を報告する。

方法:
 2つの並行群間二重盲検ランダム化比較第3相試験(TRIMARAN試験、TRIGGER試験)を実施し、TRIMARAN試験では16ヶ国171施設から、TRIGGER試験では17か国221施設から患者を登録した。登録患者は18~75歳のコントロール不良成人患者で、過去1年に1回以上の増悪を起こしているものとした。登録から2週間、TRIMARAN試験では中用量BDP/FF 100/6μg、TRIGGER試験では高用量BDP/FF 200/6μgを用いられ、その後盲検下でランダムにBDP/FF/G群あるいはBDP/FF群に割り付けられた。
 TRIMARAN試験では、患者は1:1の割合で52週間のBDP/FF/G(100/6/10µg)2吸入1日2回あるいはBDP/FF(100/6μg)2吸入1日2回のいずれかの群に割り付けられた。TRIGGER試験では、2:2:1の割合で52週間のBDP/FF/G(200/6/10µg)2吸入1日2回、BFP/FF(200/6μg)2吸入1日2回、BFP/FF(200/6μg)2吸入1日2回+チオトロピウム2.5μg2吸入1日1回の3群のいずれかの群に割り付けられた。
 両試験のいずれにおいても、複合プライマリエンドポイントは、26週時点での吸入前1秒量および52週のあいだの重度増悪とした。
 試験薬を1回でも用いられた患者は安全性解析がおこなわれた。

結果:
 2016年2月17日から2018年5月17日までに、TRIMARAN試験に1155人が登録された(BDP/FF/G群579人、BDP/FF群576人)。2016年4月6日から2018年5月28日までに、TRIGGER試験に1437人が登録された(BDP/FF/G群573人、BDP/FF群576人、BDP/FF+チオトロピウム群:288人)。
 BDP/FF群と比較して、26週時点での吸入前1秒量はBDP/FF/G群のほうが有意に高かった(TRIMARA試験:57mL[95%信頼区間15-99]、p=0.008、TRIGGER試験:73mL[95%信頼区間26-120], p=0.0025)。また、中等度および重度の増悪についてはTRIMARAN試験で15%(率比0.85、95%信頼区間0.73-0.99, p=0.033)、TRIGGER試験で12%(率比0.88、95%信頼区間0.75-1.03, p=0.11)減少した。
e0156318_1022754.png
(トラフ1秒量:文献より引用)

e0156318_10222490.png
(年間増悪率:文献より引用)

 治療に関連した重篤な有害事象はTRIMARAN試験のBDP/FF/G群で4人、TRIGGER試験のBDP/FF/G群で1人、BDP/FF群で2人観察された。死亡にいたったのは、TRIMARAN試験のBDP/FF/G群で3人、TRIGGER試験のBDP/FF/G群の1人、BDP/FF群の1人だった。いずれも治療とは関連のない死亡だった。

結論:
 コントロール不良喘息において、ICS/LABAにLAMAを追加することで、肺機能の改善と増悪の減少がみられた。


■「呼吸器内科医」はm3を応援しています!新規登録で3,000円相当ポイント進呈!
e0156318_8184968.png

by otowelt | 2019-10-11 01:40 | 気管支喘息・COPD

<< 分類不能型ILDに対するピルフ... 全ての間質性肺疾患は急性増悪を... >>