ヘロイン愛用者は呼吸機能が低下しやすい

ヘロイン愛用者は呼吸機能が低下しやすい_e0156318_1501072.png 偏見かもしれませんが、ヘロイン愛用者って追跡できるもんなんですかね。結構シビアなドラッグだと思っています。

Nightingale R, et al.
Screening heroin smokers attending community drug clinics for change in lung function: A cohort study: Lung function decline in inhaled drug users.
Chest. 2019 Nov 21. pii: S0012-3692(19)34224-2. doi: 10.1016/j.chest.2019.11.006.


背景:
 ヘロイン喫煙者は、COPD、気道合併症、入院、死亡の頻度が高い。われわれは、この集団において、症状の自然経過、肺機能の自然経過をアセスメントした。

方法:
 COPDを有するヘロイン喫煙者を18~24ヶ月追跡した。ベースラインと追跡時の呼吸器症状がMRC、CATで評価され、気管支拡張後スパイロメトリーが実施された。パラメトリック、ノンパラメトリック、および線形回帰モデルを使用して、経時的な症状と肺機能の変化を分析した。

結果:
 372人が当初登録されたが、161人が追跡時にアセスメント可能で(平均年齢51±5.3歳、74人[46%]が女性)、106人が気管支拡張後スパイロメトリーを実施できた。全被験者は、ヘロインの現・既喫煙者であり、122人(75.8%)はクラックスモーカーだった。経年的に症状は増加し、MRCは1年あたり0.48上昇(p<0.001)、CATスコアは1年あたり1.60上昇した(p<0.001)。1秒量は1年あたり90±190mL減少した(p<0.001)。この呼吸機能の悪化は、タバコやヘロインの喫煙状況の変化や吸入薬使用とは関係なかった。

結論:
 ヘロイン喫煙は、慢性気道症状に重く影響する。COPDの喫煙者と健康な非喫煙者の間で観察される、通常の加齢による1秒量低下の範囲を超える影響がある。




by otowelt | 2019-12-17 00:37 | 呼吸器その他

<< クリスマスBMJ2019:臨床... メタアナリシス:heterog... >>