ブデホル®薬価収載

ブデホル®薬価収載_e0156318_82080.png 喘息診療医には大きなニュースです。ブデホル®という名前はこの1年ずっと耳にしていましたが、ニプロ以外の2社で正式に認可がおりたようですね。


 2019年12月13日付でジェネリックが薬価収載となった薬品は以下の通りです。

■制吐薬「イメンド」(一般名・アプレピタント、小野薬品工業)
■抗HIV薬「エプジコム」(ラミブジン/アバカビル硫酸塩、ヴィーブヘルスケア)
■抗真菌薬「ファンガード」(ミカファンギンナトリウム、アステラス製薬)
■抗サイトメガロウイルス薬「デノシン」(ガンシクロビル、田辺三菱製薬)
■喘息・COPD治療薬「シムビコート」(ブデソニド/ホルモテロールフマル酸塩水和物、アストラゼネカ)
■喘息治療薬「パルミコート吸入液」(ブデソニド、アストラゼネカ)



ブデホル®の添付文書によると、

「通常、成人には、維持療法として1回1吸入(ブデソニドとして160μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として4.5μg)を1日2回吸入投与する。なお、症状に応じて増減するが、維持療法としての1日の最高量は1回4吸入1日2回(合計8吸入:ブデソニドとして1280μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として36μg)までとする。
 維持療法として1回1吸入あるいは2吸入を1日2回投与している患者は、発作発現時に本剤の頓用吸入を追加で行うことができる。本剤を維持療法に加えて頓用吸入する場合は、発作発現時に1吸入する。数分経過しても発作が持続する場合には、さらに追加で1吸入する。必要に応じてこれを繰り返すが、1回の発作発現につき、最大6吸入までとする。
 維持療法と頓用吸入を合計した本剤の1日の最高量は、通常8吸入までとするが、一時的に1日合計12吸入(ブデソニドとして1920μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として54μg)まで増量可能である。


とあり、SMART療法が可能となっています。





by otowelt | 2019-12-13 07:58 | 気管支喘息・COPD

<< メタアナリシス:heterog... 健常人の3人に1人がブラやブレ... >>