反復唾液嚥下テストはCOPD増悪予測に有用

反復唾液嚥下テストはCOPD増悪予測に有用_e0156318_11124345.png 飯塚病院の吉松由貴先生の論文です。テーマが素晴らしいだけでなく、実臨床的であり、かつ誰でも実施できるという点が秀逸です。
 RSSTの特性上、感度は高くなりませんが、特異度が96%と高いため、さっそく明日から使えそうです。
 とても感銘を受けたので、連載のMedical Tribuneで来月この論文について詳しく取り上げたいと思います。

Yoshimatsu Y, et al.
Repetitive Saliva Swallowing Test Predicts COPD Exacerbation.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2019 Dec 4;14:2777-2785.


背景:
 COPD増悪リスクのフェノタイプを予測することは、きわめて重要である。嚥下障害は、これらフェノタイプの1つとして認識されつつある。嚥下障害およびCOPD増悪リスクの便利なスクリーニング方法が望まれている。反復唾液嚥下テスト(RSST)は、嚥下障害をスクリーニングするもっとも侵襲度の低い方法である。われわれは、後ろ向き研究においてRSST結果とCOPD増悪の間に正の相関があることを報告した(Clin Respir J. 2019;13:321–327)。これに基づき、われわれはRSSTがCOPD増悪予測能にすぐれているかどうか前向き研究で調べ、COPDにおける適切なカットオフ値を同定した。

方法:
 Iizuka COPDコホートから、70人のCOPD患者が登録された(平均年齢72.8 ± 7.5歳)。喘息合併例は除外された。患者は以下の嚥下障害スクリーニングテストを受けた。The 10-item Eating Assessment Tool(EAT-10)、Fスケール問診票(Frequency Scale for the Symptoms of GERD[FSSG])、RSST、水嚥下テスト、簡易嚥下誘発テスト。1年後、COPD増悪があった群となかった群に分けて解析した。

結果:
 過去1年で、27人が1回以上のCOPD増悪を起こしていた。また、追跡期間中では、28人が1回以上のCOPD増悪を起こし(E群)、42人は起こさなかった(非E群)。過去の増悪歴とRSSTの結果(カットオフ値:2回,3回,4回,5回のいずれにおいても)以外に、両群に有意差はなかった。RSSTにおける嚥下回数は、E群は非E群と比べて有意に低下していた。カットオフ値は5回がもっとも良好であった(感度42.9%、特異度96.4%、AUC0.775)。初回の増悪までの期間は、RSSTが5回を超える患者で有意に長かった。E群と非E群を鑑別するのに、過去1年の増悪歴よりもRSSTのほうがより信頼性が高かった(ハザード比はそれぞれ13.78、2.70)。

結論:
 RSSTカットオフ値5回は、COPD増悪の強力な予測因子である。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SPAM浦添ER診療ガイドブック [ 山内素直 ]
価格:4620円(税込、送料無料) (2019/12/22時点)



by otowelt | 2019-12-25 00:35 | 気管支喘息・COPD

<< 全身性強皮症関連肺高血圧症は、... ブデホル®の吸入デバイスの名称 >>