COVID-19:1099例の臨床的特徴

COVID-19:1099例の臨床的特徴_e0156318_2252711.png ※2月28日にmedRxivからNEJMに掲載されました(追記は赤字)。

Guan W, et al.
Clinical Characteristics of Coronavirus Disease 2019 in China.
NEJM, February 28, 2020, DOI: 10.1056/NEJMoa2002032


背景:
 2019年12月以降、COVID-19が武漢から中国各地へと拡大した。われわれは、これらの症例の臨床的特徴を記述することをこころみた。

方法:
 われわれは30省552病院から、2020年1月29日までの1099人のPCR確定COVID-19の症例データを抽出した(武漢市金銀潭医院が組み入れ数最多:132例)。プライマリ複合エンドポイントは、ICU入室、人工呼吸器装着、死亡のいずれかとした。

結果:
 年齢中央値は47.0歳で、41.9%が女性だった。1.9%が野生動物との直接接触があり、31.3%が武漢渡航歴を有し、72.3%が武漢の人と濃厚接触歴を有していた。
 発熱(入院時43.8%、入院中88.7%)、咳嗽(67.8%)がもっともよくみられた症状で、下痢は3.8%とまれだった。潜伏期間中央値は4日(範囲2~7日)だった。
 入院時、926人が非重症、173人が重症に分類された。年齢は2群で有意な差がみられ(平均差7.0歳、95%信頼区間4.4~9.6)、基礎疾患は重症例のほうが多かった(38.2% vs 22.5%,P<0.001)。
 入院時の画像検査で、56.4%に胸部CT上典型的なGGOがみられた。17.9%は胸部レントゲン写真やCT写真で肺炎像が確認できなかった。重症例は、非重症例と比較して、画像所見ではなく症状+RT-PCRで診断されることが多かった(23.87% vs 5.20%, P<0.001)。リンパ球減少が83.2%の患者にみられた。
 プライマリ複合エンドポイントがあったのは67人(6.1%)だった。55人(5.0%)はICUに入室し、酸素療法を受けたのは38.0%、挿管・人工呼吸器管理を要したのは2.3%だった。15人(1.36%)が死亡した。重症例で非侵襲性換気を受けたのは32.37%、非重症例では0%、挿管人工呼吸管理を受けたのはそれぞれ13.87%、0%だった。
 抗菌薬治療は58.0%、オセルタミビル治療は35.8%の患者が受けていた。全身性ステロイド治療は全体の18.6%が投与されていた(重症例44.5% vs 非重症例13.7%、p<0.001)。ECMOを使用したのは全体で5人(0.5%)だった。
COVID-19:1099例の臨床的特徴_e0156318_1238172.png
(治療とアウトカム:文献より引用)

 多変量競合リスクモデルによると、重症肺炎の存在は、ICU入室、人工呼吸器装着、死亡の独立したリスク因子だった(部分分布ハザード比9.80; 95%信頼区間4.06~23.67)。白血球4000/mm3超(同ハザード比4.01、95%信頼区間1.53~10.55)、胸部レントゲン写真における間質性陰影(同ハザード比4.31、95%信頼区間1.73~10.75)もリスク因子だった。(NEJM発刊時はこの文章は削除されている)

結論:
 初期2ヶ月のアウトブレイクのあいだ、COVID-19はすみやかに中国へ広がった。患者は発熱を訴えるが、多くは放射線学的な異常を同定できなかった。





by otowelt | 2020-02-13 07:47 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優