COVID-19:レムデシビルのコンパッショネート使用データ

COVID-19:レムデシビルのコンパッショネート使用データ_e0156318_230117.png アビガンと並んで有効性が期待されている薬剤ですね。

Grein J, et al.
Compassionate Use of Remdesivir for Patients with Severe Covid-19.
N Engl J Med. 2020 Apr 10. doi: 10.1056/NEJMoa2007016.


背景:
 レムデシビルは、ウイルスのRNAポリメラーゼを阻害する核酸アナログであり、in vitroでSARS-CoV-2に対する効果が示されている。

方法:
 SARS-CoV-2の感染によって引き起こされるCOVID-19で入院した患者に、コンパッショネート使用でレムデシビルを提供した。 患者は、SARS-CoV-2感染が確認された患者で、室内気で酸素飽和度94%以下あるいは酸素療法を受けているものとした。1日目に200 mgを静脈内投与した後、残りの9日間は毎日100 mgのレムデシビルを投与し、合計10日間治療された。この報告は、2020年1月25日から2020年3月7日までの期間にレムデシビルを投与された患者データに基づいている。

結果:
 レムデシビルを少なくとも1回投与された61人のCOVID-19患者のうち、8人からのデータは分析できなかった(7人の患者に治療後データがなく、1人に投与エラーがあった)。データが分析された53人の患者のうち、22人はアメリカ、22人はヨーロッパまたはカナダ、9人は日本にいた。ベースラインでは、30人の患者(57%)が人工呼吸を受けていて、4人(8%)がECMOを装着されていた。18日間の追跡期間中央値の間に、36人の患者(68%)に酸素療法面での改善がみられ、人工呼吸器を受けた30人中17人(57%)が抜管された。合計25人の患者(47%)が退院し、7人の患者(13%)が死亡した。死亡率は、侵襲的換気を受けている患者では18%(34人中6人)、侵襲的換気を受けていない患者では5%(19人中1人)だった。
COVID-19:レムデシビルのコンパッショネート使用データ_e0156318_17245693.png
(文献より引用)
COVID-19:レムデシビルのコンパッショネート使用データ_e0156318_17322823.png
(文献より引用)
COVID-19:レムデシビルのコンパッショネート使用データ_e0156318_1740917.png
(文献より引用)

 副作用でよくみられたのは、肝機能障害12人 (23%)、下痢5人(9%)だった。
 なお、この報告ではウイルス量のデータなどが採取できなかった点がlimitationである。
COVID-19:レムデシビルのコンパッショネート使用データ_e0156318_17481549.png
(AST:文献より引用)
COVID-19:レムデシビルのコンパッショネート使用データ_e0156318_17483250.png
(ALT:文献より引用)

結論:
 重症COVID-19に対するレムデシビルのコンパッショネート使用は、53人の患者のうち36人(68%)に臨床的改善が観察された。有効性の評価には、ランダム化プラセボ対照比較試験が必要である。


by otowelt | 2020-04-11 17:25 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31