本の紹介:Kunimatsu's Lists 〜國松の鑑別リスト〜

 あれ、僕デスノートなんて注文したっけ?この本を見たときの第一印象はコレでした。稀代の医学書デストロイヤー、國松先生の新作です。

本の紹介:Kunimatsu\'s Lists 〜國松の鑑別リスト〜_e0156318_124609.png

発売日:2020年4月15日
単行本 : 460 ページ
価格 : 3,400円 (税抜)
出版社 : 中外医学社
著者 : 國松淳和先生

本の紹介:Kunimatsu\'s Lists 〜國松の鑑別リスト〜_e0156318_13141310.jpgAmazonから購入する

 斜め45°とか、奇を衒うとか、いろいろな表現がありますが、國松先生の本はビックリ箱みたいなものです。私にとって、彼は異次元の執筆者でして、IQは200くらいあると勝手に信じています。殺人事件なんて一発で解決しちゃう先生だろう。本の見た目もタイトルも帯も、医学書という枠組みは、良い意味でとうに崩れていますが、医師にとって必要な記述をしっかりおさえつつ、アカデミック&エンターテインメントあふれる作品に仕上げる精緻さ。素晴らしい才能だと思います。

 最初に読んだ國松先生の本は自己炎症性疾患のマニアックなもので、ホント、ものすごく勉強になった。次に読んだ仮病の本は、医学書なのか小説なのか分からなかったけど、解答を見るのがワクワクした。最後まで医学書なのかどうか分からなかった。

 そして今回の本。帯に「この本には文章がありません」と書いている。いくらなんでも、デストロイヤーすぎるでしょう。医学書がやることではない。しかし、ページをめくってみてビックリした。確かに文章がない、確かにないぞぉぉぉ!そして、なぜかホラー調のフォント選択!
本の紹介:Kunimatsu\'s Lists 〜國松の鑑別リスト〜_e0156318_13561629.jpg


 内容は、名詞の箇条書きで構成されています。要は、総合診療科のカンファレンスで「発赤や疼痛を伴わない、眼周囲~眼瞼の浮腫・腫脹の鑑別診断は?」という問いかけが出てきたとき、ちゃんと答えられるかどうか、そういうリストです。意気揚々とこう答えましょう、「夜じゅう号泣あるいは飲酒して就褥した翌日」と(本当に書いてあるんだもん)。
本の紹介:Kunimatsu\'s Lists 〜國松の鑑別リスト〜_e0156318_13562768.jpg


 ちらりと次回作が目に入ったのですが、次はブラックジャックの本が出るそうですね(金芳堂)。これも楽しみです。

 私も、次の著書は「この本には文字がありません」をやってみようか。ジョン・ケージもびっくりの本になる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kunimatsu’s Lists〜國松の鑑別リスト〜 [ 國松淳和 ]
価格:2970円(税込、送料無料) (2020/4/14時点)



by otowelt | 2020-04-15 12:19 | その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優