COVID-19:入院患者の3分の1以上に肝障害がみられる

COVID-19:入院患者の3分の1以上に肝障害がみられる_e0156318_15255139.png 重症例が多い集団をみると、その頻度は高くなりますね。

Fan Z, et al.
Clinical Features of COVID-19-Related Liver Damage.
Clin Gastroenterol Hepatol. 2020 Apr 10. pii: S1542-3565(20)30482-1.


背景および目的:
 SARS-CoV-2に感染した患者の一部は肝機能障害を呈する。われわれは、COVID-19関連肝障害の特徴を明らかにし、治療の参考材料として提供した。

方法:
 上海公共衛生臨床中心の後ろ向き単施設研究において、2020年1月31日~2月19日の間にCOVID-19と確定された148人の連続患者を登録した(73人が女性、75人が男性、平均年齢50歳)。患者の臨床的特徴、検査パラメータ(肝機能検査を含む)、治療、入院期間を調べた。肝機能の異常は、AST、ALT、γ-GTP、ALP、総アルブミンをみた。

結果:
 入院時、55人(37.2%)に肝機能障害がみられた。そのうち14.5%に高熱がみられたが、肝機能障害がない患者は高熱は4.3%だった(P=.027)。肝機能障害がある患者は、男性が多く、血清プロカルシトニン値やCRPが高かった。入院前に受けた治療には差はなかった。入院後、肝機能障害があった患者はロピナビル/リトナビル治療を受ける頻度が高かった(肝機能障害あり:57.8%、肝機能障害なし:31.3%)。肝機能障害があった患者は、肝機能障害がなかった患者より平均入院期間が長かった(15.09±4.79日 vs 12.76±4.14 日) (P=.021)。

結論:
 SARS-CoV-2に感染した入院患者の3分の1以上に肝機能障害がみられた。これは、入院期間の延長と関連していた。肝機能障害があった患者のほうが入院後にロピナビル/リトナビル治療を受ける頻度が高かったが、薬剤は注意して投与されるべきである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書) [ 岩田健太郎 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/4/12時点)



by otowelt | 2020-04-14 22:06 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31