本の紹介:プロの対話から学ぶ感染症

 献本ありがとうございます。これはすごいメンツだ。2段飛ばしの議論展開を目の当たりにすると、感嘆しか出ない。
 岡先生の「酒屋は将来、失くなる」という酒屋の父の予言で吹いてしまいました。やられた。

本の紹介:プロの対話から学ぶ感染症_e0156318_21301998.png

発売日:2020年4月15日
単行本 : 240 ページ
価格 : 4,500円 (税抜)
出版社 : メディカルサイエンスインターナショナル
著者 : 岩田健太郎先生, 青柳有紀先生, 岡 秀昭先生, 本田 仁先生

本の紹介:プロの対話から学ぶ感染症_e0156318_13141310.jpgAmazonから購入する

 感染症のプロの先生方がケーススタディをもとに対話する本なのですが、対話のレベルが読者の想定のはるか上を行っています。寝転んで読もうとしたら、面食らってしまったので、ちょっと姿勢を正して読ませていただきました。

 読者にとっては難しい症例でも、最初からみなさんわかっているのか、余談の中にちょいちょい答えが出てきて、いつの間にか全員そうですよねみたいな流れになっているのが、ちょっとビックリする。
本の紹介:プロの対話から学ぶ感染症_e0156318_2133463.png

 対話の中に登場する、余談が小気味よい。「ショーシャンクの空に」とか「メルセデス切開痕」とか。

 岩田先生が時におっしゃっている「呼吸器内科医は画像dependentだ」というご意見。ここでも出てきました。実はこれ、結構気を付けないと・・・と思っていて。長く呼吸器内科医をやっていると、胸部CTに頼りがちになってしまう人は多いですし、自分がそうでないとも断言できない。

 初期研修医というより、これは後期研修医からベテラン医師が読むべき一冊。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロの対話から学ぶ感染症 [ 岩田 健太郎 ]
価格:4950円(税込、送料無料) (2020/4/18時点)



by otowelt | 2020-04-21 00:22 | その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優