EVALI:電子たばこによる肺傷害の臨床的特徴

EVALI:電子たばこによる肺傷害の臨床的特徴_e0156318_1329388.png やはりTHC含有の電子たばこが多いですね。日本の加熱式たばこのデータではないので注意してください。

・参考記事EVALI:電子たばこ関連肺傷害のほとんどはTHC含有製品が原因

Angela K. Werner, et al.
Hospitalizations and Deaths Associated with EVALI
N Engl J Med 2020; 382:1589-1598


背景:
 2020年1月7日時点で、電子たばこやvapingによる肺傷害(EVALI)を罹患した2558人の非致死的入院患者と50人の致死的患者がCDCによる報告されている。

方法:
 国内の研究では、死亡のリスクが高い患者を特定するため、EVALIの致死的な症例の患者の特徴を致死的でない症例と比較した。EVALIの症例をCDCに報告し、可能であれば医療記録および患者の問診データを含めた。分析には、2020年1月7日の時点でCDCに報告されたEVALIの致死的または非致死的な症例全患者が含まれた。また、EVALIで死亡した患者3症例を提示し、患者に共通する臨床的特徴を示す。

結果:
 致死的あるいは非致死的EVALI症例のほとんどは男性だった(60人中32人[53%]および2498人中 1666人[67%])。致死的あるいは非知識的EVALI症例は、他の人種と比較して非ヒスパニック系白人に多かった(49人中39人[80%]、1818人中1104人[61%])。致死的症例は、35歳未満の患者よりも35歳以上の患者に多くみられた(2514人中551人[22%] vs 60人中44人[73%])。病歴が得られた患者では、致死的症例では非致死的症例と比較して喘息(57人中13人[23%] vs 1297人中102人[8%])、循環器疾患(55人中26人[47%] vs 1169人中115人[10%])、精神症状(49人中32人 [65%] vs 1398人中575人[41%])が多かった。致死的症例の50人中26人(52%)が肥満だった。致死的症例の半数(54人中25人[46%])が入院・死亡前に外来でみられていた。
EVALI:電子たばこによる肺傷害の臨床的特徴_e0156318_17413797.png
(文献より引用)

結論:
 循環器疾患・呼吸器疾患・精神症状を含む慢性疾患の存在は、EVALIの入院患者ではよくみられた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 また来たくなる外来 / 國松淳和 【本】
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/4/25時点)



by otowelt | 2020-04-25 17:42 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優