COVID-19:唾液PCRは妥当か?

COVID-19:唾液PCRは妥当か?_e0156318_10432667.pngにわかに高まる"唾液PCR"機運
 鼻咽頭スワブの枯渇を受けて、自治体によっては、鼻咽頭と喀痰の両方を提出するのではなく、可能なら喀痰を第一にというお達しが出ています。

 ある衛生研究所からの通達:「検体の優先順位を考え、検体は1人1検体にしていただけるよう、ご協力をお願いしたく思っております。検体の優先順位は、陽性率の高いものから順に、①喀痰 ②鼻咽頭ぬぐい液 とさせていただきます。①が採取できた場合は、可能であれば、極力、①のみのご提出をお願いできますでしょうか。

 ここで気になるのが、"喀痰という名の唾液"でも大丈夫か?ということです。アメリカではすでに唾液を使ったPCR検査が開始されています。

 鼻咽頭スワブは、鼻が痛いので、できれば受けたくないと思っている人が多いでしょう。私もイヤです。唾液なら、自分で採取できる上、医療従事者への曝露リスクが減らせるため、検査精度が保証されるなら唾液を使いたいところです。


当初から報告されていた唾液PCR
 唾液におけるSARS-CoV-2のPCRが陽性になるという話は、前からありました。たとえば、香港では12人のCOVID-19患者のうち、11人の唾液PCRが陽性だったと報告されています(図11)。これは、自分で喀痰を採取できた集団なので、それなりに軽症をみています。また、イタリアの重症例における検討2)においても、COVID-19患者25人全員で唾液PCRが陽性だったと記載されています。
COVID-19:唾液PCRは妥当か?_e0156318_1152082.png
図1:文献より引用)

 ところで、忽那賢志先生のニュース(新型コロナの唾液を介した感染は起こり得るのか?)で目にした情報ですが、SARS-CoV-2が侵入するACE2受容体は、口腔内粘膜、特に舌に多く発現しているというデータがあるそうです(図23)。受容体総数としては消化器系に発現が多いですが、口腔近辺に限定すると舌に多いことが分かります。
COVID-19:唾液PCRは妥当か?_e0156318_9151083.png
図2:文献より引用)

 唾液PCRが陽性になる期間はそこそこ長く、先ほどの香港のTo先生の別論文で参考になるデータがあります4)。COVID-19確定患者23人の検体を検討したところ、唾液ウイルス量は発症後初週が最も多く、その後は経時的に減少するものの、4週間近く経過しても検出可能だったそうです(図3)。また、高齢だとウイルス量が多くなる相関性がありました(P=0.020)。
COVID-19:唾液PCRは妥当か?_e0156318_9274619.png
図3:文献より引用)


鼻咽頭ぬぐい液 vs 唾液
 重要なのは、これまでゴールドスタンダードとされてきた鼻咽頭ぬぐい液や唾液などとの比較です。

 プレプリントの報告5)では、唾液のSARS-CoV-2 PCRは、鼻咽頭ぬぐい液のPCRよりウイルス量が多く、感度が高いかもしれないとされています(図4)。
COVID-19:唾液PCRは妥当か?_e0156318_9321926.png
図4:文献より引用)

 また、鼻咽頭スワブのPCR陽性例39人中33人(84.6%; 95%信頼区間70.0%-93.1%)で、唾液PCRが陽性になったというというオーストリアの報告もあります(図56)。また、ウイルス量は鼻咽頭のほうが多いという結果でした。
COVID-19:唾液PCRは妥当か?_e0156318_982327.png
図5:文献より引用)

 唾液が鼻咽頭ぬぐい液を凌駕するという確証はないものの、"おおむね"拾い上げられる水準であることは確かのようです。

 喀痰と唾液の違いは、呼吸器内科的には何とも言えないところで、"喀痰という名の唾液"がほとんどを占めている可能性があるため、議論すべきは鼻咽頭ぬぐい液 vs 唾液という構図でよいでしょう。



(参考文献)
1) To KK, et al. Consistent detection of 2019 novel coronavirus in saliva. Clin Infect Dis. 2020 Feb 12. pii: ciaa149. doi: 10.1093/cid/ciaa149.
2) Azzi L, et al. Saliva is a reliable tool to detect SARS-CoV-2. J Infect. 2020 Apr 14. pii: S0163-4453(20)30213-9. doi: 10.1016/j.jinf.2020.04.005.
3) Xu H, et al. High expression of ACE2 receptor of 2019-nCoV on the epithelial cells of oral mucosa. Int J Oral Sci. 2020 Feb 24;12(1):8. doi: 10.1038/s41368-020-0074-x.
4) To KK, et al. Temporal profiles of viral load in posterior oropharyngeal saliva samples and serum antibody responses during infection by SARS-CoV-2: an observational cohort study. Lancet Infect Dis. 2020 Mar 23.
5) Wyllie AL, et al. Saliva is more sensitive for SARS-CoV-2 detection in COVID-19 patients than nasopharyngeal swabs. https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.04.16.20067835v1
6) Williams E, et al. Saliva as a non-invasive specimen for detection of SARS-CoV-2. J Clin Microbiol. 2020 Apr 21. pii: JCM.00776-20. doi: 10.1128/JCM.00776-20.


by otowelt | 2020-05-02 10:47 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31