非HIV PCPにおいて間質性肺疾患は予後不良と関連

非HIV PCPにおいて間質性肺疾患は予後不良と関連_e0156318_2122063.png 熊本大学からの報告です。とても丁寧な論文だと思います。

Hamada S, et al.
Prognostic impact of pre-existing interstitial lung disease in non-HIV patients with Pneumocystis pneumonia.
ERJ Open Res. 2020 May 4;6(2). pii: 00306-2019. doi: 10.1183/23120541.00306-2019.


背景:
 非HIVの免疫不全患者における致死的なニューモシスチス肺炎(PCP)が増えていることは世界的な懸念事項である。しかし、非HIV PCPにおける既存の間質性肺疾患(ILD)の予後的評価がなされたことはない。

方法:
 われわれは、後ろ向きに非HIV PCP患者のILD合併例と非合併例を診療録から抽出した。臨床的特徴とアウトカムが2群で比較された。Cox回帰モデルを用いて予後予測因子を同定した。

結果:
 74人の患者が登録された。90日死亡率はILD群のほうが非ILD群より有意に高かった(62.5% vs 19.0%, p<0.001)。
非HIV PCPにおいて間質性肺疾患は予後不良と関連_e0156318_2185291.png
(文献より引用)

 ILD群において、気管支肺胞洗浄液中の好中球比率が高い患者は、低い患者よりも予後不良だった(p=0.026)。多変量解析では、既存のILD(p=0.002)および低アルブミン血症(p=0.009)は90日死亡の独立リスク因子だった。血清β-Dグルカンは、両群ともにPCP治療後に減少していたが、ILD群ではKL-6の上昇がみられた。ILD群において、治療後KL-6が高い患者は、低い患者と比較して90日死亡率が有意に高かった(78.9% vs 0%, p=0.019)。
非HIV PCPにおいて間質性肺疾患は予後不良と関連_e0156318_21132049.png
(文献より引用)

結論:
 非HIV PCP患者において、既存のILDは予後不良と関連していた。免疫抑制状態にあるILD患者ではPCP予防が必要である。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2020) [ 林清二 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/5/12時点)



by otowelt | 2020-05-29 00:45 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30