関節リウマチ関連ILA/ILDの進行リスク因子

関節リウマチ関連ILA/ILDの進行リスク因子_e0156318_8574158.png ILAの日本語訳がはっきりしていないので、ILAのままにしています。間質性肺病変、ですかね。ILDかILAなのかは、かなり主観が入ると思います。

Kawano-Dourado L, et al.
Baseline Characteristics and Progression of a Spectrum of Interstitial Lung Abnormalities and Disease in Rheumatoid Arthritis.
Chest. 2020 May 16. pii: S0012-3692(20)31412-4. doi: 10.1016/j.chest.2020.04.061.


背景:
 Interstitial lung abnormalities (ILA)および間質性肺疾患は関節リウマチ(RA)患者の60%にみられるとされており、有意に死亡への影響をもたらすような進行をすることがある。進行性間質性変化の特徴や進行リスク因子を同定することで、早期介入が可能になりアウトカムが改善するかもしれない。

リサーチクエスチョン:
 ベースラインの特徴はRA-ILD進行と関連しているか?

試験デザインおよび方法:
 2014~2016年に臨床的に胸部CTが適応となった成人RA患者の後ろ向き研究において、間質性変化を評価し、さらに診療録レビューに基づいてILAとILDに細分化して評価した。

ILD:過去にILDと診断されている、あるいは放射線学的にILDに合致する病変が広がっている
ILA:過去にILDと診断されておらず、ILD患者よりも胸部CT所見がよりわずかな変化しかないもの


結果:
 間質性変化があったのは293人中64人(22%)で、男性喫煙者に多く、生物学的製剤やDMARDs使用例では少なかった。ILAに分類されたのは26人(41%)で、ILDに分類されたのは35人(55%)だった。3人(5%)はいずれにも当てはまらなかった。
 連続CTでILA/ILDのあった56人のうち、38%が4.4±2.3年で放射線学的進行がみられ、29%のILAが進行した。進行性ILA/ILDのリスク因子は、胸膜直下優位の分布とベースラインの病変が大きいことだった。

結論:
 293人の臨床的にCT撮影の適応があるRA患者のうち、間質性変化は22%にみられ、その半数が画像撮影時に呼吸器症状を訴えていた。放射線学的進行は38%にみられた。進行性ILAの患者の半数は、非肺の適応でベースラインCTが撮影されていた。胸膜直下の分布とベースラインのILA/ILDが広範囲であることは、進行のリスク因子だった。前向き縦断研究が望まれる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2020) [ 林清二 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/5/12時点)



by otowelt | 2020-07-10 00:29 | びまん性肺疾患

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優