関節リウマチ関連ILDの死亡予測モデル

関節リウマチ関連ILDの死亡予測モデル_e0156318_8574158.png 特に疾患特異的な項目はなさそうです。

Kim HC, et al.
Risk prediction model in rheumatoid arthritis-associated interstitial lung disease.
Respirology. 2020 May 22. doi: 10.1111/resp.13848.


背景および目的:
 RA-ILDはさまざまな臨床経過をとり、予後を予測することは難しい。さらに、予後に関するリスク予想モデルは確率されていない。

方法:
 RA-ILD患者153人の後ろ向きデータを用いて、予測モデルを構築し、独立したRA-ILDコホート(149人)で妥当性を検証した。予測モデルの候補変数は、多変量Cox比例ハザードモデルを使用してスクリーニングされた。 C統計量を計算して、各モデルの予測能力を評価および比較した。

結果:
 解析コホートの追跡期間中央値は54ヶ月で、38.6%が胸部HRCTでUIPパターンだった。多変量Cox分析において、高齢(60歳以上、ハザード比2.063)、胸部HRCTにおける線維化スコア高値(≧全肺野の20%、ハザード比4.585)、胸部HRCTにおけるUIPパターン(ハザード比1.899)、胸部HRCTにおける気腫(ハザード比2.596)は有意に予後不良であり、最終モデルに組み込まれた。予測モデルは、5年死亡の予測に良好なパフォーマンスを示した(C統計量0.780, P < 0.001)。さらに、リスクのある患者を1年死亡率に応じて3群に分類した(0%、5.1%、24.1%)。解析コホートにおける1年、2年、3年死亡率の予測と観察値は同等で、予測モデルは妥当性検証コホートにおいても良好に予後を予測した(C統計量0.638, P < 0.001)。

結論:
 われわれの結果は、胸部HRCT変数に基づくリスク予測モデルはRA-ILD患者に有用になるかもしれない。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2020) [ 林清二 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/5/12時点)



by otowelt | 2020-07-15 00:10 | びまん性肺疾患

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優