自然気胸の術後再発は男性より女性のほうが少ない

自然気胸の術後再発は男性より女性のほうが少ない_e0156318_1543237.jpg 気胸のメッカからの報告。意外と誰も知らなったことが明らかになりました。

Tsuboshima K, et al.
Does a gender have something to do with clinical pictures of primary spontaneous pneumothorax?
Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2020 May 27. doi: 10.1007/s11748-020-01388-1
.

目的:
 原発性自然気胸(PSP)は、男性よりも女性のほうが比較的少ない。加えて、リンパ脈管筋腫症などの希少かつ診断が困難な疾患による二次性自然気胸は女性に多い。そのため、女性におけるPSPの臨床的特徴についてはいまだ不明な点が多い。われわれは、2つの気胸センターにおいてPSPの臨床的特徴を男女別に比較した。

方法:
 2015年1月から2019年7月にかけて、PSPに対して初回胸腔鏡下手術を受けた627人(女性106人、男性521人)を後ろ向きに同定し、臨床的背景と術後再発を男女別に比較した。単変量および多変量解析で、術後再発における性特異的影響を調べた。

結果:
 PSPの平均年齢は女性27.8±10.7歳、男性24.3±10.0歳だった。平均身長は、女性162.0 ± 5.9 cm、男性173.3 ± 6.1 cmだった。これらの差は統計学的に有意だった。3人の女性(2.8%)および54人の男性(10.4%)が術後に気胸が再発し、Kaplan-Meier解析で有意差がみられた(p = 0.027)。単変量および多変量解析では、女性(p = 0.045, ハザード比0.289 [95%信頼区間0.086-0.973])と喫煙者(p = 0.035, ハザード比0.269 [95%信頼区間0.079-0.909])が術後再発の予防予測因子となった。

結論:
 PSPの女性における術後再発は男性より少ない。この研究でなぜ男性より再発が少なかったのかは明らかにできなかったが、ホルモンサイクル、身体的成長の性差が影響している可能性がある。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COPD (呼吸器疾患 診断治療アプローチ 5) [ 金子 猛 ]
価格:12100円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)



by otowelt | 2020-07-02 00:06 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優