化学療法による特発性間質性肺炎急性増悪の頻度

化学療法による特発性間質性肺炎急性増悪の頻度_e0156318_1372769.png ドセタキセルが結構厳しい数字ですね、やはり。

Minegishi Y, et al.
Acute exacerbation of idiopathic interstitial pneumonias related to chemotherapy for lung cancer: nationwide surveillance in Japan
ERJ Open Research 2020 6: 00184-2019; DOI: 10.1183/23120541.00184-2019


背景:
 化学療法による特発性間質性肺炎(IIPs)急性増悪は、重篤であり日本人の肺癌患者の治療を著しく阻害する。そこで、われわれは急性増悪のリスクを明確にし、この集団における化学療法の生存的利益と比較するべく、国内サーベイランスを実施した。

方法:
 IIPsのある進行非小細胞肺癌(NSCLC)あるいは小細胞肺癌(SCLC)が後ろ向きに解析された。2009年における1次治療サーベイランスで、われわれは1990年1月から2009年7月のあいだに19施設396人の患者の臨床データを収集した。2012年の継続的後ろ向き研究において、2002年4月から2012年3月までに2次治療を受けた17施設278人の患者データを解析した。

結果:
 396人が解析され、13.1%が化学療法関連急性増悪に発展した。カルボプラチン+パクリタキセルの併用(CP)あるいはカルボプラチン+エトポシドの併用(CE)がもっとも1次治療でよく用いられていた。CEはもっとも低い急性増悪率で、3.7%だった。CPは8.6%だった。
化学療法による特発性間質性肺炎急性増悪の頻度_e0156318_8581295.png
(文献より引用)

 後ろ向き解析において、278人のうち16.2%が2次治療で化学療法関連急性増悪を起こした。
化学療法による特発性間質性肺炎急性増悪の頻度_e0156318_912131.png
(文献より引用)

 2次治療における客観的奏効率はNSCLCで7.4%、SCLCで25.7%だった。NSCLCにおける2次治療からの全生存期間は8.0ヶ月、1次治療からの全生存期間は14.3ヶ月だった。SCLCはそれぞれ8.7ヶ月、16.0ヶ月だった。

結論:
 IIPs合併進行肺癌患者における標準的1次治療の候補としてCPあるいはCEが挙げられる。2次治療は投与すべきかどうか熟考すべきである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2020) [ 林清二 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/5/12時点)



by otowelt | 2020-06-06 00:18 | 肺癌・その他腫瘍

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31