COVID-19:N95マスクの再利用に問題あり

COVID-19:N95マスクの再利用に問題あり_e0156318_2201476.png 当院はキンバリーのダックビル型です・・・あわわ。
 それにしても、ダックビル型の写真、なんでこんなにオレンジ色なんでしょうね。ファンデーションがつく場所とは思えませんが。

Nida F. Degesys, et al.
Correlation Between N95 Extended Use and Reuse and Fit Failure in an Emergency Department


背景:
 最前線にいる医療従事者は、COVID-19の原因となるSARS-CoV-2感染リスクが高い。N95マスクを含むPPEは予防に不可欠である。CDCは、基本的に医療従事者が患者1人を診た後、N95マスクを処分することを推奨しているが、重大なPPE不足時のN95長期使用と限定的な再利用を推奨している。しかし、N95マスクの再利用と延長使用に関するデータは限られている。2タイプの一般的なN95マスクを再利用しつつ、N95フィットテストに合格しなかった頻度を調べた。

方法:
 UCSFの救急部で2020年4月4日から4月6日まで、N95マスクのフィットについて横断研究を実施した。全員、過去1〜2年以内に労働安全衛生局が義務付けたN95フィットテストに合格している。3Mのドーム型N95マスクおよびKimberly-Clarkのダックビル型N95マスクの定性的フィットテストを実施した。
COVID-19:N95マスクの再利用に問題あり_e0156318_22504896.png


結果:
 68人の被験者のうち、66.2%が女性、48.5%が看護師だった。ドーム型N95マスクは、68人中51人(75.0%)、ダックビル型N95マスクは68人中17人(25.0%)が装着していた。全体でみると、初回フィットテストに不合格だったのは38.2%だった。ダックビル型は17人中12人(70.6%)、ドーム型は51人中14人(27.5%)で不合格だった。フィットテスト不合格は、シフト数の増加と関連していた(中央値4 vs 2、P < .001)。また、着用/着脱の増加(中央値15回 vs 8回、P < .001)、着用時間の増加(中央値14時間 vs 12時間、P = .048)とも関連していた。

結論:
 この研究では、ダックビル型N95の不合格率が高いことが判明した。ドーム型マスクの故障は、使用増加と関連していた。N95マスクの非フィットは、PPEを使用していても、SARS-CoV-2の伝播に関与している可能性があるため、さらなる調査を要する。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2020) [ 林清二 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/5/12時点)



by otowelt | 2020-06-05 22:51 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31