喫煙歴のある若年者の15%が早期COPD

喫煙歴のある若年者の15%が早期COPD_e0156318_1312221.png PRISmと合わせて認識しておきたい概念ですね。

参考記事呼吸器内科医が知っておきたい概念:PRISm

Çolak Y, et al.
Prevalence, Characteristics, and Prognosis of Early Chronic Obstructive Pulmonary Disease. The Copenhagen General Population Study.
Am J Respir Crit Care Med. 2020 Mar 15;201(6):671-680.


背景:
 COPDを発症するリスクが高い若年成人を特定することは、発症前に予防につながり、疾患進行を止めるかもしれない。

目的:
 一般集団における初期COPD患者の有病率、特性、予後を調査すること。

方法:
 デンマークの人口ベースコホートからランダムに選択された10万5630人を調査した。早期COPDは、1秒率が正常LLN未満である10 pack-years以上の喫煙歴がある50歳未満と定義した。

結果:
 10 pack-years以上の喫煙歴がある50歳未満の8064人のうち、1175人(15%)が早期COPDで、そのうち58%が現喫煙者だった。早期COPD患者は、慢性呼吸器症状がより多くみられ、重度の肺機能障害がみられる頻度が高かった。また、喘息や気管支炎/肺炎の既往が多かった。14.4年の追跡において、われわれは117人の閉塞性肺疾患による急性期入院エピソードと、227人の肺炎による入院エピソードを同定した。8064人の早期COPD患者のうち185人が死亡していることが判明した。COPDがない個人と比較すると、早期COPDは閉塞性肺疾患による入院リスクの上昇(補正ハザード比6.42、95%信頼区間3.39-12.2)、肺炎による入院リスクの上昇(補正ハザード比2.03、95%信頼区間1.43-2.88)、総死亡リスクの上昇(補正ハザード比1.79、95%信頼区間1.28-2.52)と関連していた。

結論:
 一般集団における10 pack-years以上の喫煙歴がある50歳未満のうち、15%が早期COPDの定義に合致した。早期COPDは、慢性呼吸器症状や重度の肺機能障害の頻度が高く、呼吸器系の急性期入院リスクや死亡リスクを上昇させる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナのせいにしてみよう。シャムズの話 [ 國松 淳和 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)



by otowelt | 2020-07-13 00:21 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優